架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ

この記事の所要時間: 46




始皇帝

 

中国を最初に天下統一した秦の始皇帝。

始皇帝は天下を統一すると色々な事を実施していきます。

上野の国立博物館では秦国の歴史や戦国七雄の文化などを

知ることができる展示会・始皇帝と大兵馬俑展を

10月27日~2月21日まで開催しています。

 

兵馬俑 自前

 

今回黒田廉はこの展示会に行って、実際に始皇帝と大兵馬俑展から

始皇帝が行った政策を覗いて来ました。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 




始皇帝が行った政策その1:銭の統一

兵馬俑

(写真引用元:始皇帝と大兵馬俑展)

 

始皇帝は天下統一を行うと、流通面をよくするため

今まで各国が使っていた銭を秦国が使っている方孔円銭(ほうこうえんせん)に

統一するべく政策を実行します。

方孔円銭とは円形の銭の中に正方形の穴が開いている銭の事です。

では各国はどのような銭を使っていたのでしょうか。




戦国時代の各国の銭

戦国時代の国々は皆違った銭を使っていたため、かなり不便でした。

燕と斉は刀銭と呼ばれる小さい刀型をした銭を使用しておりました。

韓・魏・趙は布銭と呼ばれるスコップ型の農具のような銭を使用。

最後に楚は楕円形の小さな銅貨蟻鼻銭(ぎびせん)と呼ばれる銭でした。

秦を含め4つの銭を中国の群雄たちは使っておりました。

そのため流通面で非常に不都合が多いので秦の始皇帝は銭を方孔円銭と半両銭に統一します。

始皇帝と大兵馬俑では、実際に出土された品を説明と共に

見る事が出来き、見所の一つです。

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

 

始皇帝が行った政策その2:重さの統一

始皇帝と兵馬俑 引用

(写真引用元:始皇帝と大兵馬俑展)

始皇帝は銭を統一させ、流通面での改革を実行します。

次に実行したのは重さです。

この重さをはかる入れ物と物の長さの単位が各国別々であったので

重さを図る容器をまず統一します。

容器を統一する両詔権(りょうしょうけん)や両詔量など用途によって

重さをはかる容器を製作した事で

全国の重さが均一化します。

両詔権は金属でできた分銅です。

両詔量は米を図る容器で、展示されている出土品は

1リットル程度(当時の5升弱)の容器です。

次に物の長さの単位の統一です。

長さの単位も各国バラバラであったので、長さの単位である一歩を六尺に

制定。こうする事で長さの統一される事になりました。

展示会では両詔権と両詔量が展示されており、

両方の容器には始皇帝が自ら書いた文章が刻んでありました。

 

関連記事:項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

始皇帝と兵馬俑の個人的に最大の見どころ

始皇帝と兵馬俑 引用

(写真引用元:始皇帝と大兵馬俑展)

秦の始皇帝が作らせた水道管。

秦の始皇帝はこうした制度を実施。

始皇帝のこうした政策を実施していた当時の出土品を至近距離で見る事が

出来る展示会です。

そんな中私が目にしたのは驚きの出土品でした。

なんと水道管です。

秦の始皇帝は漏斗状(ろうとじょう=円錐状の物。

分かりやすく言うとじょうごのような形をしている物)の取水口と

L字の水道管を連結させ、円状の管を横方向に連続させる事で

地下に水を流していたそうです。

この水道管は私の中で最大の見どころであると思います。

 

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

関連記事:これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

関連記事:【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

関連記事:【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

 

兵馬俑:始皇帝陵を囲むように配置

始皇帝 キングダム

 

皆さんもご存知の通り、秦の始皇帝と言えば、始皇帝陵です。

今回開催されている展示会のテーマになっている兵馬俑は

始皇帝陵を囲むように穴の中に埋められております。

 

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

 

はじさんクイズ

三国志クイズ

 

さて今回大兵馬俑展が開催されておりますが、兵馬俑は一体何体居るのでしょうか

お答えくださいまし。

 

1:1000体

 

2:4000体

 

3:8000体

 

さて答えは一体何番でしょうか。シンキングタイムスタートです。

 

 

 

 

 

 

正解3番の8000体です。

そうなんです。兵馬俑だけで8000体です。

他にも戦車の人形や馬の人形これらを合わせるともっと数は増えます。

さらにこの人形たちすべて東を向いています。

なぜ東に向いているのかは現在判明していません。

 

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

始皇帝陵:実は滅ぼした六国の住民を厳しい土木現場で働かせていた

劉邦

 

兵馬俑は始皇帝陵を囲むように配置されております。

この始皇帝陵はとてつもなく巨大な建物です。

この建物を建造するため、六国の民が総動員されました。

 

あまりに厳しい土木工事であったため、現場で働いていた六国の

住民らは何千、何万という死者が出たそうです。

では秦の国民は何をしていたかというと、始皇帝陵に入れる土器を作っていました。

始皇帝は自国の民と六国の民とに優劣をつける事によって、どちらの民が

上かを思い知るため、格差をつけたと一説では言われております。

 

関連記事:キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

関連記事:【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

現在も開催されている始皇帝と大兵馬俑ですが、私が見に行ったのは

平日なのですが、かなりの人が来場されておりました。

またキングダムが秦王政を主人公にしている事もあり、

キングダムのキャラクターと写真が撮れるコーナーがあり、

キングダム好きには垂涎のスポットだと思いながら見ておりました。

 

兵馬俑 自前

 

2月21日まで開催されておりますので、はじさん読者の方々も行かれて見ては如何でしょうか。

私は時間が足りなくすべてを見る事が出来なかったので、もう一度行って見たいと思います。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう

それじゃまたにゃ~

 

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 

よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

キングダム 政

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

兵馬俑

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 夏候惇と言えば独眼竜?
  2. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…
  3. 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンでは…
  4. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部
  6. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  7. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  8. 曹操を好きになってはいけない6つの理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟
  2. 司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?
  3. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  4. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  5. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは? 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」

おすすめ記事

  1. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  2. 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介
  5. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官
  6. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介
  7. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  8. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP