架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

この記事の所要時間: 359




 

「国破れて山河あり、城春にして草木深し」と唐代の詩人、杜甫も言いますが、

悠久の姿を留める、山川草木に比べて、国の運命とは儚いもので、

無敵の栄華と繁栄を誇っていた国もいつかは滅びる時がきます。

劉備(りゅうび)が建国した蜀漢も西暦263年には、魏の侵攻で滅亡する事になりました。

その混乱の中で、蜀の民や国に尽くした人はどうなったのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?




易姓革命の建前から言えば・・

 

易姓革命(えきせいかくめい)とは、中国において古い王朝が倒れて、

新しい王朝が起きる時の行動原理です。

 

そこでは、古い王朝は、政治を省みずに人民を酷使して虐げ、その為に天に見放されて、

新しく天命を受けた姓に取って易わられるという話になります。

 

姓というのは、張とか、陳とか劉とか李とかいう姓の事で、それらの新しい姓が

古い姓を易え(交替する)て天命が革(あらた)まるから易姓革命と言います。

例えば、漢を起こした劉姓は、魏を起こした曹姓に滅ぼされています。

 

つまり、易姓革命においては、新しい王朝は完全な正義であり、

滅びる方は天に見放され滅んで当然の100%の悪になるのです。

 

新しい王朝は、自らの正しさを証明する為に、古い王朝の天子を殺し宮殿を焼き払い

重臣達を皆殺しにし、歴代皇帝の墓を暴いて焼き捨ててしまいます。

こうして、前王朝を全否定する事が新しい時代の幕開けになるのです。

 

中国大陸の歴史は、ほとんど、この易姓革命が繰り返され数千万規模で、

人間が殺され、多くの文化財が焼き払われました。

新旧を対立させ、絶対善と絶対悪を規定すると、こうならざるを得ないのです。




では、蜀もそうなったのか?

 

では、蜀もそのような易姓革命により全否定されたのでしょうか?

幸運な事に、そうはなりませんでした。

 

 

当時の魏は、事実上は司馬氏の支配下にありました。

その司馬氏は、かつて曹丕(そうひ)がそうしたように、平和裏に魏から政権を

司馬氏に禅譲(ぜんじょう)させる事を画策していました。

禅譲とは、武力を使わずに自発的に前の王朝に政権を委譲させる事を言います。

実際には、強制力を伴うのですが、武力で全てを破壊して政権を奪う、

暴力的な放伐(ほうばつ)に比べ、ずっと被害が少なくて済みます。

こうすれば、前の王朝に仕えていた人々も継続して引き継げますし、

大きな反発や反乱をかなり抑えられるので、長い目で見るとプラスなのです。

 

この司馬氏の穏健な態度から考えれば、蜀漢に対しても降伏さえすれば、

いたずらに危害を加えないというのは当然の事でした。

天下の人々も、降伏した蜀漢に対して、寛大な処置をする司馬氏を

徳のある行為と賞賛するでしょう。

 

ひいては、その南で帝位を称する呉に対しても降伏すれば悪いようにはしない

という無言のPRになるのです。

 

関連記事:【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?

関連記事:【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?

 

史実として、劉禅や重臣達はどうなったのか?

 

蜀帝、劉禅(りゅうぜん)は、南方に逃げて抗戦しようという意見を退け、

譙周(しょうしゅう)の勧めに従って降伏。

数名の臣下を伴って洛陽に向かい、そこで晋王、司馬昭(しばしょう)の挨拶を受けています。

そして、劉備以来の父祖の地である幽州の安楽県で安楽公に封じられて、

貴族としての生活を維持できるのに充分な食糧と資金を与えられました。

そして、271年まで生きて、65歳で死去しています。

劉禅に付いていった郤正(げきせい)も安陽県令から巴西大守に昇進しています。

 

劉禅に降伏を勧めた譙周は、陽成亭侯となり、後には散騎常侍に指名されますが、

病気で辞退していますし、宦官として蜀を腐敗させた黄皓(こうこう)も

賄賂を使って罪を逃れています。

 

 

もちろん、魏と激しく戦って戦死したり、姜維(きょうい)のクーデターに加担して失敗し

混乱で戦死した蜀の家臣達も大勢いますが、少なくとも降伏して大人しくしていた

重臣達は、まずは洛陽に連行され、その後、落ち着いてから各地に派遣され、

 

県令や郡大守という地位についていますし、晋に仕えるのを潔しとしない人々も

別に処罰される事もなく、やがては司馬炎に招聘されて役人に登用されています。

 

 

三国志を書いた陳寿(ちんじゅ)も蜀の臣でしたが、滅亡後には、同僚の

羅憲(らけん)の引きで晋王朝に仕えて治書侍御史になり歴史家としての才能を

高く評価されています。

 

建国の功臣達の扱いはどうなるの?

 

では、蜀漢の滅亡以前に死んでしまった建国の功臣達はどうなるのでしょう?

蜀では、法正(ほうせい)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)

馬超(ばちょう)黄忠(こうちゅう)諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

蔣琬(しょうえん)費禕(ひい)という人々が顕彰されたのですが、

当然の事として、晋王朝は、これらの功臣達を無視する事になります。

 

敗者に寛大な処置をする理由は、誤った王朝に仕えていた可哀想な人々に

恩赦を与えようと言う上から目線な理由なので、当然の事として、

かつて、その偽物の王朝を支え奮闘した功臣を、晋が祀りあげる義理はないのです。

 

ただし、国や民間が造り上げた、祠や廟を晋は破壊したりはしませんでした。

なので蜀の人々が、蜀漢の功臣を崇めるのは、黙認したという事になります。

 

もちろんの事として、劉禅や重臣が罪に問われないのですから、

蜀の人民も処罰される事はありませんでした。

つまらない面子より、恨みを残さない事を優先した司馬炎(しばえん)の英断もありますが、

武力討伐より、禅譲そして、平和裏な政権交代に拘った魏と晋の方針に

蜀の人々は救われた面もあると言えるでしょう。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

こうして見ると、なんだ降伏しても大した事ないじゃんと思うかも知れません。

しかし、降伏により、蜀の人間からは大事なモノが奪われました。

それは正義と誇りです。

晋の支配下においては、蜀の人々は公に「蜀にだって正義はあった」とは言えなくなり、

もちろん正史においてもそれは否定される事になります。

 

「勝者は気分次第で、敗者に何でも与える事が出来る、正義以外は」

という言葉がありますが、晋に降伏せず死を選んだ人々は、

その正義を失う事を恐れ、命を投げ出して行ったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  2. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面…
  3. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  4. 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】
  5. キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・…
  6. 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別
  7. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  8. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果が…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  2. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?
  3. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  4. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由
  5. 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達
  6. 三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -とはどんなアプリゲーム?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの? 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる? 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲劇 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介! 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男

おすすめ記事

  1. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人
  2. 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士
  3. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった
  4. 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情
  5. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  6. 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  7. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師
  8. 軍勢RPG 蒼の三国志とはどんなアプリゲーム?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP