曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての呉

呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介

この記事の所要時間: 345




孫堅

 

魏ではなく、蜀でもない国、それが呉です。

孫堅(そんけん)が基礎を造り、孫策(そんさく)孫権(そんけん)

大きく成長した呉ですが、その独特な政治風土の為に、

あろう事か田舎の三流国呼ばわりされる始末。

陸遜 孫権

 

そこで、はじさんでは、個性的な呉のトリセツを作成しました。

皆さんは、これを読んで、あらぬ誤解を解きましょう。

 

関連記事:【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将




呉の常識1 えっ?軍隊は世襲でしょう?

孫堅

 

うっかり魏や蜀の風土になじむと、軍隊は中央が持っていて、

戦争の場合だけ武将が率いるという感覚に慣れてしまいますが、

それは呉では当てはまりません。

 

呉では、大概の武将が別府司馬であり、独立軍を持って

各地の県に駐屯しているからです。

それは数百から数千という規模であり、支配地域により違いますが、

子孫代々、その軍を引き継いでいくのが常識とされています。

例えば、呉の十二神将の一人、蔣欽(しょうきん)の子の

蔣壱(しょういち)は、蔣欽の死後、その軍勢を引き継いで相続し、

そのまま呉に仕えています。

 

同じく、十二神将の周泰(しゅうたい)の子の周邵(しゅうしょう)も

父親の軍勢を相続して呉将として仕えています。

 

魏・蜀のように武将が死んだら、兵は中央に戻される

という事は呉ではあまり無い事なのです。




呉の常識2 え?異民族討伐は普通でしょ?

氐族

 

魏や蜀に住んでいると、異民族というのは、山の向こうや長城の果てから

時々、大挙してやってくるという印象ですが、呉では都市の周辺に異民族がいます。

というより、元々異民族の住んでいた土地に、後漢の混乱などがあり、

どんどん漢民族が入植してきたのが呉なので、

辺りが異民族だらけなのは当たり前なのです。

 

住宅地に熊が出るのは、人間が山を切り開いて熊の生息地に入った為で

そもそも熊のせいではない、というのと同じ理屈になると思います。

 

ですので、呉の武将達の伝に山越の文字が出ない事はないですし、

山越討伐なくして、呉が帝国として建国する事もありませんでした。

大体、呉の兵力の半分程度は、元、山越民で構成されているのを見ると

その数の多さや、依存っぷりが分るというものです。

 

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

関連記事:呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

 

呉の常識3 え?曹操の屯田が斬新?オラ達の村は全部屯田だべ!

曹操

 

曹操(そうそう)が行った、兵屯と民屯、いわゆる屯田制は

半農半兵を使用して荒れ果てた華北の土地を回復させたので

魏のオリジナルの政策のようですが、実は、呉において屯田は普通です。

 

そもそも、別府司馬に任じられた呉の武将は、手持ちの兵力で、

荒れ地を切り開きながら、異民族の奇襲があれば防御し、また農作業の

ヒマを見て、異民族を討伐して支配地を増やしていました。

 

つまり、呉はフロンティア軍なので、屯田が普通であり、

屯田以外の方法で、領地を維持するほうが難しかったのです。

曹操の屯田が斬新なら、呉の屯田だって開拓者精神に溢れた、

素晴らしい政策だと評価しないといけません。

 

関連記事:曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将

 

呉の常識4 え?なんかあったら独立とか普通だけんど?

太史慈

 

上記のような理由により、呉の豪族や名家は、私兵を持ち、

荘園を持ち孫家を盟主とは仰いでいましたが、

何かあれば独立し反乱を起こす可能性も秘めていました。

 

事実、魏の鄧艾(とうがい)

 

「呉の名家・豪族はみな私兵を所有し、

軍勢、勢力を頼れば、独立できる力がある」

 

と分析していますから、呉は魏の官僚政治や、

蜀の孔明独裁の社会主義体制とは大きく異なり、

日本の封建体制のような緩い豪族連合政権でした。

 

孫権

 

そう考えると酒乱の孫権も、時代、時代の有力武将には、

それとなく機嫌を取るような態度をしていますし、

そこにも、反乱を起こされてはまずいという情勢判断があった、、

そう言えるのかも知れません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

呉は、五胡十六国時代には、建康に逃れた東晋の都が置かれますが、

三国時代からの豪族は温存されたので、晋帝の権力基盤は一貫して弱く、

そこでは、魏晋南北朝の貴族文化が政治を主導するようになります。

 

そう考えると、呉の時代にも、上手な統治と魏や蜀という敵があって

一枚岩になっていたとは言え、豪族の潜在的な力はかなりのモノ

であったのでしょうね。

 

関連記事:【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

関連記事:蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち

関連記事:え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備
  2. 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!
  3. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイム…
  4. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  5. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  6. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・
  7. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世…
  8. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  2. 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話
  3. 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!
  4. 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚してた?
  5. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  6. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

徳川慶喜の逸話を紹介!先生が教えない最後の将軍の素顔 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!! 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?

おすすめ記事

  1. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  2. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい
  3. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介
  4. 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将
  5. 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュー
  6. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計
  7. 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ
  8. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP