広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

孫策が生きていたら三国志はどうなったの?

この記事の所要時間: 234




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

 

孫権(そんけん)の父親である孫堅(そんけん)が、

早死にせずに生きていたら三国志はどうなっていたのだろうか?

孫権の兄である孫策(そんさく)が早死にせずに生きていたら三国志はどうなっていたのだろうか?

三国志のシュミレーションゲームをプレイすれば実現可能な世界です

(シュミレーションゲームでも孫堅・孫策は寿命が短く設定されてはいますが)。

今回は「小覇王」こと孫策が生きていたら・・・という三国志ifについてお話していきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活




曹操(そうそう)がどうなっていたのか

 

弟の孫権は君主になれたのか、気になるところかもしれませんが、それより問題は曹操でしょう。

孫策が刺客の手にかかり負傷し、

その傷がもとで病没したのが200年の4月になります。

その年の10月には、

河北の覇者・袁紹の大軍と曹操が衝突する「官渡の戦い」が行われます。

「正史」呉書によると、孫策はひそかに出撃態勢を整えていました。

 

 

曹操と袁紹が官渡で対峙している隙を突いて許都に侵攻し、献帝を保護する計画だったのです。

諸将も各部署にすでに配置されていたようです。

しかし出兵直前に孫策は刺客に襲撃されるのです。

もし、孫策が刺客を倒し、

万全の状態で曹操の領地に攻め入っていたら、曹操は防ぐ手段があったのでしょうか。

なかったかもしれません。だからこそ曹操は事前に打てる手を打っていました。

互いの血族を婚姻させ、孫策を懐柔しようとしています。

一方で、孫策に対し「狂犬相手に競っていてもしかたがない」とも発言しており、

コントロールできる相手とも思っていなかったようです。

暗殺は最終手段として曹操陣営が画策したのかもしれません。




袁紹VS孫策

 

その孫策が健在で攻め込んでくるとなると曹操の苦戦は必至です。

許都は孫策に奪われ、官渡の戦線でも曹操は大敗。

袁紹に首を刎ねられ処刑されていたかもしれません。

おそらく袁紹と孫策は示し合わせて曹操を攻めたのでしょうが、

目標の曹操が滅亡すると今度は敵同士になります。

兗州の陳留もしくは豫州の許都あたりが袁紹軍と孫策軍が激突する戦場になるのではないでしょうか。

戦力は完全の袁紹が有利です。

荊州の劉表も袁紹と組んでいますから、今度は孫策が二方面で戦うような局面に陥ります。

曹操配下の将や謀臣がどちら側につくのかでも戦局は変わる可能性もありますが、

孫策が圧倒的に不利な状態です。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

孫策&周瑜&??

 

最強コンビの孫策・周瑜(しゅうゆ)の活躍が期待されます。

守りは弟の孫権に任せて、孫策・周瑜は袁紹迎撃でしょう。

おそらく劉表は江夏で敗れた黄祖を先鋒にして孫策領に攻め込んでくるでしょうが、

孫権をはじめ黄蓋、程普、韓当がいれば充分に防げます。

袁紹の陣営には顔良、文醜、張郃の他に劉備や関羽、張飛もいることになります。

孫策軍には魯粛、陸遜、甘寧らはまだおらず、呂蒙も経験不足。

こうなると曹操配下のメンバーに期待することになります。

献帝を保護していることから荀彧や荀攸は孫策側につくとして、

他にも夏候惇、夏侯淵、張遼、于禁、徐晃、楽進らの経験豊かな武将たちも旗下にほしいところです。

さらに郭嘉、程昱らも加われば、人材面では袁紹側に劣ることはないでしょう。

 

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

関連記事:【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

戦力面を考えて孫策は袁紹と和睦するかもしれません。

代償として許都も皇帝も袁紹に譲ります。

しかし荊州の劉表は袁紹と結んでいることから孫策はこれ以上の領土拡大ができなくなります。

さらに武威によって江南を支配しましたから

、地元の反発も大きいものが予想されます。

陸遜あたりは敵に回るかもしれません。

袁紹が上手く裏から反乱を操作しそうですね。

こうなると孫策が滅ぶのも時間の問題でしょう。

そして袁紹が天下を統一するのです。

 

どうでしょうか?皆さんはどうお考えですか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴…
  2. 白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍
  3. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  4. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎…
  5. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31…
  7. 【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!?…
  8. もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14】
  2. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!
  3. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  4. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった
  5. 89話:龐統、涪水関を計略で落とす
  6. 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの? 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した? 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ! 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半) 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー

おすすめ記事

  1. 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化
  2. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  3. 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…
  4. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  5. 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題
  6. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から!
  7. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  8. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP