三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯

photo credit: Wisdom - Seeds of Light via photopin (license)
この記事の所要時間: 545

項羽と劉邦

 

田横(でんおう)は楚漢戦争末期に斉の国の王様になった人物です。

当時天下を二分していた劉邦(りゅうほう)項羽(こうう)の両政府になびかない諸侯がいない中、田横(でんおう)だけはどちらの味方もせず不撓不屈の精神で正義を模索した王様です。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

兄に誘われて一緒に独立を助ける

 

秦の始皇帝の死後、天下は麻のごとく乱れました。

田横(でんおう)は兄田栄に誘われ、斉の国(戦国七雄の国)王の子孫であった従兄弟の田儋(でんたん)を王として盛り立てる為に協力します。

秦の国から派遣されてきた官吏を謀殺し、田儋は斉王として立ちます。

兄田栄は宰相に任命され、田横も将軍に就き抵抗を続ける斉の各城を平定するため出陣します。

 

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

魏から救援要請により田儋と兄田栄は出陣

 

秦の章邯(しょうかん)軍に包囲されている魏から救援要請があり、田儋(でんだん)と兄田栄は出陣します。

しかし田儋は章邯軍の夜襲に敗れ討ち死にしてしまう。

 

共に出陣していた田栄は退却に成功しますが、退却先の東阿で秦軍に包囲され瀕死寸前でした。

しかし、項羽の叔父である項梁軍が東阿を包囲していた軍勢を撃破することで田栄は窮状を脱することができました。

この危急の時に田横は何処にいたのか史書には記されていません。

 

関連記事:秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

 

宰相田横

 

田儋の死を知った田栄は田儋の息子田市を王に就かせ、兄田栄と共に田横も斉の国を安定させるため内政に励みます。

秦の将軍章邯を降伏させ、秦の首都を焼き払い天下の主催者となった項羽は論功行賞を行い、斉の国に新たな王を派遣することが決まりました。

 

斉王田市は、項羽に恐怖し田栄と田横に左遷地へ移ることを提案します。

この提案に田栄は激怒。

言葉を尽くして説得をしますが、田市は聞かず左遷地へさっさと移ってしまいます。

田栄は田市を再び説得するため、跡を追って行きます。

田横は項羽から派遣されてきた新王の軍勢を斉の首都臨淄(りんし)で撃破します。

 

一方田栄は、自分の進言を聞き入れない田市を殺害し、派遣されてきた王の残党軍を打ち破り臨淄に帰還します。

その後兄田栄は斉王になり、田横は宰相となり、斉国の軍事・政治・外交すべてが任せられます。

派遣した王の軍勢が破れたことを知った項羽は自ら軍勢を率いて、斉に侵攻を開始します。

斉王田栄と宰相田横は項羽の軍勢を追い払うため出陣します。

 

圧倒的な強さを誇る項羽軍になすすべもなく敗れる

項羽 はじめての三国志002

 

田栄と田横の兄弟は力戦しますが、圧倒的な強さを誇る項羽軍になすすべもなく敗れてしまいます。

斉軍を破った項羽は戦に関係のない民衆を殺害し、斉の国々を焼き払い二度と自分に逆らわないように徹底した破壊と殺戮を行います。

敗れた田栄は趙の国に近い平原県に逃げますが、項羽を恐れた民衆に斬られ項羽に臣従します。

 

斉の民衆は、項羽の破壊と殺戮に恐怖を持ちながらも反感を覚えた人々は、城陽(じょうよう)で田横が生きていることを知り、続々と田横の元に集結して挙兵します。

項羽は斉の首都臨淄で田横が挙兵した事を知り、すぐさま田横を討伐すべく軍勢を城陽に出陣します。

その後両雄は城陽で幾度となく戦いますが、項羽は士気旺盛な田横軍を破ることができないまま斉の地を後にするのです。

 

国力回復に勤しむ宰相田横

photo credit: All Lights via photopin (license)

photo credit: All Lights via photopin (license)

 

項羽が斉の地から去った後、兄田栄の息子田広を斉王に擁立し、田横は宰相として破壊されボロボロとなった斉の地を復興すべく奮闘します。

まず生産力を向上させるため農地開発を行い、領民からの徴税を減少させるなどの政策を行います。

また国境の防備を固めるため、ボロボロになった城を改修し、外敵が容易に侵入しないよう防備を厚くします。

この政策のおかげで徐々に国力は回復して宰相田横は民衆から慕われていきます。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 曹宇 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  2. 森 卵 s 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解で…
  3. ロボ 関羽 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  4. 8月週間まとめ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】…
  5. 魏延 孔明 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  6. 袁紹VS袁術 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和V…
  7. 桓騎に 敗北 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…
  8. 辮髪 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 西遊記
  2. photo credit: contraste y color via photopin (license)
  3. 苦肉の策(笑)
  4. 筋肉 f
  5. 蔣琬と姜維と王平
  6. 岳飛
  7. 宇吉
  8. 孔明
  9. 曹操 船酔い
  10. 袁術

おすすめ記事

  1. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説! 桓騎に 敗北
  2. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ! 曹丕
  3. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 袁術と袁紹の喧嘩
  4. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ 河了貂
  5. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介! 張良
  6. 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説 みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

三國志雑学

  1. 天地を喰らう
  2. 孫策、陸遜、顧邵、他
  3. お役人七つ道具
  4. 嫪毐 ろうあい
  5. 張翼

ピックアップ記事

  1. 三国志 歴史
  2. photo credit: Wildflower Bouquet via photopin (license)
  3. 劉備 黒歴史
  4. 白眼視
  5. 曹叡 美女
  6. 司馬懿
  7. 関羽 関索
  8. 兵馬俑 kawauso

おすすめ記事

孔明 郭嘉 周瑜 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング! 孔明 コペルニクス 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの? 関羽 死 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ 孔明君のジャングル探検01 孔明 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 キングダム 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍 週間まとめ三国志 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】 photo credit: Yellow Maple Forest via photopin (license) 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3) 孔明 東南の風 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い

おすすめ記事

  1. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 袁術 呂布
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/21】 週間まとめ
  3. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣 photo credit: Taliessin's Folly via photopin (license)
  4. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 朱然
  5. 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題 そんろは 孫魯班
  6. 涙なしには語れない桃園の結義 桃園の誓012
  7. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介 桃園の誓012
  8. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介! 曹操

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP