呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」

三国志 4コマ ゆるキャラ

 

 

 

東方明珠による補足:

東方明珠 三国志

 

 

三国志の武将には、あだなを持つ人が何人もいます。

有名なところでは、

「水鏡先生」(すいきょうせんせい)と呼ばれた司馬徽(しばき)や

「白眉」(はくび)と呼ばれた馬良(ばりょう)

「小覇王」(しょうはおう)と呼ばれた孫策(そんさく)などが挙げられます。

 

 

なんとなく耳にするとかっこよく聞こえますが、

実際のところ現代語訳してみると、意外と面白かったりします。

 

 

 

■水鏡先生のアダ名の由来は?

水鏡先生

たとえば「水鏡先生」の「水鏡」は

水がありのままの姿を映すように、物事の本質をよく見極める模範的な人を

意味します。

 

「先生」は現代の「~さん」といったところです。

というわけで「先見の明ありさん」と意訳してみます。

 

司馬徽=「先見のメアリーさん」

いいあだなですね。

 

 

関連記事:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?

 

 

馬良の白眉(はくび)は?

馬良(眉白)

「白眉」どうでしょうか。

馬良は生まれつき眉毛が白かったので人々は彼を「白眉」と呼びました。

彼は五兄弟の中で最も優秀で抜きんでていたために、のちに「白眉」という言葉は

最も優れていることを指すようになります。

とはいえ、白眉は白眉。

 

みんな「シロマユゲ」と読んでいたわけです。

馬良=「マユゲ」

 

なんだか武将をいじっているような気分になってきました。

 

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

 

 

小覇王の孫策は?

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

 

さて「小覇王」ですが、

楚の項羽を「覇王」と呼んだことにちなんで、わずか数年で江東を制した孫策

「小覇王」と呼ばれました。

 

何でしょう。

直訳すると、「項羽もどき」になりますね。

 

ちなみに「小」は小さいという意味合いよりも若いという方がしっくりきます。

そこで意訳してみました。

 

孫策=「若旦那」

 

こんなところでいかがでしょうか。

 

 

 

以上のノリで、作成してしまった4コマ漫画「あだな」です。

かなりの意訳が入っていますので、少しだけフォローさせていただきます。

 

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

関連記事:孫策、後事を孫権に託して病没する

 

 

 

 

■イケメン周くん

周瑜 孫策

周瑜(しゅうゆ)のあだな「美周郎」を訳してみるとそんな感じになります。

街の娘さんたちから、

 

「イケメン周くーん!」

 

と呼ばれるのは果たして嬉しかったのか恥ずかしかったのか……。

周瑜=「イケメン周くん」

 

 

 

関連記事:周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

 

 

 

■白馬王子

公孫攅と劉備

 

公孫瓚(こうそんさん)のあだな「白馬将軍」を意訳しました。

もともとは、公孫瓚が「白馬義従」と呼ばれる白馬のみで構成された

精鋭部隊を率いていたことからつけられたあだなです。

 

しかしながら「白馬と言ったら王子様じゃないか!」という

私の勝手なこだわりにより、「白馬王子」と呼ばせていただきました。

公孫瓚=「白馬王子」

 

 

 

 

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

 

 

■ひよっこ&ひきこもり

龐統2

龐統(ほうとう)のあだな「鳳雛」(ほうすう)と

諸葛孔明(しょかつこうめい)のあだな「伏竜」(ふくりゅう)です。

 

「鳳雛」は霊獣である鳳凰(ほうおう)のひなですから、

将来すぐれた人物になる人のことです。

 

「伏竜」は池の中にひそんで昇天の時を待っている竜ですから、

これも隠れている優れた人物をさします。

 

ですが、はい、面白おかしく直訳しました。

龐統=鳳凰のヒナ=「ひよっこ」

孔明=ひそんだ竜=「ひきこもり」

 

 

関連記事:『鳳雛』と呼ばれたブサメン軍師、龐統

関連記事:孔明とは頭脳以外全て正反対、龐統士元

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:諸葛孔明の影に隠れる劉備

 

 

 

 

■ヒゲ

曹操は関羽をGET

関羽(かんう)は美しいひげを生やしていたことから

「美髯公」(びぜんこう)と呼ばれていました。

 

諸葛孔明などは関羽のことを「髯殿」(ひげどの)と読んでいたそうです。

美しいヒゲはダンディーな男の証だった時代ですから、

誰もが関羽のヒゲ姿を立派と思っての発言だったのです。

 

しかし……現代語に訳してみると「ヒゲ」

 

みんなから「おい、ヒゲ」と呼ばれる関羽を想像すると

なんだかシュールな気分になってしまいました。

そんなわけで、この4コマは生まれました。

関羽=「ヒゲ」

 

 

この4コマ漫画を書いた人:よりぶりん

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~

 

 

関連記事

  1. 趙雲子龍 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?
  3. 悩む司馬炎 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動
  4. はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏
  5. 劉備 婿 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1
  6. 張飛のヨメ 張飛の妻は13歳!名門夏侯氏の娘、夏侯夫人
  7. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かり…
  8. ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 宋江(水滸伝)
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 孫武(ゆるキャラ)
  4. 木戸孝允
  5. 蒋琬(しょうえん)
  6. 環夫人
  7. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】ソウルフルボイス vs 怪人 初の対決!
  2. 二宮の変を考察!二宮の変は陸遜の殺害が目的だった? 孫権に煽られて憤死する陸遜
  3. 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?
  4. 象さんが最初に日本に来たのはいつ?【はじ三ヒストリア】
  5. 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍 徳川慶喜(幕末)
  6. 赤兎馬はどうして名馬?呂布の相棒の嘘のようなホントの話 赤兎馬

三國志雑学

  1. 徐庶
  2. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  3. 荒れる黄河
  4. 過労死する諸葛孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 逃げる夏侯覇
  2. 司馬懿
  3. 劉備とイチャイチャする孫尚香
  4. 元明天皇
  5. 程普
  6. 「燕」の旗を持った兵士

おすすめ記事

魏から蜀に下る姜維 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた! 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 織田信長 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」 君主論24 曹操 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた 典韋にボコボコにされる成廉 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!? スーパーDr華佗 スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・ 費禕 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP