キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇

この記事の所要時間: 43




魏延

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

魏延(ぎえん)は言わずと知れた五虎将軍亡き後の蜀漢の重鎮です。

しかし、魏延の人生は五丈原で諸葛亮(しょかつりょう)が没した後、

孔明(こうめい)が遺言で後任に指名した楊儀(ようぎ)に従わなかった事で

大きく暗転してしまいます。

反逆者として誅殺(ちゅうさつ)の憂き目にあった魏延ですが、

その悲劇は魏延だけの責任ではありませんでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万

関連記事:【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの?

 

 

全ては劉備の死を契機に始まった

劉備の死を契機に始まった魏延

 

魏延は荊州義陽郡に生まれ、部曲(ぶきょく)を束ねていました。

部曲というのは私兵団の事で劉備(りゅうび)も部曲の隊長です。

西暦212年、劉備劉璋(りゅうしょう)の蜀を獲ろうと益州に入ると

魏延もそれに従いしばしば戦功を立てて牙門将(がもんしょう)になりました。

 

牙門将とは、三国志の時代に生まれ晋の時代に引き継がれるのですが

この牙門というのは陣営の門を守る将軍で、特に勇猛であり

時に別動隊として動くこともある機動力の高い将軍です。

いかにもスタンドプレーが大好きな魏延らしい地位です。

 

劉備が魏延を重んじるのは並大抵のものではなく、外界への玄関先であり

戦略的にも超重要である漢中太守(かんちゅうたいしゅ)を任せています。

張飛

 

当時、劉備の周辺では劉備の義弟の張飛(ちょうひ)こそが

漢中太守に任じられると考えられていて

張飛もその気でありましたが、一転して任じられたのは魏延でした。

きっとガッカリした張飛ですが、不満めいた一言もありません。

それだけ魏延の武功が抜群であり認めていたのでしょう。

 

ところが、その引き立ててくれた劉備が夷陵の戦いに敗れて

西暦223年に病死すると魏延の命運にも陰りが生じてきます。

 

 

諸葛亮と同僚であり部下という不安定な魏延

諸葛亮と同僚であり部下という不安定な魏延

 

劉備の死後に、逸早く劉禅(りゅうぜん)を後継者にして丞相に就任、

蜀漢の権力を握ったのは諸葛孔明でした。

三国志演義では、劉禅の忠臣のように振る舞う孔明ですが、

史実では、呉の孫権(そんけん)も魏の曹叡(そうえい)

蜀の絶対権力者は孔明と言い切っています。

そんな諸葛孔明は魏を討伐する為に北伐の軍を興して漢中に入ります。

 

それ以前、孔明は劉禅の命令で丞相府(じょうしょうふ)を開いていました。

漢中には、(とく)漢中、鎮北将軍、漢中太守として全てを取り仕切る魏延がいたので

孔明は、一度、魏延を解任して自身が漢中の全権を掌握し

その上で魏延を督前部、領丞相司馬(しば)、涼州刺史(しし)に任命し直します。

 

魏延に与えられた領丞相司馬という地位は蜀帝国の役職ではなく丞相府の役職です。

ここで魏延は鎮北将軍としては蜀帝国の将軍として孔明と同僚、、

同時に丞相司馬としては孔明の部下という微妙な地位に置かれました。

この事実、後の魏延の人生に大きく影響しますから覚えておいて下さい。

 

二重の権力、丞相府とは?

魏延を動かす孔明

 

魏延の悲劇を語る前に丞相府について説明しましょう。

丞相府は、丞相や、大将軍、車騎(しゃき)将軍のような高位の将軍が

王なり、皇帝なりの許可を得て開く事が出来る軍事と行政の権限を持った

ミニ政府の事です。

 

耳馴染みのある言葉に言い換えると日本の幕府(ばくふ)と同じものです。

日本でも源頼朝(みなもとのよりとも)足利尊氏(あしかがたかうじ)徳川家康(とくがわいえやす)

天皇により征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)に任じられて幕府を開いています。

つまり、あくまで本当の政府は朝廷なんですが、その政府の出張所のような

ミニ政府を幕府と言うのです。

 

諸葛孔明は幕府を開く事で、国家の有能な人材を自分のスタッフとして引き抜き

漢中に事実上の政府を開いて、より効率的に魏と戦えるようにします。

上の記述に戻りますと、孔明は、この丞相府に蜀帝国の臣としては同僚の

魏延を部下として引き込んだわけです。

 

丞相府生え抜きの姜維楊儀、蔣琬、費禕と対立する魏延

姜維、楊儀、蔣琬、費禕と対立する魏延

 

諸葛亮は魏延の傑出した軍事的才能を買ったのですが、

不遜(ふそん)な性格の魏延は孔明の北伐プランに従いません。

孔明は、祁山(ぎざん)を抑えて涼州を魏から分断し優秀な涼州兵を味方につけようと

時間は掛かるが安全な戦略を採用しますが、魏延は別動隊を率いて、

電撃戦でサッサと長安を落とすべきと主張しました。

 

諸葛亮はこれを却下、魏延はそれが不満で諸葛丞相は臆病者と批判します。

繰り返しますが、蜀帝国の臣としては同僚の魏延にとっては、

いかに丞相府では部下であっても、遠慮する必要は感じませんでした。

 

ですが、諸葛亮に抜擢(ばってき)された生え抜きの丞相府の部下達、

姜維(きょうい)楊儀(ようぎ)費禕(ひい)は違いました。

 

「なんだ魏延のやろう、よそ者のクセして

ウチのボスに大口叩きやがって、嫌な野郎だぜ」

 

この4名は、東曹掾(とうそうえん)倉曹掾(そうそうえん)長史(ちょうし)というような丞相府の役職を得て

孔明に特別に目をかけられた人で、いわば孔明チルドレン・・

彼らから見ると、外様(とざま)の魏延が自分達のボスに偉そうに意見するのは、

全く気に入らない事だったのです。

楊儀にキレる魏延

 

おまけに魏延の方も、劉備と同タイプながら劉備と違い社交性が無い人で

丞相府の面々の機嫌取りもせず、特に楊儀については性格の相違から

剣を抜いて威嚇(いかく)するようなトラブルさえ起こしていました。

 

蜀帝国の臣であり同時に丞相府の臣である魏延は、

その不安定な地位の為、敵を増やす事になってしまうのです。

 

諸葛亮が死去し、楊儀が実権を握った事で魏延の運命は定まった

魏延の運命は定まった

 

それでも、魏延の軍事的な才能を惜しんだ諸葛孔明は魏延を解任せず、

辛抱強く使う事にしましたが、それに終止符が打たれる時が来ます。

西暦234年、第五次北伐の途中、孔明は五丈原に没したのです。

 

孔明は遺言(ゆいごん)で撤退を命じその責任者を楊儀としました。

これに魏延は戦慄します、このまま楊儀が孔明の(ひつぎ)を守り漢中に戻れば

蜀の権力は楊儀が引き継ぎ、楊儀と仲が悪い魏延は粛清されるでしょう。

 

魏延は撤退に猛反対し、丞相が亡くなっても軍は無事だから、

戦争に影響はないと主張して、撤退しようとする楊儀を妨害します。

楊儀と魏延は成都に向かい、お互いが(そむ)いたとデマを流しますが、

成都にいた蔣琬(しょうえん)董允(とういん)

「楊儀の方が信頼できる」と皇帝劉禅に報告しました。

馬岱に切られる魏延

 

この蔣琬も孔明に後継者に指名された人であり孔明チルドレンの一人です。

かくして魏延の運命は定まり、反逆者、朝敵になってしまうのです。

間もなく、魏延の軍勢は王平(おうへい)の大喝で追い散らされ、

魏延は僅かな親族を連れ漢中に逃げますが、馬岱(ばたい)に追跡され殺害されます。

 

豊臣政権における徳川家康のような魏延

徳川家康のような魏延

 

魏延の立ち位置は戦国時代末の豊臣政権の五大老:五奉行の関係に似ています。

 

 

 

どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの?

関連記事:驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  2. 【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム
  3. 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ…
  4. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  5. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…
  6. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から…
  7. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…
  8. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったW…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 羅憲

おすすめ記事

  1. これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!
  2. 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証してみる
  3. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?
  4. 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す
  5. 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!
  6. 天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

おすすめ記事

自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1 公孫瓚の易京城はどんな城? 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 幻のノーベル賞、山極勝三郎とはどんな人?【はじ三ヒストリア】 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

おすすめ記事

  1. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情
  2. 大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった
  3. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  4. 月刊はじめての三国志2018年3月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  5. よかミカンって、何者?
  6. 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想!
  7. 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値
  8. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP