法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由

呂布と袁術



呂布

 

三国志最強の武将呂布(りょふ)、何度も裏切りを繰り返し欲望のままに生きた呂布ですが、

もしも彼の武力が100以上あれば、曹操(そうそう)()し潰して天下を取れたのでしょうか?

残念ながら答えはNoです。

どうしてそうなるのか、それは天下を治める絶対条件の正統性を一度も、

意識した事がない為なのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった

関連記事:呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ

 

 

天下を取るとは対抗勢力を全て叩き潰す事ではない?

袁術

 

三国志の世界は後漢王朝の力が衰え秩序が崩壊した時代です。

ならば、今の10倍にパワーアップした呂布なら難なく天下が取れる

一見、そう思うかも知れませんが実は違うのです。

 

天下を取るという事に何よりも必要なのは天下を治める正統性を得る事

自分に歯向かってくる相手をひたすら叩き潰す事ではないのです。

 

 

ライバルが抵抗しても仕方ないと思う大義名分を立てる

光武帝

 

例えば、後漢王朝は漢王室の流れを汲んでいる光武帝劉秀(こうぶていりゅうしゅう)が前漢を簒奪(さんだつ)した

王莽(おうもう)を撃破し、その後、雨後の(たけのこ)の如く出現したライバルを打ち倒して

建国したという正統性を持っていました。

 

また、前漢は建国者劉邦(りゅうほう)が人民を(しいた)げた秦帝国を倒す事に功績があり、

その後、悪逆無道な覇王項羽(こうう)を撃破する事で樹立した正統性があります。

劉邦

 

つまり正統性とは人民を虐げ苦しめている暴君を倒して善政を敷き、

圧倒的に人民に支持されているという既成事実の事でした。

いくら武力が強くても、広範囲に支持されている相手を敵にすると

自分が悪者になってしまうリスクを背負う事になります。

 

それでは、周辺の勢力が協力してくれず、

下手をすれば相手に味方してこちらを攻めるかも知れません。

だから迂闊(うかつ)に逆らえないのです、

これが正統性から発生する大義名分です。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

呂布は大義名分など考えた事も無かった

呂布

 

呂布は確かに強いですが、彼は大義名分に関心がありませんでした。

頼みにしているのは、自分の武力だけであり、後は目先の変化で

少しでも有利な方につくというだけでした。

 

もっとも呂布にも天下に近かった時期があります。

西暦192年、王允(おういん)(そそのか)されて董卓(とうたく)を殺害し奮武(ふんぶ)将軍に任じられた頃です。

 

この状態を維持し、王允と折り合いをつけるなり排除するなりして

直接に献帝(けんてい)をコントロールできるようにし、周辺に号令をかける事が出来れば

ほぼ無敵の強さがあるのですから、献帝を保護した曹操(そうそう)のように

自分が起こす戦いを義戦として、自分に歯向かう相手を賊にする

アドバンテージを保有できたかも知れません。

 

しかし、王允と呂布の蜜月は短期間で終り、おまけに董卓の弔い合戦で

長安に攻め上ってきた李傕(りかく)郭汜(かくし)の連合軍に敗れてしまい、

呂布は簡単に献帝を手放してしまうのです。

李傕と郭汜

 

また、その事について呂布は何の痛恨も感じている様子もないので

最初から天下を取るという認識など無かったのでしょう。

 

最後まで献帝を握り続けた曹操

献帝

 

呂布と対照的なのは、やはり曹操です。

許に献帝を迎えてからは終始一貫して手放す事なく守り続けました。

元々自分とは、かなり実力差があった北方の雄、袁紹(えんしょう)

「ミカドをもう少し、俺の領地の近くに移せやゴルァ」と凄んでも

関係が悪くなる事を承知で拒否しています。

曹操と袁紹

 

献帝は全く非力でしたが、その400年の権威は曹操の力の源泉でした。

魏には雲霞の如く人材が集まってきましたが、

もし、曹操が献帝を握っていなければ、その人材の流れは、

はるかにゆっくりしたものに終始したでしょう。

 

当時、士大夫が仕える相手は漢王室以外にはありませんから、

例え傀儡皇帝(かいらいこうてい)に過ぎずとも、めぼしい人材は魏を目指す事になったのです。

 

正当性を中途半端にしか持ちえず苦労した蜀や呉

諸葛亮孔明

 

呂布などよりは、ずーっと正当性の必要を痛感していた(しょく)()ですが、

やはり、献帝を曹操に抑えられ曹丕(そうひ)禅譲により魏王朝を建国すると

自国の正統性の弱さに苦しめられる事になっています。

 

呉は元より、建国の正統性の担保がないので龍が出たとか

鳳凰(ほうおう)が飛んだ等の怪しい瑞兆(ずいちょう)などを演出するしかなく

孫権が本気で天下統一を狙っていたかは疑問です。

孫権

 

あわよくばの気持ちはあったでしょうが、自分の正統性の無さが、

天下の争奪に極めて不利である事は承知していたでしょう。

 

孫権春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)孫武(そんぶ)の子孫を名乗っていたようですが、

王侯でもない将軍孫武の威光に(すが)る時点で正統性の弱さを

白状(はくじょう)しているも同じだと言えます。

孔明

 

蜀は一見すると、漢室の末裔を称する劉備(りゅうび)のお陰で呉よりは、

幾分かはマシに見えますが、それでも蜀の正統性を維持する為に、

曹魏を不倶戴天(ふぐたいてん)の敵と憎み、絶えず攻撃を仕掛け挙国一致(きょこくいっち)を貫かないと

国内が弛緩(しかん)して、ただの地方政権に成り下がるというジレンマを

滅亡まで抱え続けないといけませんでした。

 

北伐で諸葛亮が絶えず長安陥落を企むのも、前漢の帝都を抑えて

ここに劉禅(りゅうぜん)を迎え、とぼしい正統性をいくばくか補強するという

思惑があったに違いありません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawauso

 

こうして見ると、ただ強いだけでは天下を取る事は出来ない事がわかります。

曹操は戦いに果てがない事をよく知っていて、いかに権威を握って

戦わずに敵を屈するかに注意深く配慮しました。

 

いかに敵が強くても、相手が逆らいようがない正統性を保持していれば

ひとりでに敵は倒れていくという事を曹操は理解していたと言えるでしょう。

それは、魯粛(ろしゅく)周瑜(しゅうゆ)が呉の衆論を(くつがえ)すまで、呉では降伏論が優勢だった点からも

窺えるのではないでしょうか?

 

三国志には多くの英傑が出ましたが、大義名分を得て、

天下を再統一出来る程のプランがあったのは曹操や諸葛亮などの

数える程の人々しかいなかったと言えますね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法

関連記事:于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 黄巾賊 黄巾の乱から増える戦死者、三国志時代が人口減少を招いたの?
  2. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】
  3. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  4. kataru 陳寿が語る孫権像
  5. 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?
  6. 劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  7. 残忍な曹丕 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  8. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 孔明による出師の表
  3. 宇佐美定行
  4. 龐統
  5. 司馬懿対孔明

おすすめ記事

  1. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ? 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  2. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】 劉備と曹操
  3. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1 環夫人
  4. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』
  5. 戦犯・馬謖!もしも街亭の戦いをラーメン店に例えたらこうなりました 山頂に陣を敷いた馬謖
  6. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

三國志雑学

  1. 曹操は女性の敵なの?もじのみ
  2. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  3. 曹操の元から離れる関羽
  4. 孔明南東の風
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 親バカな諸葛孔明
  2. 曹休
  3. 大久保利通 幕末
  4. スピリチュアルにハマる光武帝
  5. はじめての三国志編集長kawauso

おすすめ記事

始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】 五虎大将軍の馬超 新人・馬超が劉備と馴れ馴れしく口をきいていた!? 江藤新平 幕末 江藤新平「梟首」その壮絶な最期とは 京劇の楽しみ方、ルーツとは?元々は安徽省の劇だった?覇王別姫で知られる京劇 曹操 健康 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法 五虎大将軍の馬超 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか? 魏と国号を決める曹丕 曹丕はなんで国号を魏にしたの?実は他の国号になる可能性もあった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP