呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮、周瑜、郭嘉…誰がお好み?ときめき軍師メモリアル

孔明 郭嘉 周瑜




孔明・郭嘉・周瑜

 

三国志』の軍師といえば蜀の天才軍師諸葛亮(しょかつりょう)の名が筆頭に挙げられますが、

呉には赤壁の戦いで名を馳せる周瑜(しゅうゆ)がいましたし、

魏には曹操(そうそう)が最も愛したといわれる郭嘉(かくか)がありました。

 

三国志演義』ではどう見ても諸葛亮が最高の軍師として描かれていますが、

実際には他の2人だって主君への貢献度では諸葛亮に負けてはいません。

 

そして、3人は同じ軍師でありながら、三人三様、それぞれ素敵な魅力を持っていました。

さて、皆さんはどの軍師がお好みでしょうか?

さっそく3人の軍師たちの素顔に迫ってみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか

関連記事:周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?

 

 

イケメンミュージシャン・周瑜

イケメンミュージシャン・周瑜

 

まずご紹介したいのが呉の重臣・周瑜

小覇王・孫策(そんさく)とは幼馴染で

孫策袁術(えんじゅつ)のもとでくすぶっていたときにも

孫策の助けにならんと奔走しました。

知恵がある上に美しくて若かった周瑜は人々に「美周郎」と称えられたそうです

 

しかし、ある日小覇王・孫策はかつて粛清した許貢(きょこう)の食客3人に襲われ、

その食客が放った矢の毒に侵されて亡くなってしまいます。

そのため、孫策に代わって孫権(そんけん)が呉の君主となったわけですが、

それまで小覇王・孫策に付き従ってきた将軍たちは

19才の孫権をボンボンの青二才であると軽んじます。

周瑜と魯粛

 

周瑜が連れてきた魯粛(ろしゅく)でさえも呉から離れようかと考え始めました

そんな中で周瑜は呉に留まって孫権を補佐することを強く決意し、

孫権に対して臣下としての礼を尽くして他の臣下たちに規範を示し、

 

また、呉を去ろうとする魯粛に孫権の資質の高さを語って引き留めました。

その後、呉が魏に呑み込まれそうになった際に

魯粛と共に赤壁の戦い曹操を破って危機を乗り切った周瑜は

呉の名軍師としてその名を天下に轟かせます。

 

呉に尽くしに尽くした周瑜ですが、

実はミュージシャンとしての一面もあるのだとか。

周瑜は琴や笛を持たせれば美しい音色を奏で、

筆を持たせれば美しい詩文を編んだといいます。

 

しかも、酒を飲んでベロンベロンに酔っていても

演奏に間違いがあるとすぐに気づいてその間違いを指摘したのだそうです。

音楽にも精通した美青年・周瑜の姿に呉の女性たちは色めき立ったことでしょう。

 

 

チョイ悪要素がスパイス・郭嘉

チョイ悪要素がスパイス・郭嘉

 

曹操に「郭嘉だけが私の真意を理解している」

と言わしめた魏の軍師・郭嘉は、

その昔は乱世を疎んじてひっそりと暮らしていました。

郭嘉は自らが認めた知識人や英傑とだけやりとりをして

自らの使えるべき主君を探していたのでした。

 

ある日、噂によく聞く袁紹(えんしょう)とかいう人物が気になった郭嘉は

思い切って袁紹に会いに行きますが、その人間性にガッカリ

袁紹の配下にいた昔馴染みに対して

袁紹の欠点を挙げ連ねて忠告した後にさっさと帰っていったのでした。

 

その後はまた同じように限られた人とだけ交流しながら

主君を探していたのですが、同郷の荀彧(じゅんいく)から声が掛かります。

その時荀彧は曹操に仕えており、智謀家を求める曹操に郭嘉を推薦したのです。

 

さっそく曹操に会いに行ってみたところ、

曹操は袁紹とは比べ物にならない大人物であるということを見抜きます

そして曹操もまた、

郭嘉こそが大業を成し遂げさせてくれる人物だと喜んだのでした。

 

その後は期待通りの働きを見せた郭嘉。

臣下同士で意見が分かれた際にも、郭嘉の言葉を採用すると

全てのことがうまくいきました。

 

しかし、この郭嘉には少し困ったところがあったようです。

郭嘉

 

郭嘉は度々人の上に立っているという自覚を欠く行動をしていたらしく、

同僚の陳羣(ちんぐん)から厳しく責め立てられたこともありました。

 

ところが当の本人はヘラヘラとして反省の色はなく、

おまけに曹操までもが

「まぁ郭嘉はさ…ほら…ね?」と取り合わず…。

他の軍師には見られないチョイ悪要素が世の女子たちの心をくすぐります。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

実はちょっと不器用なところがギャップ萌え・諸葛亮

不器用なところがギャップ萌え・諸葛亮

 

三国志演義』では特にその智謀を持って大活躍をして見せる蜀の諸葛亮は

完全無欠のスーパーマンのようですよね。

何でも涼しい顔でヒョイヒョイこなしているイメージの強い諸葛亮ですが、

ちょっと不器用なところもあったようですよ。

 

仕官するまでは梁父吟(りょうほぎん)を口ずさみながら野良仕事をしていた諸葛亮も

劉備(りゅうび)に仕えてからは休む間もなく働きました。

特に蜀を征服して劉備が皇帝になってからは大忙し。仕事もどんどん増えていったのです。

 

目も回るような忙しさにてんてこ舞いだった諸葛亮ですが、部下・楊顒(ようぎょう)に諭されます。

丞相は今帳簿の点検をなさっていますが、

それはあなたがするべき仕事ではありません。

そのように一人で仕事を抱え込んで終日汗を流しておられますが、

それは働きすぎではありませんか。」

この言葉にハッとさせられた諸葛亮は楊顒に感謝したそうです。

孔明

 

しかしそれでも頑張りすぎてしまう癖は治らず…。

何でもできるけれど、仕事の分配が苦手だった諸葛亮のこのギャップは

世の婦女子の母性本能をくすぐること間違いなし?

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

いずれも個性豊かなイケメン軍師たち、

皆さんは誰がお好みですか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント?

関連記事:天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 孔明 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?
  2. 曹操と夏侯惇 【三国志妄想列伝】夏侯惇が群雄として立てる人だった!!
  3. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  4. 李儒と三国志 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?
  5. 王莽 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  6. ロボ関羽 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  7. 張郃は司馬懿のせいで殺されてしまった?
  8. 孟獲 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 袁術と孫策
  3. 晋の陳寿
  4. 魏の武将をまとめた趙嚴(ちょうげん)
  5. 宦官
  6. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  7. 豊臣秀吉 戦国時代2
  8. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」
  2. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介 酒を飲む曹操、劉備、孫権
  3. 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは 藺相如(りんしょうじょ)
  4. 占領する城を増やし領土を広げる国盗りボードゲーム『三国志ダイス』の事前登録を8月22日からスタート
  5. 【将苑】諸葛亮の兵法に学ぶ熟年離婚を防ぐ法
  6. 蜀漢のスーパー戦隊・五虎大将軍は後付け設定だった!? 西遊記巻物 書物

三國志雑学

  1. 呂布VS劉備三兄弟
  2. ブチ切れる曹操
  3. 沙摩柯
  4. 酔っ払う関羽
  5. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  2. 張遼・楽進・李典
  3. 夏侯覇の妻は誰?
  4. kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ

おすすめ記事

【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの? 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる! 関帝廟 関羽 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法 曹操と夏侯惇 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの? 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】 張松 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者 賈詡 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP