郭嘉が生きていれば赤壁の敗北は無かった?曹操に信頼された乱世の穎才とは?




 

若くして亡くなり、曹操は大いに悲しむ

曹操

 

袁家を滅ぼすと、中国北部はほぼ曹操の手中に入り、いよいよ荊州(けいしゅう)の攻略に曹操は乗り出します。

 

病死した郭嘉

 

しかし、その直前、郭嘉は鳥丸からの遠征から帰ったのちに病で急死してしまいます。

 

郭嘉が亡くなり悲しむ曹操

 

曹操は大いに悲しみ、他の武将たちに向かって「諸君は皆、私と同世代だが、郭嘉はとびぬけて若かった。天下を統一した際には後事を託すつもりだったのに、これも天命なのか。」と語ったといいます。

 

郭嘉

 

当時曹操は53歳で、側近の荀彧は45歳、荀攸(じゅんゆう)も51歳で、38歳で亡くなった郭嘉はかなり若かったのです。

 

関連記事:郭嘉の死因をあえて呪殺であったと仮定する!一番郭嘉を恨んでいた怨霊はだれ?

関連記事:どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる

 

【英雄の壮絶な人生・死生観をひも解く】
英雄の墓

 




 

曹操、赤壁で大敗してしまい、郭嘉を惜しむ

曹操に立ち向かう劉備と孫権

 

郭嘉の死後、曹操は荊州攻略に乗り出し、孫権(そんけん)、劉備の連合軍と戦う事になります。大軍をもって戦いに臨みましたが、疫病などに苦しめられ、結果的に大敗し、曹操の天下統一は遠のきます。

 

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

敗戦後、曹操は「郭奉孝が生きていれば、こんなことにはならなかったかもしれないな。」と嘆いたといいます。

 

関連記事:「魏書」「蜀書」「呉書」から読み取る赤壁の戦いの謎!実際の孔明は何も出来なかった?

関連記事:孔明の大きな見せ場、赤壁前の論戦!後々これが意外な方向に?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




 

陳羣による郭嘉の人物像

陳羣

 

怖いほど先の読める切れる男郭嘉ですが、どんな人物だったのでしょうか。正史「三国志」によると「模範的行動に欠く」ところが多々あり、度々高潔な人柄で有名だった「陳羣(ちんぐん)」に弾劾されています。

 

郭嘉の素行が悪いとキレる陳羣

 

また、三国志の著者「陳寿(ちんじゅ)」の評でも「とても優秀だが“徳”が無かった」と評されています。郭嘉の息子「郭奕(かくえき)」は「嫌いな人は草を見るように徹底的に軽く扱う」人物だったらしく、郭嘉もそんな感じの人物だったのかもしれません。

 

関連記事:陳羣への対応から分かる、郭嘉への曹操評価がおもしろい

関連記事:曹魏で三公までなった陳羣とはどんな人だったのか?

関連記事:【劉備の初軍師・陳羣】劉備が逃げられた陳羣と徐庶には共通点があった

 

【神算鬼謀なる知略で曹操の覇業を支えた郭嘉】
郭嘉特集

 

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

郭嘉はとても優秀な軍師で、初期の曹操を支えていました。もし郭嘉が長生きしていれば、あっという間に孫権も劉備も滅ぼされてしまったかもしれませんね。そう考えると、彼が生きていれば「三国志」は無かった、と言えるかもしれません。

 

関連記事:郭嘉とはどんな人?荀彧以上に曹操に愛された秘密【年表付】

関連記事:三国志演義の被害者「郭嘉と張遼」実は評価が抑えられている件

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

 




< 1

2

関連記事

  1. 郭嘉の素行が悪いとキレる陳羣
  2. 郭嘉と曹操は意気投合
  3. 早めに劉備を暗殺しようと曹操に献策する郭嘉
  4. 郭嘉

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 11月 22日

    注釈の郭嘉を疑う。
    ぶっちゃけますと郭嘉の逸話の7割近くが「傅子」からチョイスされたものです。傅子のネタをそっくり削ぎ落としてから郭嘉を見ると真の姿が見えてくるかもしれません

    この傅玄は司馬炎に近い人でした。そのため司馬氏に敵対した諸葛亮なんかを「葛亮」と呼んで蔑み、「葛亮は震えて死んだ」と馬鹿にしたような詩を残してるんですよ。
    ちなみに郭嘉の十の勝因ネタも傅子からのものです。この十の勝因ネタを鵜呑みにすると言う事は「葛亮は震えて死んだ」も正史として肯定しないとならない。

    あと劉陶が司馬氏に楯突いた時も傅玄は父の劉曄を「発狂死した」と悪意を込めて書き綴ってます。
    もぅね色んなところで毒を吐いてる傅玄の話なんかは信用できませんよ。

    何というか普通に傅子は信用出来ない書なのにそれを知らない三国志ファンが鵜呑みにしてるこの現状。
    そろそろ誰が教えてやらないといけないと思いますよ。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP