広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備

この記事の所要時間: 212

関羽 死

 

天文を見ていた孔明(こうめい)は、巨星が墜ちた事から

関羽(かんう)の死を知ります。

しかし、劉備(りゅうび)の事を考えるとその事実を告げられずにいました。

 

それから、暫くし、荊州の前線からの早馬が成都城に突入します。

 

「申し上げます、関羽将軍、荊州麦城にて、呉の呂蒙(りょもう)

手に掛かり、討ち死に、討ち死になさいましたぁっ!」

 

劉備は伝令の報告を聞くや、その詳細を聴く間もなく、

衝撃の余りに、気を失って倒れてしまいます。

 

前回の記事:109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国 

 

 

関羽の死に血の涙を流す劉備

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

やがて意識を取り戻した、劉備は、一目も憚らず、

血の涙を流して号泣します。

 

「おおおおお、、、関羽よ、我が弟よ、、桃園にて死ぬ時は共にと

誓った事をお前は忘れたのか、、おおおおおおおおおおおおお!!!」

 

ひとしきり号泣した劉備の顔には、激しい悲しみに代わり

恐ろしい殺気がみなぎっていました。

 

孫権(そんけん)め、よくも我が義弟、関羽の首を刎ねおったな、、

決して許さぬ、今すぐにでも滅ぼしてくれる!!!」

 

劉備は、ただちに軍を興そうとしますが、それを孔明が必死になだめます。

 

「お待ち下され、今、呉と争うのは得策ではありませぬ!」

 

「得策、下策の問題ではない!関羽はワシの肉体の一部じゃ、

それを剥ぎ取られて、生きていられようか!止めるな孔明!」

 

「あなたは、もう、以前の浪人ではないのです!関将軍を失った

悲しみは私も同様です、しかし、蜀の人民の為に堪えて下さいませ!」

 

孔明が必死になだめるので、劉備も、一旦は呉を攻めるという事を

撤回せざるをえませんでした。

 

それから、間もなく、劉備の下に後漢の献帝が、

曹丕(そうひ)によって帝位を奪われ、しかも、

殺害されてしまったという悲しい情報が届きます。

 

関連記事:曹丕が献帝を廃し魏を建国

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

関連記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

関連記事:関帝廟のご利益は……神様の名前は、「関聖帝君」

 

劉備を皇帝の位に昇るよう要請する孔明たち

劉備孔明と出会う?

 

ここに至って、孔明は、全ての群臣を纏めて、劉備に対して、

漢中王の位から皇帝の位に昇るように要請しました。

 

劉備は、これには怒りの色をなして拒否しました。

 

「お前達は、私を曹丕同様の不忠の人にしたいのか!

漢が滅ぼされてしまったというのに、その機に乗じて

皇帝の位に就けなどと、よくも言えたものだ!!」

 

しかし、ここで、孔明がさらに劉備を説得します。

 

「我が君、それは違います、既に漢室が滅んだ今、

畏れ多くも、漢室の血を引くあなたが皇位に就かずして

一体、誰が漢室を復興できましょう。

そして、献帝を殺した曹丕を不忠の人として討伐しなければ

我が君が今日まで掲げてきた漢室の復興は、

それこそ無意味なものとなりますぞ」

 

それでも、劉備は、中々首を縦に振りませんでしたが、

家臣全体からの帝位に昇るべしという請願が繰り返されるに至り

渋々、皇帝として即位する事を了承しました。

時に西暦221年、劉備は蜀の初代皇帝になりました。

 

関連記事:えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?

関連記事:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

関連記事:関羽が生涯に斬った主な敵将を紹介

関連記事:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操

 

 

魏・呉・蜀の三国時代に突入する

三人(魏 呉 蜀)

 

劉備が皇帝に即位した事で、呉の孫権も、帝位に就く事になり、

ここに、魏・呉・蜀の三国時代が開始される事になります。

 

劉備は、飽くまでも漢の後継者である事を強調したので、

蜀は、蜀漢と呼ばれる事もあります。

 

こうして、皇帝に即位した劉備ですが、孔明達、重臣の願いとは裏腹に

劉備自体は、呉に対する敵対姿勢を強めてゆきます。

 

次回記事:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める

 

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?…
  2. あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌…
  3. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  4. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書い…
  5. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語
  6. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  7. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  8. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す
  2. 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯
  3. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  4. 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ
  5. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想
  6. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの? 【意外】古代中国では犬やタヌキが鼠を捕っていた? 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは? 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】
  2. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  3. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!
  4. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  5. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問
  6. 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人
  7. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  8. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP