劉備にカリスマ性があったの?三国志の英雄・劉備玄徳のカリスマの真実


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

カリスマという言葉はもはや一般化しています。

「カリスマ美容師」だったり「カリスマモデル」だったり、

現代には多くのカリスマが存在しています。

 

三国志の中の登場人物でカリスマといえば誰でしょうか?

答えは無数にあるでしょうが、

やはり「劉備玄徳(りゅうびげんとく)」という名前が多く聞かれることが予想されます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由?

関連記事:劉備は剣術を使うことができたのか正史・演義から調べてみた


戦場における劉備のカリスマ性

 

カリスマというのは、常人にはない資質のことです。

ごく平凡な武勇、並みの知力、ありふれた政治力や指導力をカリスマとは呼びません。

 

それでは劉備は戦場において、並外れた武勇や用兵術を披露しているのでしょうか。

数多くの戦場を駆け巡り、

戦乱の中を生き抜いたのですから劉備の武勇は人並み以上だったと考えられますが、

義弟の関羽(かんう)張飛(ちょうひ)に比べると劣ります。

 

というより、徐州と妻子を曹操(そうそう)に奪われ、夷陵の戦いでは若い陸遜(りくそん)に大敗しています。

戦上手という印象はほとんどないでしょう。

 

戦闘力という面では、劉備にカリスマ性は感じられません。


戦略・智謀における劉備のカリスマ性

 

長く戦略面で劉備が苦労していたのは有名な話です。

そのために劉備はいつまで経っても固定した本拠地を持たず、各地を転戦することになります。

 

そんな大きな弱点をカバーしたのが諸葛孔明(しょかつこうめい)でしょう。

法正(ほうせい)もまた大いに活躍しています。

特に諸葛孔明が提案した天下三分の計は、蜀建国の起点となっています。

 

戦略や智謀面で劉備が活躍したシーンはほとんどありませんね。

戦略・智謀という側面でも劉備にカリスマ性は感じられないということです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

政治・統率における劉備のカリスマ性

 

劉備の特筆すべき能力は、その包容力でしょう。人望であり、仁徳でもあります

献帝(けんてい)をはじめとし、多くの英雄・武将らが劉備を慕っています。

曹操が警戒したのも、そんな劉備の器の大きさだったのではないでしょうか。

 

特に三国志演義では主役である劉備の仁徳がクローズアップされています。

曹操の徐州大虐殺に対して陶謙(とうけん)の援軍に馳せ参じ、

民衆の支持もあって陶謙没後の徐州治世を引き継ぎました。

 

留守役の張飛が酔って徐州を呂布(りょふ)に奪われた際には、

劉備の妻子も置き去りにしてきた張飛が恥じて自害するのを泣いて止めています。

 

荊州の新野を曹操に攻められた際には南に逃れますが、

劉備の徳を慕って多くの住民も共に故郷を捨てました。

劉備の妻子が曹操の追撃を受け、

その混乱の中から劉禅(りゅうぜん)を救出してきた趙雲(ちょううん)に対し、

我が子よりも趙雲が生還してきたことを喜んでいます

 

家族以上に家臣や民衆を大切にする劉備の性格が強調されています。

政治力や統率力という面では、劉備にもカリスマ性が感じられます


これだけ多くの英雄に受け入れられてきた劉備の魅力

 

君主たる器量の面でカリスマ性を発揮した劉備が、

人を惹きつける魅力に溢れていたことは間違いないでしょう。

 

公孫瓚(こうそんさん)、陶謙、曹操、袁紹(えんしょう)劉表(りゅうひょう)劉璋(りゅうしょう)という数多の群雄に客将として厚遇されています。

あくまでも客将的な扱いで、常に自立心が強かった点も見逃せません。

 

高い志を説いて個性豊かな人材をまとめ、多くの英雄と交流し、

いくら敗戦を重ねても諦めることなく成長し続けた劉備は、

やはり常人にはない資質の持ち主だったのではないでしょうか。


  

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

新しい環境や目標にチャレンジしていくことを、

コンフォートゾーンを脱してラーニングゾーンに踏み込むといいます。

人間が健全に成長していく理想の姿です。

 

劉備の生涯は、絶えずラーニングゾーンへ果敢に飛び込む行動力に満ち溢れています。

安全でリスクの低いマンネリ化したコンフォートゾーンに甘んじることがほとんどありません。

荊州に滞在した際にはコンフォートゾーンに身を置いていることを嘆きました。

 

「髀肉の嘆」は、劉備の有名なエピソードであり、象徴的な話です。

ブレない志で貪欲にチャレンジし続けたその生き様こそが、

劉備がカリスマであることの証なのではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由

関連記事:曹操と劉備ではどっちの武力が上?究極の個人対決

 

北伐の真実に迫る

北伐  


 

関連記事

  1. 孔明君のジャングル探検
  2. 関羽が殺されキレる劉備
  3. 朱然に後を引き継ぐ呂蒙
  4. 討ち死にする黄崇
  5. 夏侯惇

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック

PAGE TOP