よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ!

この記事の所要時間: 252




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・なんでもランキング」のコーナーです。

 

 

三国志の登場人物たちは大雑把に判別すると「武官」と「文官」に分けられます。

武官は戦場で活躍する武将たち。文官は内政や外交で活躍する政治家たちです。

ただ線引きは曖昧ですね。

呂布張飛であれば武官と言い切れるでしょうし、

麋竺や孫乾であれば文官でしょうが、司馬懿陸遜となると微妙です。

一騎打ちなどはしないでしょうが戦場での武功は素晴らしいものがあります。

そう考えると武官なのでしょうか。

しかし司馬懿も陸も一般的には名軍師として有名ですね。

そもそも軍師とは何なのでしょう?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部




軍師(ぐんし)の意味

 

軍師とは、丞相や司徒、将軍府に置かれた官位で、軍事を統括します。

丞相府には軍事祭酒、中・左・右・前・後軍師が置かれています。

ただ、現代の私たちには軍師といえば「参謀」や「策士」の代名詞として伝わっています。

ニュアンス的には、君主や将軍に戦略的な助言をする補佐役といった感じです。

今回は魏・呉・蜀の中で頭の良い軍師ランキングということで、

単純に戦略面に優れた人物をあげてみたいと思います。

要するに「この人は軍師なの?」っていうツッコミは覚悟のうえでのランキングです。




蜀のランキング

 

1位・・・諸葛亮(しょかつりょう)

2位・・・法正(ほうせい)

3位・・・龐統(ほうとう)

4位・・・姜維(きょうい)

5位・・・馬謖(ばしょく)

 

1位はもはや不動でしょう。

そもそも時代を問わず「名軍師=諸葛亮」というのは公式のようになっています。

2位の法正もあまり異論はないのではないでしょうか。

戦場での駆け引きにおいては諸葛亮よりも上かもしれません。

3位の龐統諸葛亮と並び称されているほどですし、

益州侵略の立役者ですから妥当なところです。

4位あたりからかなり微妙になってきており、

諸葛亮の後継者という点で姜維を選んでみました。

5位の馬謖に至っては異論だらけかもしれません。

だったら兄の馬良だろうという声もあるでしょうし。

ただ、諸葛亮に助言したりしている実績から選んでいます。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

呉のランキング

 

1位・・・周瑜(しゅうゆ)

2位・・・陸遜(りくそん)

3位・・・魯粛(ろしゅく)

4位・・・呂蒙(りょもう)

5位・・・張昭(ちょうしょう)

 

1位から3位は三国志の中でもトップクラスですね。

周瑜は劣勢にありながらも曹操を破り、陸遜は同じく劣勢から劉備を破りました。

地の利を活かし、戦略面で優れていたが故の勝利ですね。

魯粛も天下三分の計や孫権の皇帝即位などのアイディアを生み出しています。

4位、5位はいろいろ他にも名前があがりそうです。

陸抗張紘諸葛恪などもいますからね。

僅差で呂蒙張昭を選んでいます。

 

魏のランキング

 

1位・・・曹操(そうそう)

2位・・・司馬懿(しばい)

3位・・・荀彧(じゅんいく)

4位・・・郭嘉(かくか)

5位・・・賈詡(かく)

 

魏は本当に人材が豊富なので選ぶのがたいへんです。

曹操は軍師というより君主なのですが、

戦略に優れているという点で1位にしています。

戦場で敗北することも数々ありましたが、

曹操はハングリー精神の塊なので敗戦を次へのパワーにしている点が凄いですね。

独創性や臨機応変さでもNO1です。

2位から5位はそれぞれ優れており、優劣をつけるのは難しいですので、

曹操からの視点で考えてみました。

その素質に脅威を感じていた司馬懿。親友でもありライバルでもあった荀彧

自分を理解できるのは郭嘉だけとも語っています。

賈詡の軍略は認めていたことでしょう。

戦略面でも曹操に匹敵するメンバーです。

他にも荀攸鄧艾満寵鍾会程昱劉曄などがいますね。

層の厚さでは間違いなく三国一は魏になります。

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

 

それぞれの国のトップが出そろうのが「赤壁の戦い」ですから、

それはやはり三国志の見せ場になりますね。

曹操は完全にアウェーで周瑜に敗れていますので、

今度はホームで対決してみてほしかったなと思います。

総合力ではやはり曹操が三国志NO1なのではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?

関連記事:軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  2. 【アニメで分かる三国志】劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」を見れば…
  3. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  4. 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  5. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  6. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝より…
  7. 諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは?
  8. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  2. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  3. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  4. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  5. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  6. 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!? 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた? 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで? 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー

おすすめ記事

  1. 桂小五郎と大村益次郎の出会いが維新にシナジー効果を起こす
  2. 【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街!
  3. 人々の鑑になった良い宦官達
  4. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  5. 飛び出す三国志絵本「燕虎物語」が素敵!国際手づくり絵本コンクール2009最優秀賞作品をレビューするよ
  6. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  7. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  8. 【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP