孫権はどうして関羽の首を塩漬けにして曹操に送ったの?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

関羽の首(1P目)




関羽の首で得たもの

関羽の死

 

曹操から承諾を得た孫権は盟約に従って背後を脅かすと関羽の退路を断ち、その身を捕らえて処刑します。そしてその首を曹操に送り、しっかりと約束を果たすよう促したのです。

 

孫権と三国アヒル

 

関羽の首と引き換えに正式に荊州刺史と驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の地位を獲得した孫権は、漢王朝復興計画を一歩前と進めたのです。ただ、自らの計画の礎となった関羽にせめてもの敬意をということで残った身体は丁重に葬りました。

 

関連記事:漢王朝はいつ始まり、いつ終わったの?

関連記事:漢王朝の立役者?法正の死因とはいったい何だったのか考えてみよう




将軍位を得た理由

海上での戦いの孫権

 

孫権は赤壁の戦いの後に劉備の上奏によって車騎将軍(しゃきしょうぐん)に任じられました。ただ、普通に考えれば曹操が認めるはずがないので、漢王朝から得た正式な官位ではなかった可能性があります。

 

本来、車騎将軍や驃騎将軍といった二品官の将軍位は幕府を開く権限があるのですが、漢王朝復興を掲げる孫権にとっては正式な将軍位こそが最も重要だったのです。

 

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

それによって反董卓(とうたく)連合軍のように反乱分子と迎合して曹操包囲網を敷くこともできたかもしれませんし、仮に劉備と天下を二分した場合も「自称」の漢中王よりも孫権の方が影響力が持てることは間違いありません。

 

関連記事:【衝撃】反董卓連合軍が壊滅したのは内輪もめが原因ではない

関連記事:反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】




孫権の誤算

皇帝に就任した曹丕

 

孫権にとって意外だったのは曹操が早くに没したこと、そして曹丕(そうひ)がすぐに皇帝に即位したことでしょう。その結果、驃騎将軍の位は形骸化し、漢王朝復興プランも潰えました。

 

皇帝になることを決意する孫権

 

その後も孫権は時勢を見ながら魏、蜀と同盟相手を乗り換えながら名声を高めていき最終的に臣下たちの推薦もあって皇帝に即位します。

 

関連記事:孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話

関連記事:孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?

 

三国志ライターTKの独り言

TK(ライター)

 

ここにも様々な思惑があったのかもしれません。以上はあくまでも筆者の想像ですが、孫権になんらかの思惑がなければ関羽は斬首だけで終わるか、首や遺体は劉備のもとに送っていたでしょう。そうなればその後の展開も変わっていたのかもしれません。

 

関連記事:どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?

関連記事:蜀滅亡のスタートである呉との不和について語る

関連記事:荊州はどれだけ重要な土地だったの?関羽の死から始まる蜀の崩壊を考察

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 




< 1

2

関連記事

  1. 荊州争奪戦
  2. 費禕
  3. 白い象に乗っている木鹿大王(南蛮族)
  4. 劉備に褒められる趙雲
  5. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP