はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」

三国志 4コマ ゆるキャラ

 

 

[adsense]
 

東方明珠による補足:

東方明珠 三国志

 

 

三国志の武将には、あだなを持つ人が何人もいます。

有名なところでは、

「水鏡先生」(すいきょうせんせい)と呼ばれた司馬徽(しばき)や

「白眉」(はくび)と呼ばれた馬良(ばりょう)

「小覇王」(しょうはおう)と呼ばれた孫策(そんさく)などが挙げられます。

 

 

なんとなく耳にするとかっこよく聞こえますが、

実際のところ現代語訳してみると、意外と面白かったりします。

 

 

 

■水鏡先生のアダ名の由来は?

水鏡先生

たとえば「水鏡先生」の「水鏡」は

水がありのままの姿を映すように、物事の本質をよく見極める模範的な人を

意味します。

 

「先生」は現代の「~さん」といったところです。

というわけで「先見の明ありさん」と意訳してみます。

 

司馬徽=「先見のメアリーさん」

いいあだなですね。

 

 

関連記事:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?

 

 

馬良の白眉(はくび)は?

馬良(眉白)

「白眉」どうでしょうか。

馬良は生まれつき眉毛が白かったので人々は彼を「白眉」と呼びました。

彼は五兄弟の中で最も優秀で抜きんでていたために、のちに「白眉」という言葉は

最も優れていることを指すようになります。

とはいえ、白眉は白眉。

 

みんな「シロマユゲ」と読んでいたわけです。

馬良=「マユゲ」

 

なんだか武将をいじっているような気分になってきました。

 

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

 

 

小覇王の孫策は?

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

 

さて「小覇王」ですが、

楚の項羽を「覇王」と呼んだことにちなんで、わずか数年で江東を制した孫策は

「小覇王」と呼ばれました。

 

何でしょう。

直訳すると、「項羽もどき」になりますね。

 

ちなみに「小」は小さいという意味合いよりも若いという方がしっくりきます。

そこで意訳してみました。

 

孫策=「若旦那」

 

こんなところでいかがでしょうか。

 

 

 

以上のノリで、作成してしまった4コマ漫画「あだな」です。

かなりの意訳が入っていますので、少しだけフォローさせていただきます。

 

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

関連記事:孫策、後事を孫権に託して病没する

 

 

 

 

■イケメン周くん

周瑜 孫策

周瑜(しゅうゆ)のあだな「美周郎」を訳してみるとそんな感じになります。

街の娘さんたちから、

 

「イケメン周くーん!」

 

と呼ばれるのは果たして嬉しかったのか恥ずかしかったのか……。

周瑜=「イケメン周くん」

 

 

 

関連記事:周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

 

 

 

■白馬王子

公孫攅と劉備

 

公孫瓚(こうそんさん)のあだな「白馬将軍」を意訳しました。

もともとは、公孫瓚が「白馬義従」と呼ばれる白馬のみで構成された

精鋭部隊を率いていたことからつけられたあだなです。

 

しかしながら「白馬と言ったら王子様じゃないか!」という

私の勝手なこだわりにより、「白馬王子」と呼ばせていただきました。

公孫瓚=「白馬王子」

 

 

 

 

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

 

 

■ひよっこ&ひきこもり

龐統2

龐統(ほうとう)のあだな「鳳雛」(ほうすう)と

諸葛孔明(しょかつこうめい)のあだな「伏竜」(ふくりゅう)です。

 

「鳳雛」は霊獣である鳳凰(ほうおう)のひなですから、

将来すぐれた人物になる人のことです。

 

「伏竜」は池の中にひそんで昇天の時を待っている竜ですから、

これも隠れている優れた人物をさします。

 

ですが、はい、面白おかしく直訳しました。

龐統=鳳凰のヒナ=「ひよっこ」

孔明=ひそんだ竜=「ひきこもり」

 

[adsense]
 

関連記事:『鳳雛』と呼ばれたブサメン軍師、龐統

関連記事:孔明とは頭脳以外全て正反対、龐統士元

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:諸葛孔明の影に隠れる劉備

 

 

 

 

■ヒゲ

曹操は関羽をGET

関羽(かんう)は美しいひげを生やしていたことから

「美髯公」(びぜんこう)と呼ばれていました。

 

諸葛孔明などは関羽のことを「髯殿」(ひげどの)と読んでいたそうです。

美しいヒゲはダンディーな男の証だった時代ですから、

誰もが関羽のヒゲ姿を立派と思っての発言だったのです。

 

しかし……現代語に訳してみると「ヒゲ」

 

みんなから「おい、ヒゲ」と呼ばれる関羽を想像すると

なんだかシュールな気分になってしまいました。

そんなわけで、この4コマは生まれました。

関羽=「ヒゲ」

 

[adsense]
 

この4コマ漫画を書いた人:よりぶりん

yoriburin

HN:

よりぶりん

自己紹介:

イラスト担当のよりぶりんです!大好きな三国志を壊さないように、ゆるく描けたかな?と思います。

『はじめての三国志』と言えば、このイラスト!と思って頂けるようにゆるく頑張ります!

好きな歴史人物:

呂布、前田 慶次
何か一言:

やっぱり劉備軍が描きやすいけど、馬騰一族も捨てがたいなぁ~

 

 

関連記事

  1. 蜀の劉備
  2. 曹昂(曹昴)
  3. 李儒と三国志(はてな)
  4. 旅 三国志

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP