三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義




周瑜

 

漫画や映画、テレビに関わらず主人公が存在する作品では

多かれ少なかれ()ませ犬役が存在しています。

本来、噛ませ犬とは戦いの経験がない若い犬に、わざと弱い犬と戦わせ

相手を噛ませる事で勝利の味を覚えさせる技術の事を意味しました。

 

しかし、次第に意味が変質し、漫画では主人公的なキャラクターに

一見強そうに見えるように盛り上げた敵をぶつけて瞬殺(しゅんさつ)させ、

主人公の強さを強調する手法を意味するようになってしまいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【悲惨】周瑜は劉備の噛ませ犬でジャンプ台扱いだった?

関連記事:噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗

 

 

漫画史に残る華麗な噛ませ犬達

 

噛ませ犬として非常に有名なのは、ドラゴンボールのコルド大王でしょう。

あの宇宙の帝王フリーザの父として地球に降臨(こうりん)、トランクスと対峙するも

機械化してパワーアップした筈のフリーザはトランクスの剣でバラバラに

コルド大王は、トランクスの剣こそが脅威(きょうい)だと勘違いして、

剣を取り上げ急に強気になりますが、やはりトランクスに瞬殺されました。

 

歴史漫画キングダムに登場した劇辛(げきしん)なども噛ませ犬です。

燕の劇辛の場合、龐煖(ほうけん)のような存在とは何度も遭遇し返り討ちにしたと豪語しながら

遭遇した龐煖に為す術なく瞬殺されています。

 

これらの噛ませ犬キャラに共通するのは、主人公的なキャラと戦うまでは

規格外や桁違いの強さ、○○に匹敵すると期待を盛り上げるだけ盛り上げ

一コマで瞬殺されてしまうギャップ効果です。

 

ですが、多用すると読者の方も慣れてしまい、よほど巧妙にやらないと

「あーやっぱりな、、」とギャグ要素で取られてしまうので

当たれば効果は高いとはいえ、迂闊に使えない手法ではあります。

 

 

趙雲の噛ませ犬麴義

趙雲の噛ませ犬麴義

 

麴義は有能な将軍であり正史では韓馥(かんふく)の配下として登場し、後に袁紹(えんしょう)に乗り替え

異民族の騎馬戦術を熟知した武将として、界橋(かいきょう)の戦いでは800の歩兵を率い、

1000挺の強弩兵の支援を受けながら、白馬義従1万を撃破し敵将、厳綱(げんこう)を斬り、

公孫瓚(こうそんさん)の本陣を蹂躙(じゅうりん)して、公孫瓚軍を敗走させました。

 

さらに、取って返して公孫瓚の弓騎兵に包囲された袁紹を救うという

大戦果を挙げて大活躍しています。

195年の鮑丘(ほうきゅう)の戦いでも公孫瓚を撃破し公孫瓚が本拠地(けい)を放棄して

易京(えきけい)に籠城する切っ掛けも生み出しています。

その後、軍令違反で袁紹に処刑されたとはいえ、実績においては、

顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう)を遥かに(しの)いでいる人物です。

 

ところが麴義の知名度は、三国志演義ではほぼ無名に近いモノです。

いえ、界橋の戦いにおいて公孫瓚を破る所までは三国志演義も、

麴義の事績を踏襲(とうしゅう)しているのですが、その後、無名の趙雲

見るも無残な負け方をした為に、功績をほぼ趙雲に奪われたのです。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

麴義の見せ場が趙雲大活躍に改竄された界橋の戦い

趙雲大活躍に改竄された界橋の戦い

 

三国志演義において、界橋の戦いの功労者は麴義ではなく趙雲になっています。

あらすじを簡単に説明しますと公孫瓚と袁紹は界橋で本格的に激突

公孫瓚は白馬義従(はくばぎじゅう)五千を羽翼の陣にし先陣を厳綱に任せます。

 

これ以前に趙雲は文醜の槍から公孫瓚を救った手柄で公孫瓚軍に在籍(ざいせき)していますが

「どこの馬の骨か分からんので信用できん」という理由で前線には出されず

後詰めを余儀なくされていました。

 

一方で袁紹は800の弩兵を率いる麴義を中央に置き、一千の石弓部隊を

顔良文醜に率いさせ、白馬義従を十字砲火で攻撃するように命じます。

さらに中軍として歩兵1万五千を麴義に従わせました。

 

そして袁紹は数万の歩兵を率いて数キロ後方に控えています。

 

※ちなみに正史では、麴義の率いているのは歩兵800だけで中軍一万五千はなく

一千の石弓を率いる武将が顔良や文醜であるという記録はありません。

 

両軍はにらみ合ったまま動かず、(しび)れを切らした厳綱が白馬義従を率い突撃

そこに麴義、顔良、文醜が集中的に矢を浴びせかけます。

怯んだ厳綱は、馬首を巡らして退却しようとしますが麴義が薙刀(なぎなた)

厳綱を斬り伏せて倒しました。

 

左右の白馬義従は厳綱を救おうとしますが、顔良、文醜の石弓に阻まれて

前進できず、じりじり橋の近くまで退却します。

勢いに乗った麴義は公孫瓚の本陣に踏み込んで旗係の将校を斬り、

牙門旗(がもんき)(本陣旗)を押し倒してしまいます。

 

公孫瓚

 

それを見た公孫瓚は敗北を悟り、また一騎だけで橋を降りて逃走

(演義の公孫瓚はやたら逃げるシーンがあります)

麴義は逃がすかとばかりに後方から追いすがります。

この辺りまでは、概ね史実と同じですが、ここから三国志演義は

大掛かりなフィクションを仕掛けます。

後詰で出番のない趙雲が麴義の前に立ちはだかるのです。

 

麴義を斬り殺し袁紹を追い詰める界橋の趙雲

袁紹を追い詰める界橋の趙雲

 

さて、趙雲、公孫瓚を守るべく麴義の前に立ちはだかり、槍を(しご)くと

馬を(おど)らせ僅か数合で麴義を突き殺してしまいます。

これだけでも、なかなか美味しい役ですが演義の趙雲アゲはこんなもんじゃない。

 

ここから趙雲、仲間の仇を討つとばかり単騎で馬を躍らせて、

雲霞(うんか)のごとき袁紹軍に突撃するのです。

それも強い強い、誰も趙雲にかすり傷一つつけられず、

まさに無人の野を行くが如し、後の長坂(ちょうはん)一騎駆けの再現が界橋でも炸裂!

それを見た公孫瓚、「それ趙子龍に続け!」と自軍を鼓舞し形成は逆転

袁紹

 

袁紹は、はるか後方で麴義が牙門旗を倒したという報告を聞いて、

「公孫瓚弱いなぁ~」と(くつろ)いでいる所に突然に趙雲が出現したので仰天(ぎょうてん)

味方も5~6名が次々に倒され、さらに公孫瓚の軍勢まで出現します。

 

田豊(でんぽう)は袁紹に築地(つきじ)の陰に隠れるように指示しますが、袁紹は

「命を惜しんでまで生きていたくない」と啖呵(たんか)を切って奮戦、

ここから顔良が戻ってきて、趙雲は不利になり公孫瓚を(かば)いながら逃げて

界橋を下って逃げて行きます。

袁紹

 

怒り狂う袁紹は、再度、軍を編成して公孫瓚と趙雲を追いかけ

再び、界橋を越えて公孫瓚軍を蹂躙し沢山の公孫瓚軍の兵が川に落ちて

溺死(できし)したという形で三国志演義の界橋の戦いは終わります。

 

史実を読み込み巧妙にフィクションを混ぜた三国志演義

公孫瓚と趙雲

 

この界橋の戦いに趙雲が参加したというような記録はありません。

ですので、麴義が趙雲に突き殺されたという事実もなく

もちろん、公孫瓚が趙雲の活躍に勇気を得て再び逆襲した事もないです。

 

しかし、追い散らされた公孫瓚の騎兵の一部が後方で少人数で

待機していた袁紹に襲いかかったという記録は残っています。

 

この時に襲いかかった騎兵は二千、袁紹の供回りは百余りでしたが、

袁紹は隠れるように進言する田豊を拒否して奮戦して弓で対抗し

そこに麴義が戻ってきた事で窮地を脱しています。

 

三国志演義の原作者達は、私達が考える以上に正史三国志を読みこみ

袁紹を襲撃した公孫瓚の騎兵を趙雲に読み替えて活躍の場を作ったのです。

しかし、趙雲爆アゲの結果、麴義は趙雲と、顔良、文醜に手柄を奪われ、

趙雲に斬られただけの噛ませ犬になってしまったのでした。

 

趙雲の噛ませ犬?正史における麴義のアンビリバボーな大活躍は↓読めます。

麴義はどんな人?アンビリバボー八百の兵で白馬義従1万を破った英傑

 

三国志演義より扱いがムゴい蒼天航路の麴義

蒼天航路の麴義

 

蒼天航路にも麴義は出てきますが、ここでも趙雲の引き立て役です。

しかも、三国志演義よりも扱いがムゴいモブキャラ扱い

 

初登場は、コミックス7巻、其八十三、静かなる猛将という

趙雲初登場の回、麴義は17pと18pに猿顔をした武将として登場しますが

 

「おおッ 公孫瓚の軍にも少しはいきのいいのがい ・・たかッ」

 

というセリフを残して趙雲に馬ごと真っ二つにされて絶命します。

舞台は、どうやら界橋の戦いの初日のようですが、

可哀想な事に麴義がどういう人物か説明するシーンは一切なく

一片のセリフと猿顔の武将というアイコンだけが全てです。

 

それなのに袁紹サイドは、どよめき、

「麴義が、、あの麴義が一刀の下に切り捨てられた」

大変な動揺ぶりで逆に公孫瓚はイケイケになります。

 

いやいやいや!そんなにどよめくような重要人物なら

もう少し伏線入れて麴義を説明しようよ。

界橋の戦いの手柄も何も無しに、ただ趙雲に斬られる為に出現なんて

あまりにも麴義が可哀想すぎやしませんかァ(泣)

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

蒼天航路と言えば、麴義ばかりではなく、

正史では曹操孫堅(そんけん)も一度撃破した徐栄(じょえい)呂布(りょふ)董卓(とうたく)赤兎馬(せきとば)に乗ろうとしたのを

制止しようとして頭を握りつぶされる無残な最期を遂げました。

華雄(かゆう)も、三国志演義とは別の最期で、関羽(かんう)に斬られるのではなく、

理由あって孫堅軍に参加した夏侯惇(かこうとん)に一撃で斬り殺されています。

 

まあ、徐栄曹操軍をかなり苦しめる描写があった後での頭グシャですが

そんなの徐栄にさせなくてもモブキャラで良かったんでない?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

関連記事:もう見てられない!王朗と諸葛亮の舌戦が学芸会レベル

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  2. 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長
  3. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  4. 蜀の厳顔 蜀の老将・厳顔の年齢は一体いくつだったの??
  5. 公孫瓚の易京城はどんな城?
  6. 馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ
  7. 黄巾の乱を起こした張本人・張角の素顔に迫る!
  8. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  2. 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房
  3. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由
  4. 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう)
  5. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介
  6. 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張魯

おすすめ記事

【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存? 【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた 鎌倉時代 服装 男女 アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は? 【丞相ランキング】三国志で一番すごい丞相はいったい誰なの? レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介! 86話:張松という男が劉備の運命を左右する  2017年はじめてのストライキ宣言文 佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは?

おすすめ記事

  1. キングダム 522話 ネタバレ予想:まさか!紀彗軍が全滅の危機!
  2. 【11月の見どころ】「麒麟がくる」特集 はじめての三国志編集長 kawauso
  3. 羌族は何者?何度も反乱を起こし漢王朝のHPを削ったヒャッハー集団
  4. kawauso編集長のぼやきVol.17「編集長として大事にしている事」
  5. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  6. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  7. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる
  8. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP