架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦

この記事の所要時間: 318




曹休

 

街亭(がいてい)を失陥し、敗北に終わった第一次北伐。

しかし、直後に、石亭(せきてい)で曹休(そうきゅう)の率いる10万の大軍が

呉の陸遜(りくそん)に敗れた事で、再び、魏の国力が低下します。

この機に乗じて、孔明(こうめい)は第二次北伐を開始しますが、

魏将、郝昭(かくしょう)が守る小さな城、陳倉(ちんそう)を巡って、

大激戦が発生してしまいます。

 

前回記事:125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?




孔明、30万の大軍を擁して陳倉に襲いかかる

基礎知識 馬謖05 孔明

 

街亭を失い、愛弟子・馬謖(ばしょく)を処刑して、

敗戦の責任を取った諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)。

意気消沈していた蜀に、呉の陸遜が魏の曹休を破ったという朗報が入ります。

10万という大軍を破られた魏は、軍の建て直しに時間を要すると踏んだ

孔明は直ちに、第二次北伐の軍勢を起しました。

 

今度は30万という大軍を起し、再び、一番の迂回ルートを進んで、

祁山の途中にある陳倉城を包囲したのです。




以前から名城だった陳倉城

司馬朗 董卓

 

陳倉城は、以前から名城として有名でした、後漢、霊帝の時代、

涼州の賊、王国(おうこく)が手勢を率いてこれを包囲した時の事です。

朝廷は、包囲を解こうと、皇甫嵩(こうほすう)董卓(とうたく)という

二将軍に2万の軍勢を与え救援に出発させました。

 

陳倉は小城でしたから、今にも落ちるのではと、董卓は焦っていました。

 

董卓「おがっ!もう少し急ぐっぺ!!

ちんたら進んでは、陳倉が落ちてしまうずら!」

 

しかし、陳倉の防御力を知る皇甫嵩は余裕があります。

 

皇甫嵩「はっはっは、追い詰められているのは賊の方だ、、

陳倉は簡単には落ちんよ。」

 

結局、皇甫嵩の見通し通り、王国は陳倉を落す事が出来ませんでした。

並の指揮官が指揮してもこれですから、ここを名将が守ると、

攻める側には厄介な事が想像できました。

 

関連記事:董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

 

無名だが、武勇に秀でる郝昭が陳倉を守る

董卓 チャンス

 

その陳倉を守るのは、郝昭(かくしょう)という武将でした。

曹操(そうそう)の時代から武勇を誇り、手柄を立てていたと言いますから、

かなりのベテランですが、大きな手柄には恵まれず、

小さな陳倉城を守る指揮官の地位にありました。

 

しかし、守るに鉄壁の陳倉に歴戦の強者がいるのは、

魏にとっては、天の配剤というべき幸運でした。

 

たった3千程度(正史では1000人)の兵力しかないにも関わらず、

郝昭は、孔明の再三に渡る降伏勧告を拒否、

城を枕に討ち死にする決意を固めていたのです。

 

関連記事:三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!

関連記事:郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」

 

孔明、力攻めに方針変更するが・・

韓信vs孔明07

 

孔明は、遂に、もっとも不利な城攻めに着手します。

そこで 雲梯(うんてい)車と呼ばれるハシゴ車を使い、城壁によじ登ろうとしますが

郝昭は、これに火を放って、全て焼き払います。

次に孔明は衝車(しょうしゃ)という、城壁を破懐する重い車を突進させますが、

これも、城壁から石を投げる郝昭軍の攻撃で破懐されました。

 

その後も孔明は、地下道を掘ったり、城壁を超えるような

櫓(やぐら)を組んだりして、城内に入り込もうとしますが、

全ては、無駄な努力となりました。

 

死闘は20日余り続きますが一向に、城が落ちる気配はありません。

孔明は陳倉にあまりこだわるべきではないという姜維(きょうい)の

意見を入れ、祁山(きざん)に向かって進軍していきます。

 

郝昭死去し、姜維が陳倉を得る

姜維

 

蜀軍が退却した後、郝昭は、極度の緊張に耐えられなくなったのか、

倒れ、病に伏せてしまい、そのまま病死してしまいます。

 

それを知った孔明は、急いで姜維を派遣して、陳倉を攻撃、

郝昭を失った城は、成す術なく降伏しました。

魏の曹真の軍は、陳倉に到着しましたが、配下の王双を魏延に斬られてしまい

怒りを抑えながら成す術なく、撤退してしまいます。

 

孔明も、曹真の大軍と対峙して持久戦をする不利を悟り、

陣を解いて退却していきました。

この後に、曹真は体調を崩し、しばらく後に憤死してしまうのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志演義では、郝昭の病死の後、姜維を派遣して陳倉を落した

という事になっていますが、事実は郝昭は最期まで城を守っています。

これは三国志演義だけのフィクションなのです。

祁山(ぎざん)の周辺では、様々な計略が使われ、

曹真が孔明に翻弄されるように、

描かれていますが、これもフィクションです。

 

ぶっちゃけてしまうと、

孔明は攻城下手ではないよ!

陳倉城は、郝昭が名将だったから落ちないだけで

死去すると簡単に落ちるんだよ。

そして、曹真も、これだけ翻弄されるんだよ!

 

と言いたいが為に加えられた逸話なのです。

実際に郝昭は、陳倉の戦いの後、僅かな間に病死しています。

この部分を少しずらして、演義のライター達は、一応、

陳倉城は落ちたという事にしたのでしょう。

 

ただ、孔明の名誉の為に言うと、陳倉は昔から知られる名城であり

それに加え、これまた、不屈の名将である郝昭が守っていた

というのが不運といえば不運でしたね。

 

次回記事:127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理…
  2. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指…
  3. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  4. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  5. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサ…
  6. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳
  7. 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想…
  8. 【3分で分かる】王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  2. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  3. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】
  4. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣
  5. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  6. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何? 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫に馬超 何で曹操は漢中で劉備に負けたの? 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい? 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族

おすすめ記事

  1. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  2. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)
  3. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。
  4. 曹操には弱点はないの?
  5. 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)
  6. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  7. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ
  8. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP