魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽の実績が少ない理由は美髯公の性格が最悪だったから?

羅貫中と関羽




関羽の死

 

関羽(かんう)(しょく)(221年~263年)の将軍です。蜀の建国以前に亡くなっているので、実際は後漢(ごかん)(25年~220年)の将軍が正しいと思います。

 

強くなる関羽

 

さて、この関羽ですけど、存命中(ぞんめいちゅう)にどれほどの実績を挙げたのでしょうか。

今回は有名な「美髯公(びぜんこう)関羽の実績に関して焦点を当ててみましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「関羽 実績」
「美髯公 性格」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる!

関連記事:樊城の戦いから関羽の凄さを知る!史実でも関羽は凄かった

 

 

関羽の実績1:顔良を斬る

曹操から逃げ回る劉備

 

建安(けんあん)5年(200)に劉備(りゅうび)曹操(そうそう)と戦って敗れました。敗れた劉備は妻子を置いて袁紹(えんしょう)のもとに逃げました。

 

関羽が好きすぎる曹操

 

この時に残留していた関羽(かんう)曹操により捕虜にされました。でも何があったのか分かりませんが、曹操は関羽を殺しませんでした。

また、劉備(りゅうび)の消息が判明したら出て行ってよいと約束しました。

 

関羽に惚れる曹操

 

でも、関羽もタダで出るのは気が引けたのでしょう。実績の1つでも挙げて出ていくことにしました。

 

官渡の戦い 騎馬兵

 

建安(けんあん)5年(200)は、曹操(そうそう)袁紹(えんしょう)が天下分け目の決戦(官渡の戦い(かんとのたたかい))を行っている最中でした。

 

漢の顔良(がんりょう)

 

袁紹は白馬に顔良(がんりょう)派遣(はけん)しました。

 

張遼 カカロットーーーー!

 

関羽は張遼(ちょうりょう)と一緒に出陣しました。顔良は何を考えているのか、自分の陣地に日差し避けのために天蓋(てんがい)を置きました。

これでは「自分が大将です」と言っているのと同じです。結果は案の定でした。

 

顔良と関羽

 

関羽に目を付けられてしまい、突撃されて一撃で殺されました。

 

顔良を討ち取る関羽

 

余談ですが、顔良(がんりょう)が強いのは『三国志演義(さんごくしえんぎ)』の創作であり正史(せいし)ではそれを発揮するシーンはありません。何と言っても天蓋なんて張ってのんびりしているレベルですから、勇猛果敢(ゆうもうかかん)な武将タイプよりも、命令を出す指揮官タイプだったのかもしれません。

 

 

関羽の実績2:于禁龐徳を破る

曹仁

 

建安(けんあん)24年(219年)に関羽は(はん)城の曹仁(そうじん)を攻撃しました。

 

ホウ徳

 

曹操は救援として、于禁(うきん)龐徳(ほうとく)の2人を派遣しました。この時に関羽と龐徳が互角の勝負をしたのは『三国志演義(さんごくしえんぎ)』の創作です。

 

ホウ徳

 

挟み撃ちという不利な状況に陥った関羽ですが、運よく河が氾濫(はんらん)したので于禁と龐徳の軍は壊滅しました。

 

ホウ徳

 

この時の戦いで于禁(うきん)を生け捕り、ホウ徳を斬る実績を挙げました。ただし、これが関羽の最後の実績です。

 

呉の孫権

 

関羽は同年に孫権(そんけん)と曹操の同盟軍により討たれました。

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 

性格が原因で実績が少ない?

関羽

 

以上が史料に残されている関羽の実績です。びっくりするかもしれませんが、2つしか存在しないのです。なぜこんなに少ないのでしょうか。

 

はじめてのプロ野球 関羽

 

原因の1つは、関羽がずっと荊州(けいしゅう)にいたからです。劉備(りゅうび)劉璋(りゅうしょう)から益州(えきしゅう)を奪取した建安19年(214年)以降、関羽は荊州に残留して統治に専念しています。

 

五虎大将軍の関羽

 

つまり、関羽は荊州の責任者となっていたのです。責任者が簡単に戦場に出るわけにはいきませんからね。

 

羅貫中と関羽

 

もう1つの原因は、関羽の性格ではないかと考えられます。

 

関羽の性格を簡単に表すと次のようになります。

 

(1)下っ端の兵士には優しい

(2)同列の将軍や文官には傲慢(ごうまん)な態度をとる

 

特に(2)が問題です。

 

関羽

 

かつて、馬超(ばちょう)が加入した時に、その存在が気になったので諸葛亮(しょかつりょう)に手紙で尋ねました。

 

考える諸葛亮孔明

 

諸葛亮は関羽のプライドを傷つけない程度に、上手に返信を書きました。喜んだ関羽は、その手紙を来客に見せて自慢していたのです。

 

暴れる関羽

 

また、黄忠(こうちゅう)が関羽と同列する人事の話をした時は、ガチ切れした話も残っています。

 

「アホの基本は、見栄っ張りだよな」

・・・・・・『闇金ウシジマくん』のセリフです。ちょっと古くて分からなかったですか。

 

本当にこのセリフと一緒です。

 

関羽に見惚れる赤兎馬

 

関羽の性格は見栄っ張りです。下っ端の部下にだけ外面良くて、同僚の間では評判が最悪というタイプです。読者の皆さんの学校や会社にも1人はいると思われます。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

おそらく、劉備と諸葛亮は関羽の性格を知っていたので、あまり実績を挙げさせなかったのだと思います。だって挙げれば調子に乗るし、同僚は馬鹿にするはずですから・・・・・・

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上、関羽の実績についての記事でした。

関羽ファンにとっては、最悪の記事ですが、そこはお許しください。

 

※参考文献

三国志 きらめく群像 (ちくま文庫)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽と張飛はどんな出会い方をしたの?正史三国志と三国演義を比較してみた

関連記事:関羽千里行が可能だったのはカバだから?カバは身体能力的に赤兎馬たりうるか?【HMR】

 

【神怪伝奇の虚構文学】
はじめての列子

 

【動画】関羽雲長が同時代に尊敬していた敵将軍

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 蒼天航路 丁奉は蒼天航路では可愛い女の子?丁奉の仲いい人は化け物は?
  2. 董卓 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  3. 劉禅と董允 劉禅は凡人?それとも偉人なの?蜀漢2代目皇帝を徹底検証
  4. 南蛮 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  5. 五斗米道の教祖・張魯 劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?
  6. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの?
  7. 朱然と陸遜 朱然って夷陵の戦いでどんな活躍をしたの?
  8. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 荀彧 怒る
  3. 病気がちな孔明
  4. 平野国臣
  5. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮
  6. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  7. 賈詡と曹操と張繍

おすすめ記事

  1. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」
  2. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  3. 2020年東京五輪のメリットは?経済効果や日本文化PRなど利点を紹介 オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  4. 何で日本人は三国志が好きなの? 三国志の主人公・劉備
  5. 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売開始
  6. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

三國志雑学

  1. 法正と劉備
  2. 司馬懿と曹操
  3. 黄巾賊を退治する曹操
  4. 後宮にいる美女の階級事情
  5. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孟達を討伐する司馬懿
  2. 武田騎馬軍団 馬場信春
  3. 賈詡(賈ク)
  4. ゆるい許褚

おすすめ記事

水滸伝って何? 本当は怖い『水滸伝』実は残酷でメンタルやられる四大奇書 黄忠の様子を見に行く趙雲 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの? 曹操は褒め上手 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない 曹嵩 曹操の兄弟と父の曹嵩はやっぱり英雄の血を引いていたの? 金持ちってけっこうケチ?あの曹操もドケチで有名だった! 過労死する諸葛孔明 【有料記事】費禕は諸葛亮の後継者ではなかった!【歴史の盲点】 劉備と曹操 どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】 ピストルを乱射する坂本龍馬 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP