台湾には関帝廟が100個以上ある?台湾って三国志が人気なの?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

台湾の関帝廟(1P目)




伝統的な建築様式で作られた「鹿港鎮文武廟」

 

台中よりさらに南へ行くと彰化(しょうか)という場所があり、その郊外には県の三級古蹟(こせき)に指定されている鹿港鎮文武廟(ろっこうちんぶんぶびょう)があります。建立は1806年と古く、最初は文昌帝君(ぶんしょうていくん)を祀る文祠があるだけでしたが、その5年後に関羽を祀る武廟が建てられ文武廟という形式になりました。

 

また、漢民族の伝統的な建築様式である三合院(さんごういん)で作られているのが大きな特徴。その建築美だけでも一見の価値があります。

 

関連記事:曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

関連記事:関羽の多すぎる異名を中国の三大宗教、民間信仰毎にまとめました




劉関張が揃っている「嘉邑鎮天宮」

桃園の誓いをする劉備、張飛、関羽

 

田舎町の嘉義(かぎ)という場所には屋根の上に劉備(りゅうび)、関羽、張飛(ちょうひ)の像が立ち並ぶ嘉邑鎮天宮(かゆうちんてんぐう)があります。主殿で祀られているのはいつメンの関羽、関平、周倉ですが、面白いのは劉備と張飛の像があるだけでなく、主殿の隣に赤兎馬(せきとば)を祀っている場所があることです。

 

赤兎馬

 

関帝廟は数多くありますが、赤兎馬まで祀る場所は多くありませんし、ここでは赤兎馬の像も立っているので、筆者のような赤兎馬ファンには特におすすめの場所となります。

 

関連記事:赤兎馬(汗血馬)は西域産?それとも南蛮産?赤兎馬の産地考察

関連記事:赤兎馬はポニーレベル?ちっちゃくてもパワフルな名馬




国家指定の一級古蹟「祀典武廟」

関帝廟で関羽と一緒に祀られる周倉

 

台南は台湾の古都であり、歴史的な建築物も数多く残っている場所で、祀典(してん)武廟もその一つ。建立されたのは1665年頃という記録があり、現在では国の一級古蹟に指定されています。

 

こちらも関羽だけでなく恋愛を司る月老が祀られているので、結婚祈願や恋愛成就を目的として訪れる人も少なくありません。台南の観光名所である赤崁樓(せきかんろう)にも非常に近いので、観光のついでに足を運べるお得なスポットと言えるでしょう。

 

関連記事:三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー

関連記事:関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」

 

台湾における三国志人気

三国志演義_書類

 

台湾は近代になって福建省(ふっけんしょう)など中国南部から流れてきた移民が多くいます。関帝廟をはじめ台湾における中国文化は、そうした移民が進む中で持ち込まれたものが大多数です。

 

また、現在の台湾人は原住民の家系を除けば、移民をしてきた人たちの末裔が多く、彼らは漢民族としての価値観や誇りを持っています。そうした人たちにとって三国志は他国の歴史ではなく自分たちの祖先の歴史です。

 

張飛の虎髭

 

関羽人気の高さは中国と同じですが、中には責任者の意向で劉備や張飛を祀る場所もありますし、儒教的な考えから尽忠報国に徹した諸葛亮や趙雲を神様とする場所もあります。近代では日本と同じように二次創作物が増えた関係で、それまで以上にコアなファンが増えています。

 

関連記事:【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?

関連記事:三国志を「新解釈」したらイケメン俳優を割り当ててほしい武将

 

三国志ライターTKのひとりごと

TKさん(三国志ライター)

 

筆者が初めて行ったのは大阪の関帝廟です。修学旅行の際にこっそり個人行動をして、地図とにらめっこしながらやっとの思いでたどり着きました。そこから時を経て台湾の行天宮を訪れるのですが、駅から近いので迷いませんし、街中にある小さな寺廟にさえ関羽が祀られているのであまり感動もありません。

 

ただ、中には趙雲や赤兎馬など他とは違う対象を祀っている場所もあるので、台湾にある関帝廟を訪れる際は事前に調べてから訪問すると楽しみも増えるのではないでしょうか。

 

関連記事:横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適?

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

 

【知りたい人物の出身地ガイド】
三国志主要人物の出身地図

 




< 1

2

関連記事

  1. 蔣琬(しょうえん)
  2. 曹仁
  3. 劉備を支援する麋竺
  4. 劉備に褒められる趙雲
  5. ヒゲが美しい関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP