三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ

 

 

 

最近なにげなく「萌え」について検索していたら、ドラゴンボールのフリーザ様が

萌えキャラなんですと!? へ、へえ、そうなんや……。

強くて誇り高いのに噛ませ犬なところ。

誇り高いくせにせっぱつまるとどんどん汚くなっていくところ。

たしかに、その最凶(さいきょう)さとしょうもなさのギャップに萌えます!

 

ということで、可愛い女子化キャラの記事を期待してページを開いて下さった読者様

ごめんなさい!!

本日は三国志演義にでてくる人物像から、私の独断による萌えキャラ三選です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察

関連記事:曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?

 

 

萌えキャラNo.1 曹操

 

三国志演義の曹操(そうそう)は、冷徹で戦略眼にたけ、人材を使いこなして

天下の大半を支配下におさめた勝ち組の人物です。

 

そんな強い彼ですが、ときどき大敗を喫してボロボロになっている(さま)が萌えます。

(「が」の使い方、文法的におかしいですかね?)

董卓(とうたく)連合の悠長さに業を煮やして単独で董卓を追撃し、大敗して

曹洪(そうこう)に背負われながら川を渡って逃げるずぶ濡れの曹操

 

濮陽(ぼくよう)の戦いで陳宮(ちんきゅう)の計略にはまり、火攻めにあいヒゲまで焼けてしまった曹操。

定軍山(ていぐんざん)の戦いで、魏延(ぎえん)に顔面を射られて前歯が2本折れてしまった曹操。

いい絵です。三国志の絶対強者だという先入観があって見るボロボロの負けっぷり。

ギャップ萌えです。

 

いつもポジティブシンキングで強気なことばっかり吹いているのに、せっぱつまると

「誰か助けてくれー」と言ったり(濮陽の戦い)、「もう帰りゅ!」と言ったり(官渡(かんと)の戦い)

するところも可愛いです。

日頃冷徹なくせに女で失敗するところもご愛嬌(張繍(ちょうしゅう)討伐戦)。

 

極め付きは、呂伯奢(りょはくしゃ)の家族を誤解から殺し、誤解だったと気付いてから遭遇した

呂伯奢本人をも証拠隠滅のために殺害したあとの、あのセリフですね。

内心、ひどいことしちまったと思ってるはずなんですよ。でも口から出た言葉は

「俺は天下の人にそむいても、天下の人が俺にそむくことは許さない」

なんですか、この偽悪ぶり。もう愛するしかない。

 

 

萌えキャラNo.2 魯粛

 

三国志演義の魯粛(ろしゅく)は、いつも人の言葉を素直にうけとって

取り越し苦労をしてしまうお人よしキャラとして描かれています。

周瑜(しゅうゆ)諸葛亮(しょかつりょう)の駆け引きが読めず、

彼らが納得づくでやっている芝居を真に受けておろおろしてしまう魯粛

 

()が取るはずだった荊州(けいしゅう)劉備(りゅうび)

なし崩し的に占拠し続けていることに対し、早く呉に渡して下さいよ、って言いに行っては

その都度劉備たちに丸め込まれて手ぶらで呉に帰っていく魯粛。

優しいんですよね。

 

劉備が「いま荊州を返したら行くとこなくて困っちゃう」という諸葛亮のナレーションに

合わせて号泣していたら可哀相だと思って引き下がっちゃう。

それ、嘘泣きですから! 気付いてよ、魯粛さん!

賢い人であるはずなのに、お人よしすぎていつもおろおろしてしまう様に萌えます。

なんとか手助けしてあげたくなってしまいます。

 

三国志ファン人口のなかには、正史三国志の魯粛像を読み込んで、

魯粛は実はすごい人だったんだ、という論を展開なさる論者の方が

一定数いらっしゃるはずですが、そのうちの一定数はおそらく

三国志演義のたよりない魯粛を愛してしまってなんとかしてあげたいと

思っている方々なのではないでしょうか?

中国ドラマ「三国志 Three Kingdoms」の魯粛は正史寄りでかっこよかったですね!

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

萌えキャラNo.3 袁術(えんじゅつ)

 

三国志演義の袁術(えんじゅつ)は、家柄のよさを鼻にかけて自分が人気者だと勘違いしているイタい人

として描かれています。ケチんぼで、ねたみ屋で、卑怯者で、ブランドに弱いです。

 

【ケチんぼ】

劉備挟撃作戦に呂布(りょふ)の協力を得たあと、謝礼の支払いをケチって呂布に激怒される

【ねたみ屋】

董卓連合で、先鋒の孫堅(そんけん)が手柄をたてることをねたんで兵糧を送らない

【卑怯者】

兵糧を送らなかったことを孫堅に詰問されると、言い訳する度胸もなく、

兵糧を送らないように献策した部下を斬って事を終わらせる

【ブランドに弱い】

兵卒の関羽(かんう)華雄(かゆう)を斬るという大殊勲をあげても

身分というブランドがないから評価しない

 

人間的に全然ダメなので人気があるはずないのですが、自分ではそれに気付かず

“代々大臣を輩出したすばらしい家柄で民にも慕われているワイが皇帝になるのは天命や”

勘違いして皇帝を自称して総スカンをくらっています。

部下の兵士達にも見放され、合戦に敗れて落ち延びる途中で客死しました。

そんな袁術皇帝の誇り高さとしょうもなさのギャップに萌えます。

 

最期には敗走中の粗末な食事が喉を通らず蜂蜜水を所望(しょもう)しながら亡くなっていますが、

高級品の蜂蜜を飲めるような状況じゃないことも理解できなかったんですね。

こんなはずじゃなかった、って思いながら心身ともに疲労困憊した時に、

甘いの欲しくなった気持ちは、よく分ります。

もしタイムマシンがあったら、バケツ一杯分くらいの蜂蜜を持って行って

袁術皇帝に飲ませてあげたいです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

1.曹操 2.魯粛 3.袁術

ごく標準的なセレクトだったと思いますが、いかがでしょうか。

もしかすると私の「萌え」の感覚がずれているかもしれませんし、

すっごい大物を見落としているかもしれません。

「あの人を忘れてもらっちゃ困る!」「こんな面白い萌えキャラがいる!」など、

お気づきの点があればぜひ教えて下さい!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

関連記事:呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  2. 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦
  3. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  4. 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか
  5. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  6. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  7. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  8. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」
  2. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  3. 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ
  4. 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの? 魏延の謀反を察する孫権
  5. キングダム ネタバレ 535話「蒙恬総大将特例で将軍へ昇格」
  6. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!

三國志雑学

  1. 蜀の厳顔
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 西郷糸子

おすすめ記事

蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの? 白狼山の戦いは曹操もちょっぴり後悔? 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた! 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦 キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概 三国志ライター よかミカンさん えっ、オレそんなキャラ?三国志の英雄が目を丸くする今どき三国志 魏や呉にもいた諸葛一族の話 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】

おすすめ記事

  1. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  2. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  3. 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介
  4. オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」
  5. 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?
  6. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」
  7. 袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価した人物
  8. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP