もし関羽が生き残って北伐に参戦していたら?さしもの司馬懿もうろたえる(かもしれない)蜀漢の最強北伐チームを想像する!


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

北伐する孔明

 

諸葛亮(しょかつりょう)の北伐は不要なことだった」などと言う人もおりますが、それについてまずはヒトコト。

 

北伐でやりあう曹叡vs孔明

 

現代のような国境のある程度定まった時代ならばともかく、古代中国の食うか食われるかの世界では、「天下統一レースから脱落した国は滅ぼされるか、早めに降伏するかしかない」のが前提と思います。

 

呉の諸将を論破する諸葛亮孔明(セリフなし)

 

そして蜀漢は「漢王朝の復興」という大義名分を抱えていた為、降伏する道は存在しない。いちかばちかでも、最期まで魏(のちに晋)に挑戦し続ける他ありませんでした。

 

天下三分の計を唱える諸葛亮孔明

 

それに「無茶」と言われる諸葛亮の北伐も、実は目的意識がとても明確でした。魏をいきなり滅亡させることではなく、「長安を取る」こと。長安を占領してしまえば、いっきに蜀漢が「正統の王朝」として天下に号令をかけられる。

 

藤甲兵に地雷火を仕掛けた諸葛亮孔明

 

ここにターゲットを絞った、「蜀の国力すべてを賭けた乾坤一擲(けんこんいってき)の賭け」という意味がありました。そしてなるほど漢中をとっている以上、長安だけを目標とするなら、あと一歩に来ている。では、あと一歩、何が足りなかったのか?

 

青龍偃月刀を持つ関羽

 

「人材難が敗因だった」とは、よく言われます。それならば、たとえば、「もし荊州(けいしゅう)を巡る戦いで関羽(かんう)が死んでおらず、関羽や関平(かんぺい)、周倉らがことごとく北伐の際に投入できる状況だったなら?」とイフ展開を考えてみましょう!

 

すなわち、「北伐の際に関羽が存命だったら、どういう布陣で長安奪取に向かった」のでしょうか?

 

 

そもそ も北伐プランは「三国鼎立論」の必然的結果だった?

三国志の武器 木慢 関羽

 

「関羽さえいれば、もしかしたら長安奪取の可能性はあったのでは?」そう考える根拠が、ひとつあります。諸葛亮孔明による有名な「三国鼎立論(さんごくていりつろん)」自体、別に「中国を魏・呉・蜀で仲良く分けて共存しましょう」という平和的な発想ではなく、最初から「三国鼎立の形をとることで、魏を倒すチャンスを作る」と考えていた周到な戦略だった筈という点です。

 

四輪車に乗る孔明

 

つまり、諸葛亮にとって「三国鼎立状態」を確立することはあくまで戦略の前半であり、「魏・呉・蜀の三国で天下を分けた後で、魏をじりじりと追いつめる」ことが戦略の後半でした。そしてその孔明(こうめい)の戦略において重要なキーワードが、「長安攻略ルートの確保」でした。

 

関連記事:劉備が天下統一できなかった3つの理由

関連記事:諸葛亮は天下三分の計を諦めた?荊州の関羽を見殺しにしたのはなぜ?

 

関羽

 

 

 

長安奪取のために絶対に必要だったのは漢中だけでなく荊州も!?

魏延と孔明

 

ここでいう長安攻略ルートとは、実際に孔明が採用した「漢中からのルート」だけではありません。

 

挑発する諸葛亮孔明

 

孔明にとって本当に大事だったのは、彼が住んでいた土地でもある荊州からの北上ルート。つまり孔明の真の作戦プランは、「漢中と荊州の双方から軍を北上させ、長安を挟撃(きょうげき)すること」でした。

 

考える諸葛亮孔明

 

そしてその際には、荊州出発隊の指揮は関羽に任せる想定だったのでしょう。長安奪取というポイントに絞った精密なプラン。これが諸葛亮の深謀(しんぼう)だったとなると、史実において、呉に荊州を取られた上に関羽を殺されてしまったことは、諸葛亮の大戦略を根本から崩壊させてしまった衝撃だったわけです。

 

孔明

 

「なんという余計なことをしてくれたんだ孫権(そんけん)!」というのが諸葛亮の本音だったことでしょう。

 

関連記事:法正とはどんな人?劉備に漢中をプレゼントした謀主【年表付】

関連記事:馬超のせいで劉備は漢中王に即位したって本当?

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

 

関羽が生きていた場合の北伐チームを想像してみた!

関羽

 

では、もし関羽が生きていたら、北伐はどういう形になっていたか?

 

男気溢れる趙雲

 

まず本隊にあたる漢中出発隊。こちらは史実の北伐部隊とあまり変わらず、諸葛亮、趙雲(ちょううん)馬謖(ばしょく)あたりがメインの指揮官でしょう。

 

弓の名人・黄忠

 

ただし、関羽が死ななかった世界では、夷陵(いりょう)の戦いもなかったはずであり、夷陵の戦いがなかったとすると、黄忠(こうちゅう)が存命だった可能性があります!

 

馬謖

 

馬謖の経験不足も、趙雲と黄忠という大ベテランが二人ついていれば、うまく補い、安定したのではないでしょうか?

 

周倉

 

いっぽう、荊州出発隊は、関羽一族と周倉(しゅうそう)廖化(りょうか)王甫(おうほ)といったところが名を連ねます。

 

馬良

 

馬良(ばりょう)との縁から、もしかしたら馬謖はこちらのチームに回ったかもしれませんが、荊州チーム側もベテラン揃いであり、馬謖を余裕をもって良い人材に育てられたことでしょう。

 

燃え尽き症候群の馬超

 

「しかし、これをやってしまうと荊州がガラアキになり、けっきょく孫権に虚をつかれるのでは?」という不安がありますが、ここについては、既に病に倒れている馬超(ばちょう)がギリギリ間に合うはず。

 

五虎大将軍の馬超

 

病気だということを隠して、馬超を荊州に入れておけば、そのネームバリューのインパクトで孫権もうかつには攻めてこないでしょう。この布陣が完成していれば、蜀にも勝ち目が多少は出てきていたはずです。

 

 

というのも、このような「二大チームによる挟撃」をかければ、当時の魏における最大のオオモノであるところの司馬懿(しばい)も、どちらか片方と戦い、もう一方を無視せざるを得なくなるからです!

 

司馬懿

 

もし司馬懿が諸葛亮軍と対陣すれば、関羽軍に当たる人材が問題となります。司馬懿が関羽軍の抑えに入れば、諸葛亮軍を誰か別の人材に任せなければいけません。

 

しかしそんな人材が司馬懿本人以外にいるか?

これにはさしもの司馬懿も頭を悩ませるハズ!

 

関連記事:馬超が長生きしていたら歴史は変わった?北伐のifストーリーを考えてみた

関連記事:関羽は馬超を敵視したのではなく利用した?関羽の荊州統治と北伐戦略

 

馬超特集

 

 

まとめ:それでも強力な司馬懿を倒すには、もう一人、生きていてほしい男がいる!

司馬懿

 

ただし、さるものの司馬懿。もしこうなったら、慌てることなく、まずは全力で関羽軍を潰し、そのあと超スピードで漢中側に戻って、孔明との決戦に持ち込むという思い切った戦略を採用してくるかもしれません。

 

司馬懿

 

その場合は、司馬懿VS関羽の対決が北伐第一ラウンドとなり、ここでいかに関羽が司馬懿を引きつけ時間を稼げるかが、蜀の運命を決します。ですが、うーん、そうなると、関羽軍にも司馬懿と対抗できる軍師タイプの人材がもう一人は欲しい!

 

ポイント解説をするYASHIRO様

 

ここでいい男を思い出しました!

 

的盧に乗る龐統

 

北伐が成功するためには関羽が生き残っているだけではなく、かの「臥龍鳳雛(がりょうほうすう)」の一角、龐統(ほうとう)が生き残っていてほしい!

 

策略が得意な龐統

 

つまり、北伐の第一ラウンドを、司馬懿VS関羽のガチンコではなく、司馬懿VS関羽と龐統のタッグとする!

 

関連記事:龐統と法正は協力し劉備の蜀獲りに参加していた?その役割分担に迫る!

関連記事:龐統が生きていたら関羽の寿命は縮んでいた?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

 

三国志ライターYASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

これだけの準備があれば、北伐もかなりいい線にいけたのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

 

龐統と孔明を手に入れた劉備

 

「関羽も生きていて、さらに龐統も生きていれば」となると相当贅沢な「イフ」ですが、そんな蜀漢の最強布陣、見てみたかった!

 

関連記事:関羽はどのようにして曹操の元から離れたの?

関連記事:関羽の死は徐晃の暴走が招いた?曹操が考えた本来の計画とは

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
YASHIRO

YASHIRO

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。 好きな歴史人物: タレーラン(ナポレオンの外務大臣) 何か一言: 中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

-if三国志
-, , ,