ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」

三国志 4コマ ゆるキャラ

 

 

 

東方明珠による補足:

東方明珠 三国志

 

 

三国志の武将には、あだなを持つ人が何人もいます。

有名なところでは、

「水鏡先生」(すいきょうせんせい)と呼ばれた司馬徽(しばき)や

「白眉」(はくび)と呼ばれた馬良(ばりょう)

「小覇王」(しょうはおう)と呼ばれた孫策(そんさく)などが挙げられます。

 

 

なんとなく耳にするとかっこよく聞こえますが、

実際のところ現代語訳してみると、意外と面白かったりします。

 

 

 

■水鏡先生のアダ名の由来は?

水鏡先生

たとえば「水鏡先生」の「水鏡」は

水がありのままの姿を映すように、物事の本質をよく見極める模範的な人を

意味します。

 

「先生」は現代の「~さん」といったところです。

というわけで「先見の明ありさん」と意訳してみます。

 

司馬徽=「先見のメアリーさん」

いいあだなですね。

 

 

関連記事:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?

 

 

馬良の白眉(はくび)は?

馬良(眉白)

「白眉」どうでしょうか。

馬良は生まれつき眉毛が白かったので人々は彼を「白眉」と呼びました。

彼は五兄弟の中で最も優秀で抜きんでていたために、のちに「白眉」という言葉は

最も優れていることを指すようになります。

とはいえ、白眉は白眉。

 

みんな「シロマユゲ」と読んでいたわけです。

馬良=「マユゲ」

 

なんだか武将をいじっているような気分になってきました。

 

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

 

 

小覇王の孫策は?

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

 

さて「小覇王」ですが、

楚の項羽を「覇王」と呼んだことにちなんで、わずか数年で江東を制した孫策

「小覇王」と呼ばれました。

 

何でしょう。

直訳すると、「項羽もどき」になりますね。

 

ちなみに「小」は小さいという意味合いよりも若いという方がしっくりきます。

そこで意訳してみました。

 

孫策=「若旦那」

 

こんなところでいかがでしょうか。

 

 

 

以上のノリで、作成してしまった4コマ漫画「あだな」です。

かなりの意訳が入っていますので、少しだけフォローさせていただきます。

 

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

関連記事:孫策、後事を孫権に託して病没する

 

 

 

 

■イケメン周くん

周瑜 孫策

周瑜(しゅうゆ)のあだな「美周郎」を訳してみるとそんな感じになります。

街の娘さんたちから、

 

「イケメン周くーん!」

 

と呼ばれるのは果たして嬉しかったのか恥ずかしかったのか……。

周瑜=「イケメン周くん」

 

 

 

関連記事:周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

 

 

 

■白馬王子

公孫攅と劉備

 

公孫瓚(こうそんさん)のあだな「白馬将軍」を意訳しました。

もともとは、公孫瓚が「白馬義従」と呼ばれる白馬のみで構成された

精鋭部隊を率いていたことからつけられたあだなです。

 

しかしながら「白馬と言ったら王子様じゃないか!」という

私の勝手なこだわりにより、「白馬王子」と呼ばせていただきました。

公孫瓚=「白馬王子」

 

 

 

 

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

 

 

■ひよっこ&ひきこもり

龐統2

龐統(ほうとう)のあだな「鳳雛」(ほうすう)と

諸葛孔明(しょかつこうめい)のあだな「伏竜」(ふくりゅう)です。

 

「鳳雛」は霊獣である鳳凰(ほうおう)のひなですから、

将来すぐれた人物になる人のことです。

 

「伏竜」は池の中にひそんで昇天の時を待っている竜ですから、

これも隠れている優れた人物をさします。

 

ですが、はい、面白おかしく直訳しました。

龐統=鳳凰のヒナ=「ひよっこ」

孔明=ひそんだ竜=「ひきこもり」

 

 

関連記事:『鳳雛』と呼ばれたブサメン軍師、龐統

関連記事:孔明とは頭脳以外全て正反対、龐統士元

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:諸葛孔明の影に隠れる劉備

 

 

 

 

■ヒゲ

曹操は関羽をGET

関羽(かんう)は美しいひげを生やしていたことから

「美髯公」(びぜんこう)と呼ばれていました。

 

諸葛孔明などは関羽のことを「髯殿」(ひげどの)と読んでいたそうです。

美しいヒゲはダンディーな男の証だった時代ですから、

誰もが関羽のヒゲ姿を立派と思っての発言だったのです。

 

しかし……現代語に訳してみると「ヒゲ」

 

みんなから「おい、ヒゲ」と呼ばれる関羽を想像すると

なんだかシュールな気分になってしまいました。

そんなわけで、この4コマは生まれました。

関羽=「ヒゲ」

 

 

この4コマ漫画を書いた人:よりぶりん

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~

 

 

関連記事

  1. 袁紹VS袁術(犬猿) 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  2. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  3. 孔明 郭嘉 周瑜 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!
  4. 卞夫人 曹操 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  5. 成廉、魏越、呂布 オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑
  6. 趙雲 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!…
  7. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  8. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム45
  2. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  3. 兵を率いる諸葛融
  4. 立花宗茂
  5. はじめての三国志
  6. 徳川斉昭
  7. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  8. 曹操
  9. 金栗四三の足袋 いだてん

おすすめ記事

  1. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え 海上での戦い08 衛温、諸葛直
  2. 荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの? 光武帝を解説する荀彧
  3. 劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備
  4. 月刊はじめての三国志2019年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家
  5. 井伊直弼と井伊直虎家督相続で苦労した二人の共通点
  6. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!? アハルテケ

三國志雑学

  1. 蒋琬(しょうえん)
  2. 陸遜
  3. 孔明
  4. ミニチュアで遊ぶ董卓


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 後継者争い 劉協と劉弁
  2. 司馬懿
  3. 五虎大将軍の趙雲
  4. 孔明VS曹操
  5. 張飛
  6. お酒が強い篤姫

おすすめ記事

夏侯覇 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将 孔子 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる! 平野国臣 平野国臣の銅像を見に行こう、その人生の最後はどんなだった? 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ 【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの? 坂本龍馬チビ説 坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの? 曹丕 曹丕はけっこうグルメだった!?蜀の食文化にも食いつく! 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP