三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての漢

成廉(せいれん)とはどんな人?呂布を支えた八健将




 

三国志演義にて、呂布(りょふ)には八健将という八人の将がいました。

八健将は序列が決められており、その構成員は上から張遼(ちょうりょう)

臧覇(ぞうは)、郝萌(かくぼう)曹性(そうせい)成廉(せいれん)

魏続(ぎぞく)、宋憲(そうけん)侯成(こうせい)となります。

この八健将という呼称は三国志演義のみであって史実にはありませんでした。

しかし、実際にはこの八健将という呼称の由来となった将がいます。

それが成廉(せいれん)という将です。

今回は八健将の序列五位、八健将のはじまりとなった将、

成廉(せいれん)について、正史と演義、両方から紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!




正史:成廉の生きた時代

 

成廉(せいれん)は、史実では永く呂布(りょふ)に仕えていました。

呂布(りょふ)は、仕えていた董卓(とうたく)を裏切った話は有名ですが、

董卓(とうたく)の配下だった李傕(りかく)郭汜(かくし)に敗れ、長安を追われます。

その後、呂布(りょふ)は袁紹(えんしょう)の元に落ち延びました。

この時、呂布(りょふ)の元には成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)がいました。

彼らは、呂布(りょふ)の側近の様なポジションでした。




正史:黒山賊との戦い

 

当時、袁紹(えんしょう)は黒山賊の張燕(ちょうえん)と戦っていました。

そこで、厄介な黒山賊を呂布(りょふ)に討たせようとしました。

張燕(ちょうえん)は1万の精鋭と数千もの騎馬を率いていました。

対する呂布(りょふ)は赤兎馬に跨り、成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)を率いる数十騎程度でした。

 

 

しかし、呂布(りょふ)軍は一日に三、四度にも及び張燕(ちょうえん)陣営に突撃し、

張燕(ちょうえん)軍の兵を次々討ち取ったため、数十日後に遂に黒山賊は壊滅しました。

この戦いから、史実として

「呂布に赤兎あり、常に付従う親衛の成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)あり」と記録されています。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

正史:成廉の最後と彼への評価

 

その後、呂布(りょふ)は戦乱の中、曹操(そうそう)と下邳城で最後の戦いをします。

この戦いで、呂布(りょふ)軍は敗北し、成廉(せいれん)も捕縛されました。

これ以降、史書にいは成廉(せいれん)に関する記述はないことから、

この時、成廉(せいれん)は呂布(りょふ)とともに曹操(そうそう)に打ち首にされたのでしょう。

魏書呂布伝・武帝紀では、成廉(せいれん)についての記述があり、

「驍将、成廉は生け捕りになった」とあります。驍将〔ギョウショウ〕というのは、

「強く勇ましい大将」という意の呼称であり、

ここからも成廉(せいれん)の並々ならぬ実力がうかがえます。

後漢書呂布伝では成廉(せいれん)は魏越(ぎえつ)とともに、

「健将」との表現をされており、八健将の元になったのではないかと考えられます。

 

演義での活躍

 

三国志演義では、成廉(せいれん)は他の八健将とともに「濮陽の戦い」で初登場します。

この戦いは呂布(りょふ)軍と曹操(そうそう)軍の戦いでした。

成廉(せいれん)はこの戦いで他の将とともに戦いますが、

度々曹操(そうそう)の配下の悪来典韋(あくらい てんい)に

追い回されるというやられ役のような役割です。

 

 

史実とは逆に勇猛な活躍はありませんでした。

この時の戦いは、イナゴの大量発生により、田畑が荒らされ食糧難となり、停戦となりました。

 

関連記事:任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

 

ピンチに陥る呂布

 

その後、時を経て曹操(そうそう)軍と呂布(りょふ)軍の戦いが再び始まります。

しかし、この時呂布(りょふ)軍は濮陽の豪族である田氏(でんし)から裏切られ、

城から追い出されてしまいました。

敗走した呂布(りょふ)軍を曹操(そうそう)軍が執拗に追いかけます。

陳宮(ちんきゅう)は曹操(そうそう)が策を弄することを危惧して

呂布(りょふ)に諫言しましたが、聞き入れられませんでした。

 

まさかの成廉の最後!

 

呂布(りょふ)は追撃してくる曹操(そうそう)軍を迎えうつことにしました。

呂布(りょふ)は、曹操(そうそう)の陣屋への周辺の地形から森に伏兵がいると踏んで用心していました。

しかし、実際には枯れた川の土手に兵が伏せられており、

不意に現われた伏兵に対処できず敗走しました。

その最中、曹操(そうそう)軍の楽進(がくしん)の放った矢により、

成廉(せいれん)が命を落とします。

さらに、軍勢の三分の二を失ってしまいました。

なんと、演義では下邳城の最終決戦前に成廉(せいれん)は脱落してしまっています。

 

三国志ライターFMの独り言

 

成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)はおそらく八健将の元になった武将なのでしょう。

なぜか魏越(ぎえつ)は八健将には加えられていませんが、

正史での彼ら、呂布(りょふ)の”健将”が三国志演義での八健将の元になった可能性は高いです。

とはいえ、なぜか成廉(せいれん)は最終決戦まで生き残れなかったような役回りになってしまいました。

なぜこんなことを羅貫中(らかんちゅう)がしたのかは、分かりません。

しかし、恐らく裏切り者で知られ、そして三国志演義の主役、

劉備(りゅうび)を陥れた呂布(りょふ)を慕い、

最後までつき従う様なそんな人物は、物語上描きたくなかったのかもしれません。

 

参考文献

魏書呂布伝

後漢書呂布伝

武帝紀

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち?

関連記事:呂布をリトマス試験紙にして群雄の性格を鑑定してみた

-古代中国の暮らしぶりがよくわかる-

 




 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別
  2. 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯
  3. 董旻(とうびん)ってどんな人?董卓を補佐した弟の生涯に迫る!
  4. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランス…
  5. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサ…
  6. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  7. 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・…
  8. 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します!
  2. 妻子を人質に取られすぎな劉備
  3. 三国時代から西晋時代を駆け抜けた羊祜の魅力とは 羊コ 羊祜 魏と晋
  4. 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?
  5. 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?
  6. 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る

三國志雑学

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀 武運を誇る馬超

おすすめ記事

天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性? 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ! 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方) 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント? 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見? 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)
  2. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット 鱸魚を釣る左慈
  3. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  4. 魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路
  5. キングダム587話ネタバレ予想印鑑はどこに押していたの?
  6. 小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪
  7. 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  8. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP