曹丕の第2夫人の郭皇后とはどんな人?後漢の小公女セーラ


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

郭皇后(女性)

 

正史『三国志』で郭皇后(かくこうごう)は2名登場します。1人は魏(220年~265年)の初代皇帝曹丕(そうひ)の第2夫人となった人物、もう1人は魏の第2代皇帝曹叡(そうえい)の第2夫人となった人物。偶然にも2人とも第2夫人である。今回は曹丕に嫁いだ郭皇后を正史『三国志』をもとに紹介します。

 

※記事の都合上、名前は郭皇后で通します。


後漢の小公女セーラ

黄巾賊を率いて暴れまわる何儀(かぎ)

 

郭皇后は安平郡(あんぺいぐん)広宗県(こうそうけん)の出身であり代々役人の家でした。袁紹(えんしょう)ほどの名家ではありませんが、孫堅(そんけん)劉備(りゅうび)ほど勢力が乏しかったわけではありません。生まれた年は中平(ちゅうへい)元年(184年)の黄巾の乱(こうきんのらん
)
の時です。

 

剣を持ち戦う楊端和

 

父親は、かなりの親バカだったらしく彼女を「この子はわしの家の王様だ!」自慢しており、挙句の果てに彼女の(あざな)を「女王」にしていたようです。『キングダム』の楊端和(ようたんわ)みたいな子だったのでしょうか?

 

処刑を下す曹操

 

ところが董卓(とうたく)専横(せんおう)曹操(そうそう)徐州(じょしゅう)大虐殺など相次ぐ戦乱で両親は亡くなり家は没落(ぼつらく)。郭皇后は流浪して金持ちの家に引き取られ召使いとなってしまいます。まさに、後漢(ごかん)(25年~220年)の小公女セーラです。


中年で後宮に入る

魏志(魏書)_書類

 

郭皇后は召使いとして働いていた間、どのような生活をしていたか史料は何も語っていません。やがて時は流れて曹操は魏公(ぎこう)になりました。この時、郭皇后はどのようなツテを使ったのか不明ですが後宮(こうきゅう
)
に入りました。

 

曹丕に嫁つぐ郭皇后(女性)

 

曹操が魏公だったのは建安(けんあん
)
13年(213年)~同21年(216年)まで。つまり、彼女は30~33歳の間で後宮に入ったのです。昔は人生50年が人間の生涯です。郭皇后は、すでに人生の半分以上を生きているので昔の人の感覚だったら中年に該当します。

 

王族ボンビーから一転セレブ10 董太后(女性)

 

宮女としての身分も決して良いものではありません。『キングダム』で例えるのなら向ちゃんと(よう)ちゃんの初登場時ぐらいの身分からのスタートです。

後継者争いをしている曹丕と曹植

 

曹丕とは宮女(きゅうじょ)として働いていた時からの知り合いでした。正史『三国志』によると曹丕が曹植(そうしょく)との後継者争いに勝利して皇太子(こうたいし)になれたのは、彼女を意見を取り入れたのもあったからと言われています。

 

曹丕

 

曹丕と曹植の後継者争いについては様々な見解があるので、功績は郭皇后にあると結論するのは早計です。ただし、彼女も曹丕に力を貸していたと考えても良いと思われます。残念ながら史料に何も記されていないのが惜しいことです・・・・・・


甄夫人を殺した?

曹丕にビビって意見を言えない家臣達

 

魏の黄初(こうしょ)2年(221年)に曹丕の第1夫人である甄夫人(しんふじん)が亡くなりました。曹丕により自殺を命じられたようです。甄夫人は曹丕が人前に出して自慢するほどの奥さんでした。


キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

それなのになぜ自殺させたのでしょうか?実は後漢が滅亡して魏が建国された頃には、曹丕の甄夫人に対しての愛情も薄れていました。曹丕は愛情はすでに郭皇后や他の女性に移っていました。怒った甄夫人はブツブツと文句をたれるようになりました。

 

魏の皇帝になる曹丕

 

これをチャンスと思った曹丕は不敬罪(ふけいざい
)
ということで甄夫人を始末したのです。もしくは皇后になりたいという思いから郭皇后が曹丕に入れ知恵したのかもしれません。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 郭修(かくしゅう)暗殺者
  2. 陳登を救うために曹操に会見する陳矯(ちんきょう)
  3. 曹純
  4. 張コウ 張郃
  5. 曹洪
  6. 処刑寸前で止める廬毓(ろいく)

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 彩葉
    • 2020年 5月 13日

    先程のコメントで書き忘れましたが、2017年に中国で製作・放送された「三国志~司馬懿 軍師連盟~」では、史実や演義をベースにしながら創作やオリジナル設定が散りばめられていましたが、そこでは郭皇后と甄夫人との関係は良好でしたね(ドラマの中で甄夫人が郭夫人の事を妹も同然、と曹丕に対して言っていた)
    ただ、ドラマの郭皇后も曹叡から死を賜っているので何だか浮かばれません。悪いのは曹丕ですから!
    曹叡は自分の父がした事と同じ事を自分でもしてしまっていますね。

    • 彩葉
    • 2020年 5月 13日

    個人的な意見ですが、この人の存在自体が曹丕のイメージや評判の悪さに繋がっているところがある気がします。悪いのはこの人ではなく曹丕ですが、郭皇后の讒言で甄夫人が死を賜った事(真偽は不明ですが)
    確かにこの人が曹丕の夫人になって甄夫人への寵愛が薄れた事は事実ですが、三国志を知らない人がこの記述を見たらそのまま鵜呑みにして信じてしまいそうです。
    あと、曹丕が曹洪おぢさんを処刑しようとした時にも、卞太后が「曹洪を殺したら、明日にでも帝に廃后を命じる」と脅されて曹丕に泣いて処刑をやめるように懇願しています。甄夫人が卞太后との関係が良好だったと言いますからどうしても比較してしまいがちですが…
    郭皇后自身、皇后の座まで上り詰めた人ではありますが、晩年然り、宮中では気が休まらなかったのではないかと思います。

      • 2020年 5月 13日

       彩葉さん、コメントありがとうございます。熱心な三国志ファンであることが分かりました。また、コメントください。

       私も曹洪おじさんの事件は気になっていたのです。曹丕は昔の借財程度でおじさん殺害することを決意していたのですが、いくらなんでも動機が不純です。

       史料には借財する時の経過が記されていないのです・・・・・・

       私の想像の域に過ぎないのですが、曹丕は借財をしようとした時に曹洪との会話でとんでもないことを聞いてしまったのではないでしょうか?もしかしたら、それが魏王朝を揺るがすスキャンダルレベルだったのかもしれません。

       例えばよく言われる曹叡の出生の秘密とか・・・・・・ちなみに私はこの話は信じていません。

       だから、くだらないことをネタにおじさんを殺して口封じをしようとしたのかもしれません。

       




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP