諸葛亮は天下三分の計を諦めた?荊州の関羽を見殺しにしたのはなぜ?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

関羽を見殺し(1P目)




2、3ヶ月もあれば準備はできたのではないか?

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

戦争の準備がどれほど大変なものなのか想像が難しいのですが、兵士だけでなく兵糧の手配や武器の用意、そしてそれらを用意するお金の準備を考えると2、3ヶ月はギリギリだったのではないでしょうか。

 

劉備とともに呉を攻めまくる馮習

 

参考例として劉備が夷陵(いりょう)の戦いに赴いた際、号令をかけたのが4月で出兵をしたのが7月、つまり3ヶ月を要しているわけです。

 

ブチギレる劉備

 

この場合は大規模な遠征だったので、普段よりも準備期間が長かった可能性と劉備が急かした可能性どちらも考えられるものの、救援部隊の編成であればもう少し短い時間で準備ができるようにも思います。

 

関連記事:夷陵の戦いで敗北した劉備は呉と再戦するつもりだった?敗戦後の劉備を考察

関連記事:夷陵の戦いで出てくる劉備の陣形の問題点ってなに?陣形は不適格だった?

関連記事:蜀が夷陵の戦いで敗北したことによってどんな影響を受けたの?




諸葛亮の誤算

孔明

 

諸葛亮は非常に有能な人物ではありますが、人を見る目はあまりないように思えます。

 

馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明

 

街亭(がいてい)での馬謖(ばしょく)の失敗は特に有名ですが、李厳(りげん)廖立(りょうりつ)はいい加減な面があることを知りつつも重役を任せたり、

 

楊儀と魏延

 

高く評価をしている他、楊儀(ようぎ)魏延(ぎえん)の仲が悪いことにも手を打たず禍根を残したまま死んでいます。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

つまり、人がどう動くかの予想が甘いということ。そうすると諸葛亮は援軍の準備はしていたものの、関羽が予想よりも早く捕らえられてしまい間に合わなかったのかもしれません。

 

孟達

 

例えば、上庸(じょうよう)孟達(もうたつ)が援軍を送るだろう、荊州の各城が関羽を支援するはずだからすぐには落ちないだろうと計算していた。

 

孟達と劉備

 

ところが、孟達は援軍を送らず、宜都の樊友(はんゆう)の降伏を皮切りに周囲の城が続々と陸遜に降り、あっという間に関羽の退路はなくなってしまったなどです。

 

関連記事:孟達と関羽がいなくても劉封は劉備に処刑される運命だった?

関連記事:孟達の死因は司馬懿を甘く見たからだった!その理由を考察

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?




三国志ライターTKのひとりごと

TKさん(三国志ライター)

 

筆者は学生時代に丞相ポジションになりたくて副会長や副委員長などサブポジばかりを狙っていた厄介な諸葛亮ファンです。そして、それ以上に関羽も好きなため、諸葛亮が援軍を送らなかった件は腑に落ちていませんでした。

 

敗れる関羽雲長

 

また、世の中には関羽を見捨てた説も少なくないので、こういった説を考えてみたわけですが、実際に諸葛亮が荊州を捨てるような作戦を考えるとは思えません。それよりも計算違いだったという方がしっくり来るのですが、皆様はいかがでしょうか?

 

関連記事:関羽は権謀術数に長けた謀略家?武力の強さは創作?

関連記事:孫権はどうして関羽の首を塩漬けにして曹操に送ったの?

関連記事:関羽はどうして人気になったの?どんなところが魅力?

 

【義に生きた武人・関羽】
関羽

 




< 1

2

関連記事

  1. 関羽が大好きすぎる曹操
  2. 五関六将破りを行う関羽
  3. セクシーすぎる塩商人だった関羽
  4. 関羽と関索
  5. 関帝廟で関羽と一緒に祀られる周倉
  6. 羅貫中と関羽

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 5月 18日

    使羽守下邳城、行太守事、而身還小沛。
    と関羽伝に書かれてます。
    これは劉備が劉豫州として小沛に入り、関羽は下邳に入り太守の代行をしたと言う記事ですが、見ての通り関羽は後詰めが担当なんです。そして劉備の蜀入りの時でも留守番の栄誉を賜ってます。
    前将軍になった関羽は節鉞を仮せられてるので独自の軍事行動権を得てました。まぁそれでも関羽の主任務は荊州防衛であって攻勢に出ることではなかった様に思います。
    この辺りが孔明にとって誤算だったんじゃないかな。孔明からしたら関羽は韓信のようになるんじゃないか?と感じたのかもしれませんね。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP