関羽の実績が少ない理由は美髯公の性格が最悪だったから?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽の死

 

関羽(かんう)(しょく)(221年~263年)の将軍です。蜀の建国以前に亡くなっているので、実際は後漢(ごかん)(25年~220年)の将軍が正しいと思います。

 

強くなる関羽

 

さて、この関羽ですけど、存命中(ぞんめいちゅう)にどれほどの実績を挙げたのでしょうか。

今回は有名な「美髯公(びぜんこう)」関羽の実績に関して焦点を当ててみましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「関羽 実績」
「美髯公 性格」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる!

関連記事:樊城の戦いから関羽の凄さを知る!史実でも関羽は凄かった

 


 

関羽の実績1:顔良を斬る

曹操から逃げ回る劉備

 

建安(けんあん)5年(200)に劉備(りゅうび)曹操(そうそう)と戦って敗れました。敗れた劉備は妻子を置いて袁紹(えんしょう)のもとに逃げました。

 

関羽が好きすぎる曹操

 

この時に残留していた関羽(かんう)は曹操により捕虜にされました。でも何があったのか分かりませんが、曹操は関羽を殺しませんでした。

また、劉備(りゅうび)の消息が判明したら出て行ってよいと約束しました。

 

関羽に惚れる曹操

 

でも、関羽もタダで出るのは気が引けたのでしょう。実績の1つでも挙げて出ていくことにしました。

 

官渡の戦い 騎馬兵

 

建安(けんあん)5年(200)は、曹操(そうそう)袁紹(えんしょう)が天下分け目の決戦(官渡の戦い(かんとのたたかい))を行っている最中でした。

 

漢の顔良(がんりょう)

 

袁紹は白馬に顔良(がんりょう)派遣(はけん)しました。

 

張遼 カカロットーーーー!

 

関羽は張遼(ちょうりょう)と一緒に出陣しました。顔良は何を考えているのか、自分の陣地に日差し避けのために天蓋(てんがい)を置きました。

これでは「自分が大将です」と言っているのと同じです。結果は案の定でした。

 

顔良と関羽

 

関羽に目を付けられてしまい、突撃されて一撃で殺されました。

 

顔良を討ち取る関羽

 

余談ですが、顔良(がんりょう)が強いのは『三国志演義(さんごくしえんぎ)』の創作であり正史(せいし)ではそれを発揮するシーンはありません。何と言っても天蓋なんて張ってのんびりしているレベルですから、勇猛果敢(ゆうもうかかん)な武将タイプよりも、命令を出す指揮官タイプだったのかもしれません。

 


 

関羽の実績2:于禁と龐徳を破る

曹仁

 

建安(けんあん)24年(219年)に関羽は(はん)城の曹仁(そうじん)を攻撃しました。

 

ホウ徳

 

曹操は救援として、于禁(うきん)龐徳(ほうとく)の2人を派遣しました。この時に関羽と龐徳が互角の勝負をしたのは『三国志演義(さんごくしえんぎ)』の創作です。

 

ホウ徳

 

挟み撃ちという不利な状況に陥った関羽ですが、運よく河が氾濫(はんらん)したので于禁と龐徳の軍は壊滅しました。

 

ホウ徳

 

この時の戦いで于禁(うきん)を生け捕り、ホウ徳を斬る実績を挙げました。ただし、これが関羽の最後の実績です。

 

呉の孫権

 

関羽は同年に孫権(そんけん)と曹操の同盟軍により討たれました。

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集


 

性格が原因で実績が少ない?

関羽

 

以上が史料に残されている関羽の実績です。びっくりするかもしれませんが、2つしか存在しないのです。なぜこんなに少ないのでしょうか。

 

はじめてのプロ野球 関羽

 

原因の1つは、関羽がずっと荊州(けいしゅう)にいたからです。劉備(りゅうび)劉璋(りゅうしょう)から益州(えきしゅう)を奪取した建安19年(214年)以降、関羽は荊州に残留して統治に専念しています。

 

五虎大将軍の関羽

 

つまり、関羽は荊州の責任者となっていたのです。責任者が簡単に戦場に出るわけにはいきませんからね。

 

羅貫中と関羽

 

もう1つの原因は、関羽の性格ではないかと考えられます。

 

関羽の性格を簡単に表すと次のようになります。

 

(1)下っ端の兵士には優しい

(2)同列の将軍や文官には傲慢(ごうまん)な態度をとる

 

特に(2)が問題です。

 

関羽

 

かつて、馬超(ばちょう)が加入した時に、その存在が気になったので諸葛亮(しょかつりょう)に手紙で尋ねました。

 

考える諸葛亮孔明

 

諸葛亮は関羽のプライドを傷つけない程度に、上手に返信を書きました。喜んだ関羽は、その手紙を来客に見せて自慢していたのです。

 

暴れる関羽

 

また、黄忠(こうちゅう)が関羽と同列する人事の話をした時は、ガチ切れした話も残っています。

 

「アホの基本は、見栄っ張りだよな」

・・・・・・『闇金ウシジマくん』のセリフです。ちょっと古くて分からなかったですか。

 

本当にこのセリフと一緒です。

 

関羽に見惚れる赤兎馬

 

関羽の性格は見栄っ張りです。下っ端の部下にだけ外面良くて、同僚の間では評判が最悪というタイプです。読者の皆さんの学校や会社にも1人はいると思われます。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

おそらく、劉備と諸葛亮は関羽の性格を知っていたので、あまり実績を挙げさせなかったのだと思います。だって挙げれば調子に乗るし、同僚は馬鹿にするはずですから・・・・・・


  

 

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上、関羽の実績についての記事でした。

関羽ファンにとっては、最悪の記事ですが、そこはお許しください。

 

※参考文献

三国志 きらめく群像 (ちくま文庫)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽と張飛はどんな出会い方をしたの?正史三国志と三国演義を比較してみた

関連記事:関羽千里行が可能だったのはカバだから?カバは身体能力的に赤兎馬たりうるか?【HMR】

 

【神怪伝奇の虚構文学】
はじめての列子

 

【動画】関羽雲長が同時代に尊敬していた敵将軍

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 苛ついている曹操
  2. 玉璽に興奮する袁術
  3. 三国志の主人公の劉備
  4. 劉禅


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP