三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

孫策が生きていたら三国志はどうなったの?

呉の勢力を率いる孫策
この記事の所要時間: 219




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

 

孫権(そんけん)の父親である孫堅(そんけん)が、

早死にせずに生きていたら三国志はどうなっていたのだろうか?

孫権の兄である孫策(そんさく)が早死にせずに生きていたら三国志はどうなっていたのだろうか?

三国志のシュミレーションゲームをプレイすれば実現可能な世界です

(シュミレーションゲームでも孫堅孫策は寿命が短く設定されてはいますが)。

今回は「小覇王」こと孫策が生きていたら・・・という三国志ifについてお話していきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった

関連記事:人心を得られなかった小覇王孫策の無残な最期




曹操(そうそう)がどうなっていたのか

 

弟の孫権は君主になれたのか、気になるところかもしれませんが、それより問題は曹操でしょう。

孫策が刺客の手にかかり負傷し、

その傷がもとで病没したのが200年の4月になります。

その年の10月には、

河北の覇者・袁紹の大軍と曹操が衝突する「官渡の戦い」が行われます。

「正史」呉書によると、孫策はひそかに出撃態勢を整えていました。

 

 

曹操と袁紹が官渡で対峙している隙を突いて許都に侵攻し、献帝を保護する計画だったのです。

諸将も各部署にすでに配置されていたようです。

しかし出兵直前に孫策は刺客に襲撃されるのです。

もし、孫策が刺客を倒し、

万全の状態で曹操の領地に攻め入っていたら、曹操は防ぐ手段があったのでしょうか。

なかったかもしれません。だからこそ曹操は事前に打てる手を打っていました。

互いの血族を婚姻させ、孫策を懐柔しようとしています。

一方で、孫策に対し「狂犬相手に競っていてもしかたがない」とも発言しており、

コントロールできる相手とも思っていなかったようです。

暗殺は最終手段として曹操陣営が画策したのかもしれません。




袁紹VS孫策

 

その孫策が健在で攻め込んでくるとなると曹操の苦戦は必至です。

許都は孫策に奪われ、官渡の戦線でも曹操は大敗。

袁紹に首を刎ねられ処刑されていたかもしれません。

おそらく袁紹と孫策は示し合わせて曹操を攻めたのでしょうが、

目標の曹操が滅亡すると今度は敵同士になります。

兗州の陳留もしくは豫州の許都あたりが袁紹軍と孫策軍が激突する戦場になるのではないでしょうか。

戦力は完全の袁紹が有利です。

荊州の劉表も袁紹と組んでいますから、今度は孫策が二方面で戦うような局面に陥ります。

曹操配下の将や謀臣がどちら側につくのかでも戦局は変わる可能性もありますが、

孫策が圧倒的に不利な状態です。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

孫策&周瑜&??

 

最強コンビの孫策・周瑜(しゅうゆ)の活躍が期待されます。

守りは弟の孫権に任せて、孫策・周瑜は袁紹迎撃でしょう。

おそらく劉表は江夏で敗れた黄祖を先鋒にして孫策領に攻め込んでくるでしょうが、

孫権をはじめ黄蓋程普韓当がいれば充分に防げます。

袁紹の陣営には顔良文醜、張郃の他に劉備関羽張飛もいることになります。

孫策軍には魯粛陸遜甘寧らはまだおらず、呂蒙も経験不足。

こうなると曹操配下のメンバーに期待することになります。

献帝を保護していることから荀彧荀攸は孫策側につくとして、

他にも夏候惇、夏侯淵張遼于禁徐晃楽進らの経験豊かな武将たちも旗下にほしいところです。

さらに郭嘉程昱らも加われば、人材面では袁紹側に劣ることはないでしょう。

 

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

関連記事:【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

戦力面を考えて孫策は袁紹と和睦するかもしれません。

代償として許都も皇帝も袁紹に譲ります。

しかし荊州の劉表は袁紹と結んでいることから孫策はこれ以上の領土拡大ができなくなります。

さらに武威によって江南を支配しましたから

、地元の反発も大きいものが予想されます。

陸遜あたりは敵に回るかもしれません。

袁紹が上手く裏から反乱を操作しそうですね。

こうなると孫策が滅ぶのも時間の問題でしょう。

そして袁紹が天下を統一するのです。

 

どうでしょうか?皆さんはどうお考えですか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 何で日本人は三国志が好きなの?
  2. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  3. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない…
  4. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  5. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  6. 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】
  7. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を…
  8. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介
  2. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍
  3. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  4. 【感謝】中国文学の全集・選書のアマゾン売れ筋ランキング1位と2位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  5. 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)
  6. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む

三國志雑学

  1. 韓非の本を熟読して感銘を受ける政
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの? 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察 北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる? 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意] 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり

おすすめ記事

  1. 意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった
  2. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  3. 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?
  4. kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」
  5. 【史記】には解説書が3つ三家注って何?
  6. 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生
  7. 天皇の先生になった小泉信三、象徴天皇とは何か「はじ三ヒストリア」
  8. 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP