キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての呉

【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

この記事の所要時間: 336




曹操と虎豹騎

 

以前、kawausoは虎豹騎(こひょうき)や虎士(こし)、

赤甲兵(せきこうへい)のような個別の名前がついた部隊を紹介し

記事末の独り言で、

「呉には、個別名を冠した部隊が見当たらないので、

ご存じの方は情報を下さい」と書きました。

 

kawauso

 

すると、読者様から呉には、無難軍というのがあったという情報を頂きました。

そこから調べていくと、無難(ぶなん)軍ばかりではなく、解煩(かいはん)、

敢死(かんし)という、いかにも呉っぽいネーミングの部隊名が出てきました。

 

前回記事:【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介

はじめての三国志全記事一覧はこちら




怒りの劉備を防ぐ為に造られた解煩督

朝まで三国志 劉備

 

しかし、呉の部隊の名前は、虎豹騎や赤甲兵というカッコイイ

外面を印象づける魏や蜀のケースとも異なり、かなり異質ですね・・

無難、解煩、敢死って、無難は兎も角、後の二つは、

「見よ!俺達の生きザマ!」的な内面が滲みでる名前です。

 

朱然と関羽

 

その中で、解煩督は、劉備(りゅうび)関羽(かんう)

呉の呂蒙(りょもう)に殺された事で怒り、呉に侵攻した夷陵の戦いの時に

造られたようです。

この頃、大軍でやってくる劉備に対して兵が足りなかったので、

孫権(そんけん)の命令で、胡綜(こそう)という人物によって徴兵されました。

 

解煩督 呉

 

解煩督の督について、あくまでもザックリ説明しますと、督は、

ある程度、独自の判断で兵を動かせる独立した兵団の指揮官で、

一定の地域ごとに区割りがされ時代の有力な武将が任命されました。




推測、解煩督とは、仏教徒で組織された兵団・・

仏教 f

 

呉は支配地の周辺に異民族がいて開拓と異民族討伐がセットなので、

督の自由裁量を認める必要があり、割合によく督が出てきます。

 

 

解煩督とは、どんな部隊なのか名前からは窺い知れませんが、

もしかしたら、煩という仏教臭い漢字から考えると、

呉の国内の仏教徒を組織して編成した部隊かも知れません。

呉の地域は中国でも特に仏教が根付くのが早く、

陶謙(とうけん)の配下であった笮融(さくゆう)は仏教に目をつけて

信徒を纏め食糧や酒を振る舞って宗教兵団を造り上げています。

 

孫堅

 

古くは孫堅(そんけん)が江東の地域で暴れ回る黄巾賊もどきの宗教兵団を退治して

声望を集めましたが、或いは、孫権はそれをヒントに、

共同生活をしていた仏教徒を集めて、解煩督として組織した

という事かも知れません。

 

もし、そうなら、その信仰から来る団結心は蜀軍の脅威だったでしょう。

呉に従って戦えば、煩悩から解き放たれる=死ぬ、

だから解煩隊、うーん、全滅しか連想できません。

 

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:記録が乏しい孫堅の妻たち

 

董襲凌統韓当等が率いた敢死督!

甘寧 呂蒙 凌統

 

一方の敢死督も、これもうわぁな部隊名です。

勇敢に戦い死ぬ部隊で敢死隊ですから、もう生還できないっぽいです。

実際に、この敢死督を率いたのは、董襲(とうしゅう)凌統(りょうとう)です。

 

董襲は、西暦212年からの第一次濡須口(じゅすこう)の戦いで、

渡河中に大風により五楼船が転覆してしまいますが、

撤退を勧める部下の進言を拒否。

さらに撤退する者は斬ると厳命して溺死しています。

誰も撤退できないという事は、敢死督も道連れでしょう・・

 

孫権

 

もう一人の凌統は、215年の合肥(がっぴ)の戦いで、

孫権(そんけん)を逃がす為に殿(しんがり)をつとめて奮戦し、

彼一人だけは鎧を着たまま河を泳いで生還しますが、

彼の部隊(恐らく敢死督)は、一人も帰ってこず涙を流した

という逸話があります。

 

敢死督も解煩督も、後に韓当(かんとう)が一万人編成で率いて、

丹陽の賊を討伐していますが、記述が本当なら、

解煩督はともかく、敢死督は三代目という事になります。

 

うーーん、三代目Jソウルブラザーズどころでは無い

気合の入りっぷりですね、敢死隊・・

 

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

関連記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

 

近衛兵になった無難督・・

袁礼 孫権

 

さて、最期に残ったのが無難督ですが、こちらは近衛兵のようです。

あくまで推測ですが、「天子の難を無くする」で無難だと思います。

実際に、呉帝、孫亮(そんりょう)が独裁権力を振るう孫綝(そんちん)を排除しようと、

全尚(ぜんしょう)に謀った時に、左右の無難督と近衛兵を率いて

逆臣を討つと言っているので、近衛兵の可能性が高いでしょう。

 

そうなると、こちらは、選抜されたエリート部隊で、

どう考えても死を連想させられる敢死督よりは恵まれた境遇にある

と言えるかも知れません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

解煩督についてさらに言うと、呉の孫権の最初の皇太子、

孫登(そんとう)の教育係は中央アジアの月氏出身の外国人で

仏教徒である支謙(しけん)という人物です。

彼は学識豊かな博士であり、在任中に梵歌(ぼんか)という

仏の教えを分りやすく教える歌なども造り庶民に布教したようですから、

当時の呉は、かなり仏教王国であり、孫権も仏教を避けなかった

という事が出来るでしょう。

 

なので敬虔な仏教徒により組織された戦闘部隊、

(殺生を禁じる仏教が人殺しというのもなんですが、、

日本にも僧兵という存在がありますから・・)

解煩督が組織されたというのは、案外、絵空事ではないと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  2. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  3. キングダム 522話 ネタバレ予想:まさか!紀彗軍が全滅の危機!…
  4. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  5. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その…
  6. 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!
  7. 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉
  8. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  2. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼
  3. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第40話「天正の草履番」
  4. 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  5. 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!
  6. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか? キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム? 【徹底解析】天下統一するはずだったのは蜀だった? かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!? あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯

おすすめ記事

  1. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  2. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント
  3. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  4. 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利
  5. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  6. 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた
  7. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官
  8. 韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP