春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

楚漢戦争

張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)

この記事の所要時間: 1018




張良

 

張良(ちょうりょう)は軍略・政治を学びます。

その後天下は乱れ張良も兵を集め、自らの君主を探す旅に出ます。

しかしどの群雄も彼のいう事に耳を貸すことはありませんでした。

そんな中一人の男と運命の出会いを果たし、彼に仕える事にします。

 

前回記事:張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




劉邦との出会い

劉邦 ヤンキー

 

張良は楚王として独立した景駒の元へ向かう途中、軍の一団を見つけます。

張良はその軍団の長に挨拶すべく軍営に赴きます。

彼は軍団の長と会ったイメージはだらしない感じですが、気品のある雰囲気を

漂わせた人物でした。

張良は軍団の長に挨拶した後、軍略や政治など色々な事を語ります。

そして張良は一つの決断を降します。

「あなたの軍の軍師として参加したいのですが、

よろしいでしょうか。」と軍団の長に告げます。

 

劉邦

 

軍団の長は少し驚きますが、彼の申し出を快く受け入れます。

この軍団の長こそ、後年項羽と激戦を繰り広げた劉邦(りゅうほう)です。

張良と劉邦はこうして運命的な出会いを遂げます。




進言した策を次々に採用

張良と劉邦

 

張良は景駒の元には行かず、劉邦の軍師として仕え、

数々の戦で策を進言します。

劉邦はためらわず彼の策を採用し、戦は連戦連勝。

彼の実力を怪しんでいた諸将も張良の献策により、戦に勝ち続けると、

彼を信用し、劉邦軍にとってなくてはならない存在になります。

 

張良と劉邦

 

また張良も自らの策を無条件で採用してくれる劉邦に感動し、自らの

配下達に「劉邦は真の英傑だ」と最大限に褒め称えます。

こうして劉邦と張良の絆は深まり、後世この二人の主従関係が、

最大の主従関係であるとされています。

 

韓の公子を立て、故郷奪還へ赴く

項羽

 

楚王であった景駒が秦の章邯(しょうかん)に敗れ、亡くなります。

南から台頭してきた新勢力である項梁(こうりょう)と項羽(こうう)は楚の貴族である懐王を

新たな旗頭として立てます。

劉邦は懐王の元へ身を寄せます。

張良は懐王に「王陽君韓成を韓王に立て、韓の地を復興させたいと思います。

そのため兵をお借りできないであろうか。」と進言します。

懐王は張良の進言に頷き、兵を一千程与えます。

張良は一時的に劉邦の元から離れ、韓王・韓成と共に韓を復興させるため出陣します。

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

関連記事:キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

 

いざ韓の復興へ

張良は韓王韓成と共に秦に奪われている、旧韓の地へ出陣します。

韓の地へ就くとすぐ張良の兵法が冴えわたり、城をいくつも陥落させます。

しかし逆襲に来た秦の大軍によって、取り返した城は奪い返されてしまいます。

張良は正攻法で攻めるのではなく、ゲリラ戦に方針を切り替えます。

 

張良 劉邦

 

こうして韓の地でゲリラ戦を繰り広げていた張良と韓王の元に劉邦が参陣。

劉邦軍の強さと張良の策が加わるとあっという間に城を十城程陥落させます。

張良は韓の領地を奪取し、秦軍の逆襲が無い事を確認した後、

劉邦の元に戻り、軍師として仕える事になります。

 

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

 

懐王の命令

劉邦

 

楚の建国の立役者であった項梁は章邯軍の奇襲により、亡くなります。

懐王は項梁が亡くなると、諸将の士気を奮起させるため

「秦の首都咸陽に最初に入った者を関中王に命じる」と命令を降します。

この命令を聞いた諸将はざわめきますが、もう一つ命令を出します。

「上将軍宋義と項羽は北に居る章邯の軍勢を撃破すること、

西へ向かうのは沛公劉邦とする」と告げます。

この発言に諸将はどよめきますが、懐王の命令は絶対であり、

命令に従い、宋義や項羽、その他の諸将は北進。

劉邦は西へ向かって出陣します。

張良も劉邦に従い、西に向かって進軍します。

 

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

知略が冴えわたる

劉邦

 

張良は劉邦に従い西にある秦の首都咸陽(かんよう)を目指して秦の軍勢を破り、

城を陥落させながら進軍します。

劉邦は咸陽をめざす途中、宛(えん)城を攻撃します。

しかし宛城の守りは堅く、攻め落とす事が出来ませんでした。

そのため宛城を無視して、西へ向かおうとします。

 

張良 劉邦

 

すると張良は「殿。函谷関に急ぐのは分かりますが、秦の城や軍は

いまだ前方に多数存在しており、後方にある宛城を攻略しないで進むのは

敵に挟まれる可能性があるため、非常に危険です。

宛城を攻略してから、西へ進みましょう。」と進言します。

劉邦は張良の進言をすんなりと受け入れ、再度宛城を包囲します。

包囲を続ける事数十日、ついに宛城は降伏。

劉邦軍は背後の危険を取り除き、一気に秦の首都である咸陽へ突き進みます。

 

三国志ライター 黒田廉の独り言

黒田廉

 

張良は劉邦と出会うことで、自らの躍進のチャンスをつかみ、

韓の復興にも成功します。

また劉邦も張良が軍師と加わった事で戦術に広がりを見せ、

戦に勝っていくようになります。

しかし、二人にはまだまだ多難な前途が待ち受けております。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置か…
  2. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)
  3. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】
  4. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?…
  5. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を…
  6. 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人
  7. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる…
  8. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  2. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?
  3. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  4. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  5. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価
  6. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ! 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明! 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで? 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密

おすすめ記事

  1. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】
  2. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  3. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】
  5. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道
  6. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  8. 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP