三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭

この記事の所要時間: 447




公孫淵

 

西暦237年、魏では曹叡(そうえい)が贅沢の限りを尽くした

大土木工事を行っている頃、遼東では、三代に渡り、この地を統治した独立勢力、

公孫淵(こうそんえん)が、呉と魏のパワーバランスの隙を突いて独立し

燕王(えんおう)を自称しました。

これを反逆と見做した曹叡は、重臣の司馬懿(しばい)

歩騎四万を与えて討伐を命じます。

 

前回記事:132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入

はじめての三国志全記事一覧はこちら




三国とは別に、遼東で勢力を奮っていた公孫一族

朝まで三国志 公孫瓚

 

公孫淵と言っても三国志の英雄、公孫瓚(こうそんさん)とは直接の関係はありません。

後漢の末、公孫淵の祖父に当たる公孫度(こうそんど)が遼東太守に任じられたのが

遼東公孫氏の支配が始まりで、周辺の豪族百余りを討伐し、

高句麗(こうくり)や烏桓(うかん)を撃退して、現在の朝鮮半島一帯に

勢力を広げるようになりました。

 

西暦207年、2代目 公孫康(こうそんこう)の時代、

曹操(そうそう)が烏桓討伐で破った、単于(ぜんう:王)の楼班(ろうはん)

袁尚(えんしょう)、袁熈(えんき)の兄弟が遼東の公孫康を頼って

亡命してきた事がありましたが、公孫康は、後の災いを恐れて、

三人を捕えて処刑して首を曹操に送り届けます。

 

曹操

 

曹操は遼東まで討伐する余裕も無い事から、

公孫康の遼東支配を事実上黙認する事になりました。

 

袁紹の息子達の悲惨な末路とは?詳しくはココをclick

 

袁譚(えんたん)ってどんな人?めちゃくちゃ三男と仲が悪かった袁家の長男




叔父の公孫恭の時代は、魏に臣従していた

公孫淵

 

公孫淵は、父が死去した頃、まだ幼かったので、

叔父の公孫恭(こうそんきょう)が遼東を支配していました。

公孫恭は、あまり勇敢な人ではなかったようで、

魏に臣従して独自の動きも起こさなかったようです。

 

西暦228年、成人した公孫淵は、叔父を脅迫して、

太守の地位を譲らせました。

実は、公孫淵は次男で兄は叔父の命令で洛陽にいました。

その隙を突いて、公孫淵は遼東の支配者になったのです。

 

魏と呉の間を巧みに泳ぎ回るが、次第に追い込まれる

公孫淵

 

公孫淵は、叔父と違い、中々知恵が回り同時に、

野心がある人であったようです。

当初、公孫淵は曹叡に揚烈(ようれつ)将軍の地位を授けられますが、

これっぽっちの官位と満足せず、次第に呉に接近します。

 

来るべき、魏との戦いで公孫淵の援軍をあてにする孫権(そんけん)は、

重臣、張昭(ちょうしょう)の猛反対を無視して、

西暦233年、公孫淵を燕王に任命しました。

 

しかし、公孫淵は、すぐに心変わりし、呉の使者として来た、

張彌(ちょうや)、許晏(きょあん)、賀達(がたつ)を捕えて

処刑し、首を魏に送りました。

それを知った曹叡は、公孫淵に大司馬(だいしば)

楽浪(らくろう)公の地位を送ります。

 

曹叡、孫権を手玉に取り、まんまと官位を吊り上げた公孫康ですが、

この危ない綱渡りが呉と魏の不信感を招きます。

 

関連記事:公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】

関連記事:公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】

 

毌丘倹が曹叡の名で出頭を命じるも公孫淵は拒否し独立

公孫淵

 

幽州の刺史だった毌丘倹(かんきゅうけん)は、

公孫淵の思いあがった態度に危機感を強め曹叡の名で出頭命令を出します。

公孫淵は、これに従わず、兵を起こしたので毌丘倹は迎撃しますが、

戦が上手くない毌丘倹は、これに敗れて敗走しました。

 

「なんだ、魏の将とはこの程度か、、もはや遠慮は無用、

自ら王になり魏を滅ぼしてくれる!」

 

公孫淵は、戦勝に気を良くして燕王を名乗り元号を紹漢(しょうかん)元年としました。

紹漢とは漢を継ぐという意味であり、魏が漢から禅譲して建国した事を

完全に否定した元号です、これは曹叡を怒らせるに充分でした。

 

賈範(かはん)と綸直(りんちょく)という家臣が必死に独立を

思いとどまるように諫言しますが、公孫淵は、聞かずに二人を処刑しました。

 

西暦238年、曹叡、司馬懿に公孫淵討伐を命じる

司馬懿と公孫淵

 

曹叡は、公孫淵の態度に激怒し、司馬懿を討伐軍として派遣します。

完全に調子に乗っている公孫淵は毌丘倹を撃破した遼隧(りょうすい)の地に

塹壕を掘りさらに呉や烏桓に援軍を要請して魏軍を待ち受けますが、

司馬懿は裏をかいて本拠地の襄平に突進しました。

 

頼みの呉の援軍は間にあわず、公孫淵は慌てて籠城するしかなくなり、

司馬懿は歩騎4万で兵糧攻めに打って出ます。

 

和議を結ぼう、公孫淵の提案を蹴った司馬懿の冷たい言葉

公孫淵

公孫淵は、このままでは滅亡しかないと思い王建(おうけん)という人物を

相国に任命して司馬懿と和睦しようとします。

 

しかし、司馬懿は王建がやってくるなり、

これを斬殺して、首を送り返しました。

そして、手紙にこのように書きました。

 

「お前達は、楚と鄭の故事も知らんのか?

鄭の襄公は力一杯抵抗して敗れ、自ら楚の荘王に頭を下げたのだ。

荘王は、その意気に免じて、鄭を滅ぼさずその国を保たせた。

しかるに、この王建とは何だ?相国だと?何の権限ありて

帝の詔を受けたこの司馬仲達に和睦せよ、兵を退けと指図するのだ?

そんな下らない指図に列侯たるワシが応じる道理はない!

 

どうやら、王建は年が寄り耄碌したようだから、

主命を忘れたのだろう、今度使者を送る時は、

若く賢い人間を送って来い!」

 

公孫淵は、震え上がり、今度は、衛演(えいえん)という人物を送り、

「人質を送りますから、和平を結ばせて下さい」と言いました。

 

ですが司馬懿は、衛演も斬首してしまいます。

 

「この舌先三寸の田舎豪族めが、、貴様如きが和睦などと言えた義理か?

最初から降伏できんような風見鶏の人質など無用だ、ここで死ね!」

 

問答無用の司馬懿の死刑宣告でした。

 

司馬懿、見せしめの大虐殺で、遼東公孫氏滅ぶ!

司馬懿と公孫淵

 

力尽きた公孫淵は、とうとう降伏します。

司馬懿は、公孫淵親子ばかりでなく、遼東の成人を7000名も道連れに

斬首し、その首を山のように積み上げて京観(きょうかん)を造りました。

 

司馬懿

 

公孫淵の首は洛陽に送られ、そのとばっちりで、

兄の公孫晃(こうそんこう)も処刑されました。

公孫淵が追放した叔父の公孫恭は救われましたが、

彼は性的不能で子供がなく、ここで遼東公孫氏は滅亡します。

西暦238年の事でした。

 

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

公孫淵討伐では、残忍な一面が強く表れている司馬懿ですが、

一方で、公孫淵の独立に反対した賈範と綸直については、

丁重に埋葬して、その忠義を讃えています。

司馬懿は、ただ残忍だったのではなく、

遠い遼東で、再び反乱が起きないように

徹底した厳しい処分を下していたのでしょう。

 

こうして、魏は遼東を直轄地にし、そこへ卑弥呼(ひみこ)が

使者を送るという運びになっていきます。

 

次回記事:134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

関連記事:魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…
  2. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄…
  3. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に…
  4. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…
  5. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  6. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  7. 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍
  8. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?
  2. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】
  3. 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの?
  4. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  5. 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった?
  6. 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!! 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか? 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの? ログイン時の画像認証導入のお知らせ 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 孫権の妻たちは意外と知られてない? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬超を追加しました
  2. 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓
  3. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢
  4. 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの?
  5. 【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった?
  6. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?
  7. 【有料記事】三国志の時代の墨は○○で出来ていた
  8. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP