高順が鎮圧した郝萌の反乱の真の首謀者は袁紹・張楊だった?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

郝萌の反乱の真の首謀者(1P目)


反乱にはウラがある?

袁術

 

この反乱にはウラがあると私は考えています。曹性は袁術のゴー・サインで行ったと言っていますが、私は違うと考えています。理由は後述します。

 

呂布に従う陳宮

 

さて不思議なことに、呂布が「反乱の計画を立てたのは誰と誰だ?」と聞いても曹性は陳宮1人しか答えていません。それどころか計画立案者の陳宮には一切、処罰無し。その理由は軍の大将だから・・・・・・全く理解が出来ません。

 

呂布は計画立案者が陳宮以外にも存在していたのが、分かっていたのに尋ねたのではないでしょうか?

 

呂布に暗殺される董卓

 

探る手掛かりは郝萌の出身地にあります。初平3年(192年)に董卓を殺害した呂布は袁術(えんじゅつ)袁紹(えんしょう)に保護を求めますが、大して相手もされず、逆に殺されそうになります。呂布が次に頼ったのは河内太守の張楊(ちょうよう)でした。


呂布暗殺指令

李カク(李傕)

 

張楊は呂布と同じ幷州出身です。呂布が張楊を頼ったのは同郷関係というものでした。ところが、張楊は董卓軍残党の李傕(りかく)郭汜(かくし)から勅書をもらっていたのです。

同年小録(書物・書類)

 

中身は呂布暗殺指令です。朝廷からの命令なので、従うのが義務。張楊と部下たちは呂布を殺そうとしました。

 

先述した『英雄記』という書物によると呂布は張楊たちの行動に勘付いていたいたらしく、「自分を殺せば同郷人を殺したと世間から非難を受けるぞ。ならば、私を李傕・郭汜に売ったらどうだ?」と脅しをかけました。世間体のことを言われた張楊は、さすがに気まずくなり呂布を保護することになりました。


郝萌は張楊配下だったか?

曹操を裏切る陳宮

 

興平元年(194年)に呂布は張邈(ちょうばく)陳宮(ちんきゅう)からの誘いで曹操(そうそう)の領地である兗州を奪うことにします。そこで張楊のもとを立ち去りました。私の推測なのですが、この時に張楊は兵士を呂布に分けたと思われます。きっと、その中に郝萌がいたと思われます。

 

邪道妖術の類を好んだ李カク(李傕)

 

郝萌は李傕・郭汜からの命令である呂布暗殺の実行役として選ばれた人物だったのです。だが、計画は高順の奮戦と配下である曹性の裏切りにより失敗・・・・・・

献帝を保護する曹操

 

また、反乱を起こした建安元年(196年)には依頼人である李傕・郭汜も曹操が後漢(25年~220年)第14第皇帝献帝(けんてい)を保護したことで没落。張楊が同郷人である呂布を狙う必要はなくなったのです。


暗殺のゴー・サインを出したのは袁紹だった?

袁紹

 

さて、私は暗殺にゴー・サインを出したのは袁術とは違うことを言いました。なぜなら私は袁紹(えんしょう)と考えています。

 

袁術と袁紹

 

それは呂布の命を狙っていたのは袁術よりも袁紹の方だったからです。呂布は張楊のもとに来る前に袁紹に保護を求めますが、態度がよろしくなかったので袁紹から刺客を向けられた過去がありました。また、張楊は袁紹系の軍閥の1人であり、袁紹から依頼されてもおかしくないと推測されます。

 

袁術

 

「でも、史料には袁術と書いているぞ!」と言いたい人もいるかもしれません。おそらく、それは「誤写」と思います。

 

晋の陳寿

 

著者の陳寿(ちんじゅ)が執筆した当初は袁紹と書かれておりその後、様々な人が転写するにつれて「袁術」と誤写した可能性があると考えています。昔の史料は手書きであり、誤写はよくありました。実際に現在出版されている翻訳本の正史『三国志』も誤写している地名をそのまま翻訳しています。だから私は暗殺のゴー・サインを出したのは袁紹と考えています。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

先日、Youtubeにアップされた「呂蒙の本当の後継者」という話で私は朱然(しゅぜん)を呉の四姓の1人と解説しました。

 

 

翌日、動画のコメントを読んでいると視聴されたモッチー様から以下のコメントが届いていました。

 

〝呉の四姓だった朱氏は朱桓の家の方。朱然と養父となった朱治は丹陽郡出身で呉郡の出身ではない。〟

 

スイマセン、逆で覚えていました。モッチー様、ご指摘ありがとうございました。今後も何かありましたら、ご指摘をお願いしたします。

 

文:晃

※参考文献

・石井仁「都督考」(『東洋史研究』51-3 1992年)

・林田慎之介『人間三国志 豪勇の咆哮』(初出1989年 後に集英社文庫 1992年)

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。この記事以外のことでも、何か気になることがあったら気軽にコメントしてください。お答え出来る範囲でしたら回答いたします。

 

関連記事:高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将

関連記事:報われなかった稀代の軍師陳宮をわかりやすく紹介

関連記事:【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 自分は天才肌だと勘違いする鍾会
  2. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜
  3. 三国志の雑学

    保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  4. 関羽の呪いで殺される呂蒙
  5. 劉備
  6. マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP