【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1

Round2:戦の巧さ対決【陸遜編】




陸遜

 

前回は見事に呉の名将である陸遜(りくそん)が勝利を手に入れます。

今回も陸遜が勝ってこの勝負の幕を終える事になるのでしょうか。

それとも立花道雪(たちばなどうせつ)が勝ち、

第三ラウンドに持っていく事になるのでしょうか。

さて今回の対決は戦場での戦功です。

はじめは陸遜から紹介します。




山越討伐戦

陸遜

 

陸遜は孫権に仕えると、山越討伐戦に参加。

山越討伐戦で戦功を地道に挙げて行きます。

10年ほど山越討伐戦に参加した後、孫呉の首都である建業に戻ります。




呂蒙の跡を継ぐ

陸遜 呂蒙

 

建業に帰っていた陸遜は、都督である呂蒙(りょもう)と荊州について語り合います。

呂蒙は陸遜が非常に優れた才能を持っている事に気付き、

孫権に「荊州に居る関羽を油断させるためには陸遜を用いるといいでしょう。

彼は才知に優れており、私の跡を継ぐ者として適任です。

さらに彼の名は天下に知られていないため、

関羽の警戒を解き油断させるにはもってこいの人物です。」と陸遜を推薦します。

孫権は呂蒙の言葉を信じ、陸遜に跡を継がせ、荊州に赴かせます。

 

関連記事:呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

関連記事:病気の呂蒙を穴から見守る孫権

 

関羽を油断させる

陸遜 関羽

 

関羽は呂蒙が倒れ、後任が名を知られていない陸遜だと知ると、警戒を解きます。

彼は陸遜が荊州に赴任してきた時、

魏の領土である荊州北部の攻略を行っておりました。

彼が率いている蜀軍は魏の軍勢を圧倒し、優勢でしたが、

兵力が足りず、決め手に欠けておりました。

関羽は呂蒙が倒れ、名も知らない陸遜が代わりに赴任してきたと聞き、

呉と国境を接している江陵の軍勢を全て北上させます。

 

関連記事:【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

 

関羽の油断に付け入り、荊州を掌握

陸遜 関羽

 

陸遜は関羽が江陵の守備兵を全て、北上した事を知ると、

密かに呉軍を江陵に侵攻させ占領します。

その後蜀の領地である荊州を全て手に入れる事に成功。

こうして陸遜率いる呉軍はほとんど損害を出さず、蜀が有していた

荊州の領土を手に入れます。

その後魏との戦いを放棄し、荊州に帰って来た関羽を捕縛した後、

処断します。

この作戦で陸遜の名は天下に広がり、呂蒙が亡くなった後、

彼の跡を継ぎ呉の重鎮となります。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

連戦連敗の大都督

朝まで三国志 劉備

 

劉備(りゅうび)は義兄弟である関羽が殺された事に激怒。

彼は大軍を率いて呉に戦を仕掛けます。

陸遜は孫権から大都督に任命され、呉の諸将を率いて迎撃に出ます。

しかし呉軍は蜀軍の猛攻に連戦連敗し、撤退を繰り返します。

 

反抗の刻

陸遜

 

陸遜は蜀軍の戦線が伸びきっている事を確認します。

彼は兵士一人一人に藁を持たせ、全軍で蜀軍に夜襲を敢行。

 

陸遜

 

呉の兵士は蜀軍の陣営に火をかけた後、猛攻をかけます。

蜀軍は呉軍を侮っていた為、この夜襲に対応できず撤退を開始。

陸遜は全軍で撤退する蜀軍に猛追撃を行い、

蜀軍を白帝城(はくていじょう)にまで押し返すことに成功し、

大勝を得ます。

この戦いを後世「夷陵の戦い」と言われ、

陸遜の名は天下に知られ歴史に名を残すことになります。

 

関連記事:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

 

戦の巧さ対決【立花道雪編】

立花道雪 wiki

(画像引用元:立花道雪 wikipedia

 

陸遜は華々しい大戦に勝利し、天下に名を知られます。

さて立花道雪は陸遜に対抗できる戦功を挙げているのでしょうか。

 

西国の雄・毛利家との激闘

炎 s

 

大友家は道雪・臼杵氏・吉弘氏を含めた三家老の協力により、

九州の六か国を統治し、九州の覇者としての地位を確立します。

その後大友家は西国の覇者の地位を確立した毛利家と北九州を巡って

激烈な戦いを行います。

両者の戦いで最大規模の戦いは北九州の立花山城を巡る攻防戦です。

 

毛利家との半年にわたる戦い

炎 s

 

大友家は北九州に割拠していた竜造寺(りゅうぞうじ)を討伐するため、

出陣します。

竜造寺家を佐賀城(さがじょう)に追い詰めます。

大友家が竜造寺と争っている隙をついて毛利軍が筑前(ちくぜん)に

侵入し、立花山城を奪います。

宗麟は毛利家を迎撃する為、竜造寺家と和睦。

その後直ぐに軍を返して、毛利家に奪われた立花山城へ攻撃を開始します。

こうして半年にわたる激闘が始まります。

半年間に両軍が戦った回数は大小合わせて約20回と言われています。

 

敗勢を挽回する突撃

三国志 月

立花道雪はこの戦の中幾度か敗勢の状態に陥った大友勢を救っています。

5月18日に起きた毛利家との戦いは、

半年間続いたこの戦いの中で最大規模と言いわれています。

この合戦で、大友家は毛利家の猛攻に耐えきれず、

全軍が崩壊する寸前に追い詰められます。

そんな中道雪は左翼に布陣している小早川隆景(こばやかわたかかげ)の陣を

見つめ続けていました。

そして隆景の陣の守備が弱まったと感じると、輿を側近に担がせ、

敵陣に突撃させます。

 

「エイトー!エイトー!」の掛け声で士気をあげる

太陽 三国志 写真

 

道雪は戦の時、太鼓を叩かせ、

輿を担いでいる者達に「エイトー!エイトー!」と

掛け声を挙げて敵陣に突撃させるのが道雪軍の伝統でした。

この掛け声を聞いた兵士は全軍が奮い立ち、

死に物狂いの戦いで敵陣を破砕します。

道雪は小早川の陣が手薄になったと見て、「エイトー!エイトー!」

と掛け声を挙げて敵陣に突撃します。

この掛け声を聞いた道雪旗下の兵士達は死に物狂いで道雪の跡を追い

小早川の陣に猛攻を仕掛けます。

道雪軍の猛攻を受けた小早川の陣は耐えきれず、退却を開始。

左翼の小早川陣が崩れた事で、大友軍の全軍が反撃。

何とか劣勢を跳ね返し、毛利家から辛勝を得ます。

その後も繰り返し両家の間で戦いが行われますが、

その都度道雪は勇敢に戦い、毛利軍を撃退します。

そして毛利家の本国に変事が起きたため、毛利家は撤退する事で

長きにわたる激闘に終止符が打たれる事になります。

 

覇者から転落した大友家

photo credit: Sunrise via photopin (license)

 

大友家はその後、薩摩(さつま)に割拠している島津討伐に出陣。

耳川(みみがわ)で両軍は対峙します。

兵数で圧倒的に島津家を凌駕していた大友家ですが、

島津軍の前に敗れる事になります。

耳川の合戦以降、大友家は九州の覇者の地位から脱落。

日に日に勢力は島津家に削り取られて行きます。

道雪はこの時、北九州の立花山城を統治しており、

耳川の戦に参戦しておりませんでした。

 

主家を支えるため、奮闘する

photo credit: Lantana in the dark via photopin (license)

 

大友家の勢いが失速し、勢力が衰えていきます。

そんな中、肥前の竜造寺家が北九州の大友家の諸城を攻略していきます。

道雪と高橋紹運(たかはしじょううん)は連携して、竜造寺家の攻撃を防ぎます。

また大友家の味方をしていた豪族が裏切り、道雪がいる立花山城に猛攻を

仕掛けてきます。

しかし道雪は豪族の軍勢を軽々と蹴散らします。

道雪は竜造寺家の当主が島津に討たれた事を知ると紹運に、

奪われた大友家の諸城を奪還するように依頼します。

紹運が竜造寺に奪われた諸城を次々に攻略。

道雪が北九州で奮戦する事で、

北九州の大友家の領土は何とか維持されて行きます。

 

戦場での戦功対決の結果は

photo credit: Tangible via photopin (license)

 

陸遜と道雪の戦場での戦功を紹介しました。

両者とも抜群の戦功を立てていますね。

さて今回の結果は……。

輿で戦場に突撃し、戦功を挙げ続けた立花道雪の勝利にしたいと思います。

 

次回記事:【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】

関連記事:はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!

関連記事:孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物

 

よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

< 1

2

関連記事

  1. 孫権と張昭
  2. 眠る董卓
  3. 呂玲綺
  4. 曹操(バカ殿ver)
  5. 孔明
  6. 孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP