よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】

この記事の所要時間: 229




赤壁の戦い

 

三国志で最も有名な戦いが、曹操(そうそう)軍VS孫権(そんけん)軍(&劉備(りょうび)軍)の「赤壁の戦い」です。

戦上手の曹操に対して、孫権は前部大都督の周瑜(しゅうゆ)に命運を託します。

 

周瑜は寡兵ながら偽りの投降や東南の風を利用した火計によって曹操の水軍を撃破しました。

今回は、後に呉の大黒柱となる陸遜(りくそん)が、

この戦に参加していたらどうなっていたのかを考察してみます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった?

関連記事:【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード

 

 

周瑜陸遜のニアミス

陸遜と周瑜

 

そもそも赤壁の戦いがあった時期に陸遜はどうしていたのでしょうか?

陸遜は183年生まれで、三国志正史の呉書によると、

21歳で当時討虜将軍であった孫権の幕下に入ったと記されています。

 

赤壁の戦いが行われたのは208年ですから、陸遜がすでに孫権の配下だったことになります

周瑜が病没するのが210年のことです。

そう考えてみると陸遜と周瑜が孫権に仕えていた時期はわずかですが重なっています。

 

周瑜は孫権から兄と慕われているほどのスーパースター、

陸遜は呉郡の名士ではあるものの実績がありませんから、周瑜とは比べものにならないほど格下です。

対等に会話するようなことは考えられませんが、顔を合わせたことはあったのではないでしょうか。

 

 

陸遜がいたら勝敗は変わったのか

周瑜と陸遜

 

後に夷陵の戦い劉備の主力を火計で破るという偉業を達成する陸遜ですから、

その能力は周瑜に匹敵すると考えられます。

 

ただ、そんな陸遜の活躍抜きで周瑜は曹操を撃退しているわけですから、

陸遜がいたとしても赤壁の戦いの勝敗が変わることはないでしょう

 

ポイントは陸遜が加わることによって、

より大きな損害を曹操に与えられたのかどうかということですが、

これについては、その必要がないほどの周瑜側の大勝利となっています。

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

陸遜の活躍の場はどこにあるのか

陸遜

 

ですから陸遜がいたとしても、曹操との戦闘で特別活躍するようなシーンはなかったと思われます。

一将校として戦うくらいでしょうか。

実際のところそういった形で陸遜も参戦していたかもしれません。

 

では、陸遜により効果的に働いてもらうとしたら、どのような局面になるでしょう。

ひとつ考えられるのは、同盟相手である劉備を、この機会についでに討ち取ってしまうというものです。

 

恐らく魯粛(ろしゅく)は大反対でしょうが、陸遜がそのまま劉備を撃退し、荊州南部を制圧してしまえば、

周瑜は江陵を抑えた後にすぐに長江をさかのぼって益州に侵攻できます。

周瑜の思い描く「天下二分の計」が成立するわけです

 

陸遜VS劉備軍

陸遜

 

劉備単独であれば勝利することのできた陸遜ですが、

これに関羽(かんう)張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)といった猛将が加わるとそう簡単にはいきません。

さらに名軍師である諸葛孔明(しょかつこうめい)とも直接ぶつかり合うことになります。

 

ただし、劉備軍の兵力は少なく、土地にも不慣れな状態です。

もしかすると早々と荊州を諦め、同族の劉璋(りゅうしょう))を頼って益州に落ち延びていくかもしれません。

そして態勢を立て直して、夷陵に侵攻してきます。

史実よりも早く夷陵の戦いが行われることになるのです

周瑜はすでに病没している時期です

 

劉備は関羽張飛らを率い、怒涛の如く侵攻し、夷陵を抜いて江陵を落とす可能性もあります。

陸遜は一度兵を退いて、戦線を下げることになるでしょう。

史実と異なり、劉備が陸遜を破るのです

 

三国志ライターろひもとの独り言

三国志ライターろひもとの独り言

 

かなり話が飛躍してしまいましたが、

陸遜が赤壁の戦いに参加していたら、劉備は巨大な勢力となって侵攻してきた

という結論になりました。

 

この場合、黄忠(こうちゅう)魏延(ぎえん)はどうなっているのでしょうか。

龐統(ほうとう)法正(ほうせい)もどうなっていたのか気になりますね。

 

もしかすると劉備・関羽張飛趙雲黄忠魏延諸葛孔明龐統法正VS

孫権・魯粛諸葛瑾(しょかつきん)呂蒙(りょもう)・陸遜・甘寧(かんねい)韓当(かんとう)凌統(りょうとう)による

第二次赤壁の戦いが行われたかもしれません

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キ…
  2. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  3. 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる…
  4. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  5. 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点
  6. 【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画…
  7. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりや…
  8. これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説
  2. 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん
  3. 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?
  4. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  5. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  6. 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【大三国志 攻略2】同盟と高Lvの土地攻略!最高に面白くて眠れません! 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】 【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか? 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する 賈詡に学ぶベストな転職の方法 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座? 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将

おすすめ記事

  1. 【はじ三お悩み相談回答編】隠れ三国志ファンのお悩み
  2. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  3. 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法
  4. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか
  5. 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義
  6. 周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情
  7. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!
  8. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP