魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備にカリスマ性があったの?三国志の英雄・劉備玄徳のカリスマの真実

劉備の黒歴史




 

カリスマという言葉はもはや一般化しています。

「カリスマ美容師」だったり「カリスマモデル」だったり、

現代には多くのカリスマが存在しています。

 

三国志の中の登場人物でカリスマといえば誰でしょうか?

答えは無数にあるでしょうが、

やはり「劉備玄徳(りゅうびげんとく)」という名前が多く聞かれることが予想されます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由?

関連記事:劉備は剣術を使うことができたのか正史・演義から調べてみた

 

 

戦場における劉備のカリスマ性

 

カリスマというのは、常人にはない資質のことです。

ごく平凡な武勇、並みの知力、ありふれた政治力や指導力をカリスマとは呼びません。

 

それでは劉備は戦場において、並外れた武勇や用兵術を披露しているのでしょうか。

数多くの戦場を駆け巡り、

戦乱の中を生き抜いたのですから劉備の武勇は人並み以上だったと考えられますが、

義弟の関羽(かんう)張飛(ちょうひ)に比べると劣ります。

 

というより、徐州と妻子を曹操(そうそう)に奪われ、夷陵の戦いでは若い陸遜(りくそん)に大敗しています。

戦上手という印象はほとんどないでしょう。

 

戦闘力という面では、劉備にカリスマ性は感じられません。

 

 

戦略・智謀における劉備のカリスマ性

 

長く戦略面で劉備が苦労していたのは有名な話です。

そのために劉備はいつまで経っても固定した本拠地を持たず、各地を転戦することになります。

 

そんな大きな弱点をカバーしたのが諸葛孔明(しょかつこうめい)でしょう。

法正(ほうせい)もまた大いに活躍しています。

特に諸葛孔明が提案した天下三分の計は、蜀建国の起点となっています。

 

戦略や智謀面で劉備が活躍したシーンはほとんどありませんね。

戦略・智謀という側面でも劉備にカリスマ性は感じられないということです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

政治・統率における劉備のカリスマ性

 

劉備の特筆すべき能力は、その包容力でしょう。人望であり、仁徳でもあります

献帝(けんてい)をはじめとし、多くの英雄・武将らが劉備を慕っています。

曹操が警戒したのも、そんな劉備の器の大きさだったのではないでしょうか。

 

特に三国志演義では主役である劉備の仁徳がクローズアップされています。

曹操徐州大虐殺に対して陶謙(とうけん)の援軍に馳せ参じ、

民衆の支持もあって陶謙没後の徐州治世を引き継ぎました。

 

留守役の張飛が酔って徐州を呂布(りょふ)に奪われた際には、

劉備の妻子も置き去りにしてきた張飛が恥じて自害するのを泣いて止めています。

 

荊州の新野を曹操に攻められた際には南に逃れますが、

劉備の徳を慕って多くの住民も共に故郷を捨てました。

劉備の妻子が曹操の追撃を受け、

その混乱の中から劉禅(りゅうぜん)を救出してきた趙雲(ちょううん)に対し、

我が子よりも趙雲が生還してきたことを喜んでいます

 

家族以上に家臣や民衆を大切にする劉備の性格が強調されています。

政治力や統率力という面では、劉備にもカリスマ性が感じられます

 

これだけ多くの英雄に受け入れられてきた劉備の魅力

 

君主たる器量の面でカリスマ性を発揮した劉備が、

人を惹きつける魅力に溢れていたことは間違いないでしょう。

 

公孫瓚(こうそんさん)陶謙、曹操、袁紹(えんしょう)劉表(りゅうひょう)劉璋(りゅうしょう)という数多の群雄に客将として厚遇されています。

あくまでも客将的な扱いで、常に自立心が強かった点も見逃せません。

 

高い志を説いて個性豊かな人材をまとめ、多くの英雄と交流し、

いくら敗戦を重ねても諦めることなく成長し続けた劉備は、

やはり常人にはない資質の持ち主だったのではないでしょうか。

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

新しい環境や目標にチャレンジしていくことを、

コンフォートゾーンを脱してラーニングゾーンに踏み込むといいます。

人間が健全に成長していく理想の姿です。

 

劉備の生涯は、絶えずラーニングゾーンへ果敢に飛び込む行動力に満ち溢れています。

安全でリスクの低いマンネリ化したコンフォートゾーンに甘んじることがほとんどありません。

荊州に滞在した際にはコンフォートゾーンに身を置いていることを嘆きました。

 

「髀肉の嘆」は、劉備の有名なエピソードであり、象徴的な話です。

ブレない志で貪欲にチャレンジし続けたその生き様こそが、

劉備がカリスマであることの証なのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由

関連記事:曹操と劉備ではどっちの武力が上?究極の個人対決

 

北伐の真実に迫る

北伐  

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孫権と張昭 キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる
  2. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  3. 曹操と劉備 曹操と劉備ではどっちの武力が上?究極の個人対決
  4. 李典 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  5. 後継者争い 劉協と劉弁 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  6. 曹茂 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  7. 司馬懿 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?
  8. 孔明 王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 魔王曹操
  3. 王翦
  4. 公孫サン(公孫瓚)
  5. 張コウ 張郃
  6. 始皇帝(キングダム)
  7. 岳飛伝(一) amazon
  8. 石亭の戦い 曹休と韓当

おすすめ記事

  1. 孫尚香ってどんな人?孔明に曹操、孫権と並び評された人物 孫尚香
  2. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選 病気になった兵士
  3. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第5部 郭嘉の本
  4. 【三国ブレイズ 攻略2】蜀の名将・趙雲と姜維が加入!アイテムの強化と攻略ポイント紹介
  5. とっても皇帝になりたかった袁術
  6. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10 孔融と禰衡

三國志雑学

  1. 曹操VS孫権 R2
  2. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓
  3. 馬騰
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 華陀と麻沸散
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張燕
  2. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜
  3. 陸遜
  4. 徐晃と夏侯淵
  5. 蜀の劉備

おすすめ記事

騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介! 郭嘉の本 漢代にはこんなにもたくさんの本が生み出されていた!【漢代の本】 周倉 黄巾の乱を引き起こした大平道、民衆は彼らに何を望んでいたのか? 噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗 木牛流馬 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは? 張燕 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる! 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保の死は自業自得だった!政治を私物化した男の最期

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP