よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志演義の「卵」登場シーンとピータン豆腐の作り方

この記事の所要時間: 422



 

よかミカン

 

暖かい季節になると、冷たい食べ物がおいしくなりますよね。

そこで本日は中華の冷菜「皮蛋(ぴーたん)豆腐」の超簡単な作り方をご紹介したいのですが、

それだけだと「はじめての三国志」らしくないので、後半では

三国志演義の中で「卵」の文字が登場するシーンをご紹介させて頂きます。

(皮蛋の「蛋」は卵のことなので、ちなんでみました)

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?

関連記事:姜維も食べた剣門豆腐の由来と中華豆腐レシピを紹介

 

 

ピータンは中華食材コーナーで買える

 

写真左から二番目がピータンです。

ピータンって、中華料理店でたまに出てきますが、いまいち馴染みがなくないですか?

大きめのスーパーに行くと中華食材コーナーに置いてありますが、

見た目的に、ちっちゃい椰子(やし)の実みたいで謎な雰囲気なので、

それを買って食べようと思ったことがない方も多いのではないでしょうか。

 

ピータンの食べ方は簡単で、お店でピータンと銘打って売られているモサモサした

謎のわらと粘土の混じったような物体を指でぐしぐしと削っていくと、

中から灰色っぽい卵が出てきます(土が硬すぎる場合には、かたい物でたたくなどして

土を割って中身を取り出します)。

 

その卵の殻をむくと、黒曜石(こくようせき)のような色合いのゼリー状の、ゆで卵のような手触りの

ピータンが出てきまして、それをそのままガブリと食べてしまって大丈夫です。

殻さえむけば生食可能です。

下の写真は半分にカットしたものを、片方は断面を上に、もう片方は断面を下にしたものです。

 

 

 

ピータンはアヒルの卵でできた保存食

孫権とアヒル

 

私が今日買ってきた株式会社耀盛號(ようせいごう)のピータンの外袋にはこんな説明書きがあります。

「ピータンはアヒルの卵を調味液に漬け込み、その後で泥や、もみがらで包んで

長期保存を可能にした物です」

なるほど、外に付着している謎のモサモサはその製造過程で付いたものなんですね。

ピータンの発祥は諸説ありますが、灰の中に偶然混入していた古い卵を食べてみたら

うまかった、ということらしいです。変色して不思議なにおいのする卵をよく食べましたよね。

 

中国の神話に出てくる神農氏(しんのうし)は、有用な草と毒草とを見分けて人々に教えていた

そうですが、最期は毒草を食べて亡くなったという話があります。

食えるかどうか分からん、というものを食べてみた勇敢な先人達のおかげで、

今の食文化があるわけですね。アリガタヤ。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

超簡単♪皮蛋豆腐の作り方

皮蛋豆腐の作り方

 

材料:絹ごし豆腐、ピータン、塩、ごま油

絹ごし豆腐の上に、塩をさらさらっと振ってごま油をとろーりとかけ、

小さく刻んだピータンをのせればできあがりです。

ピータンにみじん切りしたザーサイやネギなどを混ぜてもおいしいです。

量や切り方はお好みで。私は一丁の豆腐にピータン1個つかいます。

切り方は、7mm角くらいのさいの目切りです。ピータンには独特のにおいがありますが、

切ったあと数時間おくとやわらぐそうです(私はすぐ食べますが)。

 

ピータンが余ったら、スライスしたトマトといっしょに盛り付ければ簡単冷菜が

もう一品できます。中華ドレッシングを添えてテーブルに置くだけであら豪華。

また、刻んだピータンを白がゆに入れれば、なんちゃってピータン粥になります。

トッピングについてはお料理サイトに素敵なレシピがたくさんありますが、

私はピータン大好きすぎるので何も加えません。

 

三国志演義の中で「卵」の文字が登場するシーン

卵

 

さて、三国志演義の中の「卵」が出てくる名シーン(?)の数々を振り返ってみましょう。

 

1.第八回で、王允(おういん)董卓(とうたく)のボディガードである呂布(りょふ)をハニートラップに嵌めてくれるよう

貂蝉(ちょうせん)にお願いするシーン。董卓の暴政のせいで「君臣有累卵之急(君臣ともに卵を積み

重ねたように危うい)」という状況を貂蝉に訴えながら、一肌脱いでくれるよう懇願。

貂蝉

 

2.第四十回で、孔融(こうゆう)曹操の怒りを買って捕縛された時の、孔融の二人の息子たちのせりふ。

彼らは悠然と碁を打っており、身近の者達が「はやくお逃げ下さい」と注進したが、

「覆巢之下、安有完卵乎(ひっくり返った巣の下に割れない卵があるわけがない)」と言って、

そのまま捕まって斬られた。

禰衡と孔融

 

3.第四十三回、諸葛亮が呉を曹操との戦いに駆り立てるために呉に乗り込んだ時の、

呉の薛綜(せっそう)のせりふ。諸葛亮の主君の劉備曹操と敵対するのは「正如以卵撃石(卵で石を

砕くようなもの)」と言い、諸葛亮劉備と曹操との戦いに呉を巻き込もうとするのを

阻止しようとした。

 

4.第四十七回、呉の黄蓋(こうがい)曹操(そうそう)に送った偽の降伏状の中の文章。

周瑜(しゅうゆ)が鼻持ちならなくてもう嫌んなっちゃったから曹操軍に降伏しますという文脈の中で、

周瑜のことを「輒欲以卵敵石(卵で石と競おうとしている)」と小馬鹿にする。

黄蓋

 

5.第六十回、主君の劉璋(りゅうしょう)が益州に劉備(りゅうび)を迎え入れることに黄権(こうけん)が反対した時のせりふ。

「不聴臣言、則主公有累卵之危矣(私の言うことを聞かなければ、我が君は卵を

積み重ねるように危うい)」と主張。

 

6.第六十九回、諸葛原が占いの名人・管輅(かんろ)の能力を試すために、三つの箱の中に

蜘蛛、蜂の巣、燕の卵を入れて中身を当てさせた。管輅は全問正解。

 

7.第九十三回、蜀と魏の会戦前に、蜀の諸葛亮(しょかつりょう)と魏の王朗(おうろう)が舌戦をした時の王朗のせりふ。

かつて「社稷有累卵之危(漢の社稷(しゃしょく)が卵を積み重ねたように危うかった)」時に、

魏の初代・曹操(そうそう)が天下を平定したのだ、と、曹操のすごいところをアピールして

舌戦で優位に立とうとしたが、諸葛亮に論破され憤死。(ひどい脚色だ……)

 

8.第百十回、魏で司馬師(しばし)が専横を極めていることに憤った毌丘甸(かんきゅうでん)のせりふ。

父親に「国家有累卵之危(国家は卵を積み重ねたように危うい)」と訴えながら、

司馬氏に対する蜂起をそそのかした。

 

9.第百十九回、蜀のラストエンペラー劉禅(りゅうぜん)が魏に降伏した後、蜀の再興をもくろんだ

姜維(きょうい)が魏の鍾会(しょうかい)と共謀して魏に対する反乱を起こそうとしたが、失敗して殺されたシーン。

姜維の亡骸を開いてみると「其胆大如鶏卵(肝の大きさは鶏の卵ほどだった)」とある。

鐘会と姜維

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカンの独り言

 

「卵」の登場するシーンを見ると、壊れやすいものとして比喩的に使われていることが

多いようですね。

私が今日買ってきたピータンの周りの泥は柔らかかったですが、これまでに買ったことの

あるピータンはほとんどが煉瓦のようにカッチカチに固まった泥に包まれていました。

あれなら積み重ねてもそうそう割れないんじゃないかと思います。

 

もし皆様がピータンを料理される際、それが煉瓦(れんが)のように固い泥に包まれていましたら、

どうか頑張って泥をはがして下さい。健闘を祈ります!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃

関連記事:【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較
  2. これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)
  3. 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた
  4. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  5. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは?
  6. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソード…
  7. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた…
  8. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  2. 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家
  3. 三国志一の策謀家、袁術の伝説
  4. 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集
  5. 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった! 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】 kawauso編集長のぼやきVol.15「怖いもの」 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ! 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定

おすすめ記事

  1. 呂布の裏切りについて考察してみた
  2. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  3. ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布
  4. 【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう
  5. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】
  6. 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操
  7. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  8. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP