実は顔良はあの人の一族だった!?(可能性)




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

顔良と文醜

 

皆さんは顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう)についてはご存知でしょうか?

 

袁紹にお茶を渡す顔良

 

そう、天下に最も近かった(たぶん)名族、袁紹(えんしょう)の配下武将にして勇将、猛将であった二人。

 

顔良と関羽

 

彼らを失ってしまったことが後々の曹操(そうそう)との戦いに深い影響を及ぼしてしまった……そんな顔良。実は歴史的にも有名なかの人物の一族の一人だったのです!

 

三国志を楽しく語るライターセン様

 

……可能性があるな、というのが今回のお話です。どうぞお付き合い下さいませ。

 




三国志演義のお話です。

文醜と顔良

 

顔良は文醜と並ぶ袁紹軍の猛将であり、兄弟のように二人は親しく、義兄弟の契りを結んだ関係でした。というのは三国志演義(さんごくしえんぎ)のお話であり、実際には二人はどんな関係であったかどうかは分かっていません。

 

漢の顔良(がんりょう)

 

ただこの三国志演義の設定、二人が袁紹軍を代表する猛将、名前を並べるとインパクトが抜群、等などの状況がかみ合ったのか、良くゲームでもセットのように出されてきますね。※因みに顔良がイケメン、文醜がそうでもない(婉曲的表現)というのはほぼイメージです。

 

関連記事:顔良と文醜はどこの馬の骨だったのかを考える?

関連記事:関羽に討たれた顔良とはどんな人だったの?

 

はじめての三国志データベース

 




 

顔良の評価が分かれる

はてなマークな劉備と袁術

 

さて顔良の前半生はどうなっているのかは分かりません。しかし曹操と袁紹のぶつかり合う官渡(かんと)の戦いの頃には既に袁紹軍の筆頭のような立ち位置でした。

 

腐れ儒者気質な孔融

 

実際に孔融(こうゆう)が「顔良には油断しちゃだめです!」と言っています。

 

荀彧

 

そして荀彧(じゅんいく)は「顔良はすぐ生け捕れますよ」とも言っています。評価を見る限り何とも両極端ですね。

 

関連記事:華やかな貴族文化が花開いた唐の時代、荀彧が憧れの対象となった「香り」とは?

関連記事:荀彧は頑固な性格?謎多き漢室への忠義

 

荀彧特集

 

 

沮授による顔良の評価

袁紹に顔良の活用を止める沮授

 

また袁紹軍の軍師、沮授(そじゅ)は顔良に対して「顔良将軍は単独で戦わせてはいけません」と袁紹に進言しており、また袁紹はこれを受けて顔良に郭図(かくと)淳于瓊(じゅんうけい)を付けて白馬に攻撃させています。

 

荀彧

 

これを見て判断すると、どちらかというと荀彧の評価の方が該当しているような印象を受けますね。同時に郭図らを付けていることを見ると、袁紹軍でもかなり立場的には高い位置にいたと思われます。

 

関連記事:官渡の戦い以前から確執はあった?沮授は「主に恵まれなかった」のか?

関連記事:沮授とはどんな人?主人運が悪かった!袁紹軍悲劇の参謀

 

官渡の戦い特集

 

 

命運を分けた

荀攸

 

この後、顔良は孤立した所を叩かれ、討ち取られます。これは荀攸の献策によるもので、于禁(うきん)らに背後を襲撃させることで郭図らが引き返すも、顔良だけはそのまま白馬に残って戦い続けました。

 

伝言を伝えにくるも関羽に斬られる顔良

 

そしてこの際に関羽(かんう)は顔良を見つけるなり一人でこれを討ち取った……そして後に文醜も討たれ、顔良と文醜を失った袁紹軍は士気が崩壊……官渡の敗北、というのが、大まかな流れです。

 

関連記事:正史では活躍した荀攸はどうして三国志演義では目立たない存在に?

関連記事:裴松之の怒りの告発?賈詡を荀彧・荀攸と一緒にするな?

 

関羽

 

 

顔良の血統・顔回

ストイックすぎる仁徳者・顔回(文官)

 

この顔良なのですが、「顔氏家訓(がんしかくん)」によると顔回(がんかい)と同族と言われています。顔回とはご存知有名な孔子(こうし)の弟子。その中でも最も優れていた人物と言われ、孔子先生のお気に入りの弟子でした。

 

 

孔子は優秀な顔回の将来を渇望し、自分の後継者とみていたのですが……何の運命か、顔回は夭折(ようせつ)します。顔回の死を孔子は嘆き悲しんだとされています。で、繰り返しますがこの顔回と顔良は同族と言われているのです。

 

関連記事:【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子

関連記事:三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは?

 

孔門十哲

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-, ,