広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?

この記事の所要時間: 419




7-4_病気がちな孔明

 

三国志のスーパースター、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

演義のイメージだと病弱で、仕事ばかりしていて、天文で人の寿命も

すぐ分ってしまう、一種の運命論者に見えてしまいますが、

現実はどうだったのでしょうか?

 

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?




孔明は病弱では無かったかも知れない

孔明
三国志演義では、色白で細く、いつも車に乗って移動しているので、

病弱なイメージの孔明ですが、劉備(りゅうび)に見出される前は、

隆中で10年、農業に汗を流していたという事で知られています。

おまけに身長は184センチもあったようですから、

実際の孔明は、非常に健康的で色黒でデカイ事になります。

 

そう考えると孔明は武将程ではないにしても、

色白な文官ではなく、かなり溌剌とした人だったかも知れません。

大体にして、傭兵隊長でアクティブ体育会系の劉備が

色白の青びょうたんを重く使うとも思えないので、

事実の孔明は、かなりの健康体だったのではないかと思うのです。

 

劉備「ファイトーーー!」
孔明「いっぱあーつ!!」

 

もしかして二人は、ザ、蜀ビタンDな感じだったのでは・・




権力にも執着しちゃうぜ、独裁権力ドーン

孔明

 

孔明と言えば、一歩引いたイメージなのは演義の影響です。

実際の孔明は、劉備が死去して劉禅(りゅうぜん)が即位すると、

すぐさまに丞相府を開く事を許されています。

 

許されたというより、劉備亡きあとの蜀を独裁的に引っ張る為に

丞相の自分に権限が集中するようにしたのです。

 

蜀には、劉備が存在する間は、許靖(きょせい)という人が三公の一つ、

司徒に任命されていますが、許靖が劉備と相前後して亡くなると

再び、三公が置かれた様子はありません。

丞相と三公の力関係は微妙ですが、大体、名目上は三公が上です。

そこで丞相の孔明は、自分の裁断に横やりを入れられるのを

嫌がり、三公を置かなかったのでしょう。

 

実は、上に三公を置かずに丞相が全てを決済するのは、

献帝(けんてい)を擁立した曹操(そうそう)が行ったのと同じ手法です。

ここにも、バリバリ権力人間の孔明の片鱗が見えてきます。

 

関連記事:【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

関連記事:【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

 

ザ!諸葛学校、有能なヤツは丞相府に入れちゃうぜ!

三国志大学

 

そんな孔明、自分の影響力を強化しようと、

蜀でめぼしい有能な人材は、すべて丞相府に繰りこんでいます。

 

蔣琬(しょうえん)、馬斉(ばさい)、姚伷(とうちゅう)、

楊顒(ようぎょう)王連(おうれん)、向朗(しょうろう)、楊義(ようぎ)、

張裔(ちょうえい)魏延(ぎえん)費禕(ひい)、宗預(そうよ)、

胡済(こさい)、董厥(とうけつ)、楊戯(ようぎ)、姜維(きょうい)、

霍弋(かくよく)、

 

等など、いずれも、後の蜀の中心になった人々ばかり、

彼等は、孔明の子飼いの臣として(魏延除く)丞相府から

中央の官になったり、県令や郡長官になったりしたのでしょう。

 

これぞ、吉田学校ならぬ、諸葛学校!

孔明、自身の権力基盤を固める意欲が満々です。

 

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

関連記事:三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?

 

本当はもう少し長生きするつもりだった孔明

孔明 コペルニクス

 

三国志演義では、天文を見る事で、人の寿命を察する事の出来る孔明ですが

史実の孔明は無論、そんな事は出来ません。

10年間、農業で鍛え、また丞相の激務に耐えてきた事から、

演義のイメージとは逆に、健康には

自信があったのではないか?とさえ思えます。

 

 

7-5_歳をとっても元気な孔明

 

特に後継者である姜維を得た時には、これを喜びじっくり育てようと

倉曹掾(そうそうえん)(丞相府の属官:食糧担当)に任命して

仕事を見ている所からも自分は長生きするのだという感覚が見えます。

 

姜維が魏から蜀に投降してきたのは、西暦228年、

孔明が没するのは、234年、間には6年の歳月しかありません。

その割には、かなりじっくりとした育て方で、

北伐の途中に、姜維は中監軍・平西将軍に昇進していますが、

平西将軍は雑号でそこまで高い位ではありません。

 

孔明としては、やはり登用から10年位は見て、

238年前後に、鎮西将軍に任命して、征西将軍の魏延と

2トップで軍事の大方を任す、、

楊義と違い、武官で剛腹な姜維ならば魏延とも五分でやれる・・

そういう腹つもりだったのでは、、と思えるのです。

 

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

最後の五丈原の戦いも持久戦覚悟だった・・

孔明と司馬懿

 

孔明が自分がそんなに早く死ぬ筈はないと考えていた

最たる理由は、五丈原における布陣です。

ここで孔明は屯田を行って食糧を自給し、呉と両面作戦を

計画しながら、長期戦の構えを取っています。

もし、健康面に不安があれば、自分が死んだら駄目になる

持久戦など採用しなかったのではないでしょうか?

 

対陣中の急激な健康悪化は、実は孔明予想外の事で、

呉軍の合肥での敗北も重なり、かなり急速に健康が悪化した

本当は、そういう事だったのではと思います。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

私達はどうしても、三国志演義の孔明像に引きずられ、

色白、虚弱体質、天文で寿命を知る運命論者だと先入観で見ます。

でも、孔明が虚弱だったという記述はないですし、逆に細かい仕事まで

自分でやるバリバリのモーレツ社員だった事は記述にあります。

もしかして孔明は

「80歳までは仕事して、あとは隠居して百歳を目指す」

位の事は考えて仕事をしていたのかも・・

 

つまり現実に近い孔明像は、

「わしもそろそろ引退して後進に道を譲ろうかな?がっはっは」

とか言いながら結局、死ぬまで、社長のポストにいるような

ワンマン俺様社長だったのです。

 

孔明、ガッハッハモーレツ親父説、

これを信じるか信じないかはあなた次第です!

 

関連記事:孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?

関連記事:孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス

関連記事:諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  2. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  3. 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!
  4. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダー…
  5. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  6. 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  8. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!
  2. 諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?
  3. 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】
  5. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!?
  6. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将 三国時代のファッションはどんなのだったの? 【重要なお知らせ】ストライキ決行 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?

おすすめ記事

  1. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード
  2. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚
  3. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】
  4. 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。
  5. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム
  6. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  7. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編
  8. 天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP