広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

130話:孔明無言の帰還と魏延の最後

この記事の所要時間: 317




孔明と劉備、関羽、張飛

 

西暦234年、8月、蜀の丞相、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

後漢復興の夢も虚しく五丈原に没しました、享年54歳でした。

 

孔明と司馬懿

 

自らの死を予感した孔明は、自身の木像を造り司馬懿(しばい)の奇襲に

備えたので、魏の司馬懿は蜀軍の反撃を恐れて退却していきました。

蜀軍は、孔明の遺言どおり撤退を開始しますが、ここで不協和音が生じます。

 

前回記事:129話:死せる孔明生ける仲達を走らす

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




魏延、北伐継続を主張して楊儀と対立

魏延と楊儀

 

蜀の陣営は、費禕(ひい)も、姜維(きょうい)も、楊儀(ようぎ)も、

主だった重臣は、孔明の遺言どおり、北伐を断念して撤退する事を承知していました。

しかし、以前から、孔明の消極的な北伐に批判的だった魏延(ぎえん)だけは

あくまでも孔明の遺言に逆らい、北伐継続を主張します。

 

魏延「なにィ!!退却だとぉ?何故だ!

我が軍には食糧も十分あり補給にも滞りがないのだ。

第一、まだ、まともに戦ってさえいないではないか!」

 

楊儀「黙られよ!魏将軍、これは亡き丞相の意志である

今は、丞相の柩を守り成都に引き返す事が優先される!」

 

魏延「ふん!くたばった人間の遺言など後生大事にして何になる?

今後は、この魏延が丞相に代わり北伐軍を率いるぞ!!」

 

魏延は、悪態をつき楊儀の指揮下に入る事を拒否しました。




孔明は遺言で魏延にも言及していた・・

魏延、姜維、王平、楊儀

 

自分の死後、魏延が撤退に従わない事は、孔明も承知していました。

そして、その場合には、魏延を無視して撤退するように命じます。

同時に退却軍を率いる楊儀には、魏延を暗殺する為の秘策を書いた袋を渡します。

 

こうして、魏延を除く蜀軍は、退却を開始しました。

怒った魏延は、先回りして漢中に繋がる桟道を焼き払います。

楊儀は困りますが、姜維が漢中への裏道を見つけ出したので、

全軍はそこを通って退却を継続します。

 

王平 四龍将

 

一方で楊儀は、王平(おうへい)を派遣して魏延の軍勢に襲い掛かります。

王平は強く、魏延の軍勢はバラバラに逃げ出して、残ったのは、

馬岱が率いる300名程度の手勢になりました。

 

馬岱「こうなっては、仕方がありません、

南鄭(なんてい)まで下がり兵力を集めてきましょう」

 

魏延は、馬岱の進言を入れて南鄭に進みます。

 

魏延、孔明の秘策で、呆気ない最後を遂げる・・

孔明

 

しかし、南鄭に向かう途中で、魏延は楊儀の軍勢と

ばったりと遭遇してしまいます。

 

ピンチになった楊儀は、孔明から与えられた袋を開けました。

そして、そこに書いてある言葉を読み上げます。

 

楊儀「魏延よ!誰かわしを殺す勇気のあるものがいるか!と

3回言えたら漢中は、貴様にくれてやろう!!」

 

魏延は、せせら笑っていいました。

 

「いいとも、3回どころか10回でも言ってやるわ!

誰かわしを殺す勇気があるものがいるか!」

 

馬岱「おう!ここにいるぞ!!」

 

馬岱は叫ぶと、魏延を背後から斬り殺しました。

魏延は、恐ろしい形相をして馬岱を睨みましたが、

力尽き、そのまま落馬して息を引き取りました。

 

馬岱は孔明の計略で魏延についているフリをしていたスパイだったのです。

 

孔明無言の帰還・・蜀は悲しみに包まれる

劉禅

 

魏延を排除した後、蜀軍は、漢中を越えて成都に向かいました。

劉禅(りゅうぜん)と宮廷の一行は、全員が白い喪服を着て、

成都から二十里先まで歩き、無言の帰還をした孔明を出迎えました。

 

劉禅は、いつになく感情を露わにし「天は私を見捨てたのだ」と号泣し、

名も無い農民達まで大地を踏みならし、亡き孔明を偲んで涙を流しました。

その泣き声は、大地に鳴り響いていたと伝えられます。

 

特に孔明と苦しい北伐を切り抜けてきた蜀兵の中には、悲しみの余り

食事も喉を通らなくなり衰弱死したものまでいたと言われます。

 

孔明の後任には、遺言どおり、蔣琬(しょうえん)が当てられ

北伐は当面凍結、蜀は孔明没後の国力の建て直しに忙殺されます。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

孔明の死後、謀反を起こしたかのように語られる魏延ですが、

現実には、そうではありません。

彼は、孔明の遺言による撤退に納得できず蜀軍の主導権を

楊儀から奪おうとして結果、謀反したように見えるだけなのです。

ここでは、孔明が馬岱に魏延を暗殺する策を授けていますが、

これは演義の脚色で、実際は魏延が残るなら構わず退却しなさい

という判断しか下していません。

 

つまり、魏に投降するなり、蜀に残るなり好きにすればいい

と孔明は魏延に言っているわけです。

確かに、孔明以外で魏延を指揮できる人はもういなかったでしょう。

 

史実では、魏延は蜀軍を撤退させまいとして漢中への桟道を焼き、

さらに成都には、「楊儀が反逆した」と嘘の上奏をしてまで蜀軍の主導権を

握ろうとしますが、成都は楊儀を支持して魏延は賊軍になってしまい、

最後は親族と落ち延びる所を馬岱に斬られて世を去ってしまいます。

 

あれだけ活躍した武将にしては、悲しい最後ですね・・

 

次回記事:131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  2. 中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!
  3. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  4. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  5. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  6. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  7. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  8. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由
  2. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  3. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎
  4. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編
  5. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢
  6. 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!? びっくり!三国時代の文化は日本に近かった? 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの? 【転職三国志】狙うなら一国一城の主編 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編

おすすめ記事

  1. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄
  2. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  3. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  4. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  5. 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの?
  6. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由
  7. 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?
  8. 【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP