三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】




荀彧 はじめての三国志

 

曹操(そうそう)の創業期から支え続け、名臣といっても過言ではない荀彧(じゅんいく)

彼が最初に曹操の元を訪れた時、曹操は彼を見て「わが子房(しぼう)」が来たと

言って大いに喜んでいました。

 

張良と劉邦

 

ついでに子房とは前漢の名軍師である張良(ちょうりょう)の事です。

こうして荀彧曹操に仕え、軍事面や内政面、

人材に対してなど実に様々なことに対してアドバイスを行います。

しかし赤壁の戦いから4年後、曹操が孫権討伐に赴いた際、

彼は突如亡くなってしまいます。




荀彧と曹操の仲はどうだったのか

曹操と荀彧

 

荀彧の死因を述べる前にまず、彼と曹操はどのような関係であったのかを

述べてみようと思います。




わが子房と称賛

荀彧 袁紹

 

荀彧は最初、袁紹(えんしょう)に仕えておりましたが、

彼に見切りを付け、曹操に仕えます。

曹操は荀彧が来て士官を望んだとき大いに喜び、

彼に対して「わが子房が来た」と称賛します。

その後、長安から逃れてきた献帝(けんてい)を保護するように進言。

この進言により、曹操は中華の群雄から一歩抜きんでることになります。

 

曹操 手紙

 

また官渡の戦い(かんとのたたかい)では、

袁紹軍の大軍を見て弱気になった曹操は官渡城を捨て、許に退却しようとします。

 

荀彧 曹操

 

荀彧はこの計画を知り、曹操に対して激励し、戦を続けるように伝えます。

この激励により気持ちに余裕を取り戻した曹操は、

袁紹軍と戦い続けることを決意します。

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

関連記事:44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

 

優秀な人材を多く推挙

郭嘉

 

さらに荀彧は多くの優秀な人材を曹操に推挙しております。

彼が推挙した人材は、曹操軍の軍師として、いくつもの戦に適切な

アドバイスを行った郭嘉(かくか)や甥の荀攸(じゅんゆう)

関中の豪族たちをしっかりと治め、内政に尽力した鐘繇(しょうよう)など

を曹操に仕えさせます。

彼らは曹操を支え、魏の建国に大いに尽力します。

 

曹操 ヨイショ

 

曹操は荀彧に「君が推挙した人材は素晴らしい。」と褒めます。

こうして曹操と荀彧の関係は良好でありました。

 

関連記事:郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

関連記事:郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】

 

荊州討伐の策を献策

現実主義曹操

 

曹操は河北の戦いに勝利した後、

荀彧に「今、河北を統一し、我が国の領土は天下の半分を手に入れることになった。

私は今荊州を領土に加えようと思うのだが、あまり時間をかけたくない。

何かいい策はないだろうか」と相談を持ち掛けます。

すると彼は「我が領土で荊州の国境に近い、宛(えん)に大軍を進めれば、

荊州の君主は戦を知らず臆病者であるため、降伏するに違いありません。」と

進言。

曹操は荀彧の進言を採用し、宛に大軍を進駐させると、

荊州の君主である劉琮(りゅうそう)は国を挙げて降伏します。

曹操はこうして荊州を有することになり、天下の半分以上が領土となります。

 

赤壁での大敗北

劉備と孫権同盟

 

曹操は順調に天下統一に近づいていきます。

だが彼の天下統一事業に孫権(そんけん)劉備(りゅうび)が連合して立ちはだかります。

曹操軍は15万に対し、孫と劉の連合軍は総勢4・5万という少なさです。

しかし孫・劉の連合軍は、曹操軍に真正面から攻めず、

偽降(ぎこう)と火計を用いて攻めます。

 

曹操 死

 

曹操は孫権軍の火計を受け、大敗北。

この敗北により曹操軍は荊州の半分を失い、兵を多く失うことになり、

天下統一が遠ざかることになります。

 

魏公就任に反対

曹操議員

 

赤壁の戦いから3年後、曹操家臣の文官達は天下の半分以上平定した

曹操の功績を天下に顕かにするため、彼を魏公に進めようと画策。

荀彧は曹操に「群臣達が殿を魏公の位に進めようと考えて色々な画策をしております。

殿は漢の世を正すため、漢の皇帝を推戴して天下平定に邁進していたはず。

今ここで魏公の位に進めば、天下の人達は殿が漢の皇帝から皇位を奪い、

皇帝になろうと考えていると思うでしょう。

それはなぜか、公位の次の爵位は王です。

そして王の次の爵位は皇帝です。

もし公の位に着いたらすぐに群臣は殿を王の位に進ませ、皇帝の位に就かせようと

動き出すでしょう。

殿は漢の忠臣として立ち上がった当初の目的を忘れてはなりません。」と

反対します。

曹操は荀彧の反対意見を一度は受け入れます。

 

軍を慰問する

荀彧

 

曹操は荀彧に魏公就任を反対された年、孫権討伐に出陣。

曹操は荀彧に自分の出身地である譙(しょう)に駐屯している軍を慰問した後、

合流するよう命令します。

荀彧は曹操の命令を受け譙へ向かいます。

彼は譙に着くと曹操の息子である曹丕(そうひ)と楽しく色々なことを語り合い、

楽しいひと時を過ごします。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

寿春で亡くなる

表情 曹操04

 

荀彧は譙を後にすると曹操の軍勢の後を追い、濡須(じゅす)へ向かいます。

しかし濡須へ向かう途中でいきなり病にかかり、

寿春(じゅしゅん)で養生します。

荀彧は寿春で養生に努めていたのですが、病は快方に向かわず、亡くなります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった?
  2. 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説して…
  3. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄…
  4. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  5. あの子が欲しい♪三国時代のヘッドハンテング事情
  6. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  7. 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地?
  8. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?
  2. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  3. キングダム ネタバレ予想534話 日没まで
  4. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男
  5. kawausoって、何者?
  6. 弱きを助け強きを挫く!異民族をも信服させた黄蓋の魅力とは

三國志雑学

  1. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。 真田丸 武田信玄 武田信玄の経済政策は領民にも支持されていた! 陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの? 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」 車に乗る諸葛亮 天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村益次郎に共通している条件とは? 孫策、陸遜、顧邵、他 もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る

おすすめ記事

  1. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介
  2. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯
  3. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!
  4. 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは?
  5. 孫堅は三国志の○○だったのか? 海賊時代の孫堅
  6. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  7. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  8. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP