姜維は諸葛亮の意思を本当に継いだの?二人の北伐の違いを考察してみた


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

馬謖に重要な仕事を任せるなと孔明に伝えて臨終を迎える劉備

 

諸葛亮(しょかつりょう)の北伐は亡き劉備(りゅうび)の遺志を継いだもので、漢王朝の復興を目指したと言われています。

 

蔣琬(しょうえん)

 

諸葛亮の没後は蔣琬(しょうえん)費禕(ひい)がそれぞれ国のトップに立ちますが、蔣琬は病気もあり北伐の構えこそ見せるも結局は一度も出兵せずに費禕に交代。

 

北伐したい姜維を止める費禕

 

費禕はそもそも北伐反対派で、最後にそれを引き継いだのが軍事の全権を得た姜維でした。しかし、諸葛亮と姜維(きょうい)の北伐には異なる点も多く、同じ北伐でも2人の目指していたものは違っていたように思います。

 

姜維、孔明

 

そこで今回はそれぞれの北伐についての考察と諸葛亮自身の意思がどこにあったのかを探っていきます。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



諸葛亮と姜維の北伐の相違点

北伐する孔明

 

諸葛亮は7年間(228年〜234年)に5回、姜維は自身が軍権を得る前の細かなものも含めると、23年間(240年〜262年)で11回の北伐を行っています。ちなみに軍権掌握後は6回。

 

北伐を結構する孔明

 

平均すると諸葛亮は1年3ヶ月に1回、姜維はほぼ2年に1回のペースで北伐をしている計算です。そう考えると諸葛亮の方が頻繁に遠征をしているのですが、基本的に諸葛亮は大きな損害を避けていました。

 

敵に囲まれる馬謖

 

1度目は馬謖(ばしょく)が街亭で敗れるとすぐに全軍撤退を決断していますし、2から4度目は局地戦を行っただけ。5度目は魏が動かずにそのまま病没と負けた回数は多いものの損害は少なく、1度目も西県を制圧して民を移住させるなど一定の成果を上げています。

 

すぐに戦争したがる姜維

 

姜維の北伐はペースこそ遅く感じますが、247年から250年、253年から257年の間は毎年出兵をするなど短期間に連続して行われ、時には成果があったものの大きな損失を伴う敗戦もありました。

 

姜維怨嗟の声

 

こうして国力を削ったことが蜀を滅亡に追い込んだという理由で姜維を戦犯扱いする意見もあります。

 

関連記事:馬謖の山登りは王平が原因だった!陳寿が隠した真実?

関連記事:公正な諸葛亮と「法正」の微妙な関係とは?馬謖を斬ったのに漆黒の軍師には甘かった理由

 

馬謖

 

 

 

北伐時の進軍ルートの違い

兵糧を運ぶ兵士

 

諸葛亮は5回の北伐のうち関山道(せきざんどう)から祁山に2回、陳倉道から陳倉、褒斜道(ほうやどう)から五丈原へそれぞれ1回ずつ進軍しています(残り1回は西方の武都と陰平方面)。

 

三国時代の弓兵(兵士)

 

姜維はというと基本的に諸葛亮よりも更に西側、戎道県や臨洮県などがある隴西郡が中心。特に費禕が軍事トップにいた頃は1万ほどの兵力しか与えられず、遠征には羌族の援軍や反乱に乗じるといった作戦で戦力を補うしかありませんでした。

 

羌族に援軍してもらうよう使者を出す姜維

 

ただ、姜維の一族である姜氏は涼州における名士であり、その威名も羌族と手を組む際に有効だったようです。そのため、まずは雍州(ようしゅう)西部から涼州へ続くルートを確保し、異民族や涼州(りょうしゅう)軍閥の反乱を扇動して益州(えきしゅう)、雍州、涼州の兵で長安を目指したのではないかと思います。

 

関連記事:姜維の悲願達成なるか!北伐の戦績は?

関連記事:姜維の北伐はシルクロード貿易の利益目的か?隴西地域に姜維が期待していた理由

 

姜維特集

 

 

劉備の遺志と諸葛亮の意思

蜀の姜維

 

姜維の北伐は本気で魏の打倒、あるいは長安の奪取を目指していたと言えるでしょう。

 

諸葛亮孔明の天下三分の計に感化される劉備

 

しかし、諸葛亮の場合はそうではなかったようです。諸葛亮は劉備の遺志である漢王室の復興を目指したわけですが、益州しか領有しておらず夷陵(いりょう)の戦いで多くの将兵を失った状態ではどう考えても目標達成は不可能。

 

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

そのため、表向きは劉備の遺志を継いで北伐という形を見せたものの、諸葛亮個人としては蜀漢を存続させるという意思で行動していたのではないでしょうか。

 

司馬昭から蜀の討伐を命じられる鍾会と鄧艾(トウ艾)

 

蜀漢の滅亡は司馬昭(しばしょう)鍾会(しょうかい)が戦力をしっかり分析し、明らかに国力が衰えている瞬間を狙われました。

 

祁山、街亭

 

もともと巴蜀の地は天然の要害であり、攻めにくく守りやすいと言われていた場所で、魏軍が南進した数が少ないことからも力押しには抵抗があったように感じます。

 

四輪車に乗る孔明

 

そこで諸葛亮はあえて国力を削る北伐を敢行することで、蜀漢にはまだ力があることを敵に見せつけて国を守っていた。加えて、蜀漢が漢王朝を正統に継ぎ、魏を打倒しようとしていることを民衆に知らしめるPR活動も同時に行っていたのです。

 

関連記事:姜維の度重なる北伐!戦果はあったのか?

関連記事:姜維の北伐をビジュアル解説!

 

蜀漢の滅亡

 

 

『見せ札』としての北伐と『命を削る』北伐

孔明(諸葛亮)から重宝される趙雲

 

諸葛亮はあくまで北伐を見せ札として使っていたので、国力を大きく削ぐ戦い方はしませんでした。

 

魏延からの提案を却下する孔明

 

魏延の長安奇襲作戦のようなリスクのある作戦を採用しなかったのも蜀漢存亡という自らの意思に反するものだからでしょう。

 

費禕の没後、北伐の準備に取り掛かる姜維

 

しかし、諸葛亮のそういった考えは蔣琬以降のトップには伝わらなかったのか、姜維は死力を尽くして魏を倒そうという一か八かの賭けを長年に渡って繰り返しました。それが国を大きく疲弊させ、魏に攻める機会を与えるとも知らずに。

 

関連記事:魏延の北伐について史実と三国志演義両方から考察してみる

関連記事:魏延が街亭を守っていれば北伐戦は成功したかも!

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

蔣琬と費禕の北伐

費禕

 

本題からは少し外れますが、諸葛亮の意思がそれ以降の軍事トップに反映されていなかったことを示すために蔣琬と費禕の北伐についても取り上げます。

 

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

まず蔣琬は諸葛亮の北伐は兵糧運搬に難があることから、漢水を下って上庸と魏興を襲撃することを考え、多くの船を用意。ただ、これは費禕らの反対があったのか、それとも本当に自身の病が原因なのか実行には至りませんでした。

 

進軍する兵士c(モブ用)

 

最終的には荊州方面へ出て呉と連携するつもりだったのかもしれませんが、こちらも諸葛亮のように魏に力を見せつけるための作戦だったとは言えないでしょう。

 

2つの持論を展開する費禕

 

費禕の場合は謎が多く、北伐反対派だったにも関わらず費禕がトップだった際に、姜維は4度の北伐を行っています。主に隴西方面へ侵攻していますが、これが費禕の指示だったのかはわかりません。

 

剣閣で守りを固める姜維

 

軍律違反者を処刑できる権限の仮設が与えられていることから、全てが姜維の独断というのも違うはず。ただ、姜維の行動を制限して国力を大きく削らないようにしたという点では諸葛亮に近い方針だったかもしれません。

 

 

しかし、魏はそれほど脅威には感じなかったはずなので、諸葛亮の意思は誰にも伝わっていなかったと言えます。

 

関連記事:蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?

関連記事:蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?

 

トウ艾

 

 

三国志ライターTKのひとりごと

TKさん(三国志ライター)

 

諸葛亮としても漢室復興という蜀漢建国における大義名分に反することは、大っぴらに言えません。また、蜀漢存続の先にあるゴールが見えない状態では、その意思を継がせることもできなかったでしょう。

 

姜維と孔明

 

ただ、見方によっては諸葛亮のポーズとしての北伐が、意図を理解していなかった後継者たちが無謀に行い、結果的に滅亡の道を歩んだとも言えます。諸葛亮にとっては皮肉な話かもしれませんが。

 

関連記事:【郭淮と陳泰】姜維の北伐を見事に防いだ最強タッグを考察

関連記事:蒋琬、漢中にて北伐を開始!その時、姜維と費禕は何を考えていた?

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TK

TK

KOEIの「三國無双2」をきっかけに三国志にハマる。
それを機に社会科(主に歴史)の成績が向上。 もっと中国史を知ろうと中国語を学ぶために留学するが 後になって現代語と古語が違うことに気づく。


好きな歴史人物:
関羽、斎藤一、アレクサンドロス大王、鄭成功など

何か一言:
最近は正史をもとに当時の文化背景など多角的な面から 考察するのが面白いなと思ってます。 そういった記事で皆様に楽しんでもらえたら幸いです。

-姜維
-, , ,