よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

当サイトからのお知らせ

【はじめての三国志】配信スケジュール一覧

この記事の所要時間: 2622




 

はじめての三国志の読者の皆さん、こんにちは

8月のはじ三はいかがでしたか?

9月のはじ三配信スケジュールの公開ですよ。

今回のはじめての三国志は、メイン特集が豪華3本立てで、

読者の皆さんのハートをがっちり掴みます!

 

バイオレンスでマジカルで荒唐無稽、三国志平話

 

三国志演義、なんかキラーイ、劉備がいい人すぎるし

曹操が悪役扱いなんだもの・・

その気持ち分かります、三国志演義の劉備は優等生過ぎますからね。

ですが、三国志演義が成立する前の三国志平話劉備は、

聖人君子どころか、山賊の親分のような扱いであり、

その義弟の張飛は劉備の為なら平気で殺人を犯すドン引きの危険人物でした。

そう、三国志演義は当時の良識ある知識人が

「こ、こんな野蛮な荒唐無稽話が三国志であるわけがない」と怒り

儒教的な道徳観や蜀漢正統論を加えて出来たお上品な物語なのです。

 

しかし、荒唐無稽でバイオレンスな三国志平話には、

当時の庶民が熱狂した娯楽性が満載に積まれています。

そこで9月20日から30日までは三国志平話特集を一挙公開

 

9月20日(木)【三国志平話】諸葛亮が鬼謀神算じゃなくて親しみやすい

 

三国志演義の諸葛亮といえば人間離れした智謀で、近寄り難い雰囲気ですが

こちら三国志平話の諸葛亮は、相手を説得できないと刀を抜いちゃう短気な人

しかも、それで仙人というのですから、完璧に危ない奴です。

 

9月21日(金)【三国志平話】ひどい!劉備が恩人の趙雲を裏切って逃走

 

劉備と言えば、自分を慕ってついてくる民草を見捨てられないと

曹操に追いつかれるまで難民と行動を共にする仁愛の人。

でも、三国志平話の劉備は、勝手に関羽が漢王朝に降ってしまったと決めつけ

趙雲も捨てて、全てを投げ出し劉表の所に逃げてしまう身勝手な人なのです。

 

9月26日(水)【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場

 

三国志演義では漢詩と言えば曹操曹植ですが、三国志平話では、

漢詩を詠みそうにない劉備があちこちで歌うように詩を詠んでいます。

特に趙雲との出会いのシーンでは、ロミオとジュリエットのように

お互いの志を確かめ合う劉備と趙雲の主従が見られます。

 

 

 

他にも、周瑜が赤壁の戦いに出向くのを嫌がる小喬

劉備を殺す気満々なのに、漢王朝ブランドにコロッと騙される孫夫人等

完全に性格が変わってしまった人々が続々登場

よかミカンが描く、三国志平話の世界をどうぞお楽しみに

 

【曹操最大の危機】潼関の戦いを多角的に検証

 

馬超の最大の見せ場にして、曹操最大の危機である潼関の戦い

9月は潼関の戦いが起きた月なので、有名な割に具体的に知られていない潼関の戦いを

9月11日から9月20日までぶち抜き特集します。

 

馬超の敗因とは?曹操が造った甬道とはどんなもの?

曹操軍の補給を担ったのは、どこなのか?

戦争に参加した異民族はその後どうなった?

潼関の戦いを様々な面から解説します。

 

9月18日(火)二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい

 

赤壁の戦いの敗北以来、以前の軍事的な手腕が衰えたかに見える曹操

しかし、仔細に見てみると実はそうではなく、むしろ老年に向かって

手腕が冴えてきていた事が分かってきます。

韓遂との二度目の会談で曹操は、自軍の威容を見せつけ、

異民族兵は曹操の姿を一目見ようとお互いを踏みつけてまで殺到したのです。

 

9月17日(月)【衝撃】韓遂馬超賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?

 

馬超と韓遂の鉄の絆を打ち砕いた賈詡の黒塗りの手紙による離間の計

しかし、一蓮托生を誓い合った漢二人が、

たった一通の黒塗りの手紙程度で仲違いするでしょうか?

実は賈詡の計略以前に、馬超と韓遂は立ち位置や戦争の進め方で

不協和音がバリバリだったのです。

 

9月16日(日)【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた

 

関中軍閥の騎馬攻撃を回避する為に曹操が黄河沿いに築き上げた甬道、

しかし、それがどんな姿だったのか説明できる人は少ないでしょう。

古今の戦術に長けた曹操は、この甬道を駆使する事で補給の問題を解消し

10万の騎馬軍団を撃破しました。

とても合理的で計算された曹操の甬道について解説します。

 

 

kawausoが渾身の力を込めて書いた潼関の戦い

圧倒的な情報量で、皆さまの三国志偏差値を引き上げます。

 

お待たせ!ろひもと理穂の陸遜特集だよ

 

最近、はじ三でろひもと理穂の記事を見る事が少ない

そんなろひもとファンの皆様、お待たせいたしました。

9月3日から9月8日まではろひもと理穂の陸遜特集です。

 

 

関羽と劉備の二人を再起不能なまでに打ちのめした呉の名将陸遜

その陸遜の経歴や関羽をいかに欺いたか、陳寿の評価などを

三国志愛に溢れたろひもと理穂が独自の視点で斬ります。

 

9月6日(木)陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介

 

どこまでもへりくだり関羽の警戒心を解いた陸遜の名演技を解説

陸遜の演技のお陰で関羽は終盤まで呉に裏切られた事を信じられない程に

深く騙されていました。

アカデミー主演男優賞ものの陸遜の演技とは、どんなものでしょうか?

 

9月4日(火)陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ

 

孫呉の重臣として誰もが認める陸遜、そんな彼には大きな謎があります。

実は孫策は、盧江太守の陸康を攻め滅ぼした陸遜の憎い仇なのです。

そんな孫策を継いだ孫権にどうして、陸遜は仕えたのでしょうか?

この大きな謎にろひもと理穂が大胆な仮説で迫ります。

 

新進気鋭のライターchopsticksの孔子十大弟子

 

 

はじめての三国志に最近加入した中国古典に詳しいchopsticks、

詳細に記事を読んでみると、なにげに一番毒を吐いているchopsticksが

力を込めて贈るのが、孔門十哲、つまり孔子の十大弟子です。

あの聖人孔子の弟子なら、みんな品行方正のオリコーサンかと思えば大間違い

 

腕力だけで思慮が足りない弟子、師匠気取りのドヤ顔弟子、いつも消極思考な弟子

おしゃべりペラペラ、グータラ弟子、孔子に愛されたボンビー弟子

桁外れの親孝行弟子 等々、個性豊かな欠陥を持った人間ばかり

よく考えれば、そんな不完全な人々だからこそ、孔子の説く君子の道を

目指したんですから、それはそれでいいのかw

 

意外に知られていない孔子の十大弟子について分かりやすく解説します。

 

9月17日(月)【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこの弟子

 

子游は、弁舌に優れ知識の豊富な弟子でした。

その実力は、性質悪い屁理屈お化け孔子を言い負かす程に高かったのです。

そんな子游の欠点は、師匠気取りで名言を連発する事。

そのドヤ顔っぷりは論語にしっかり記録されています。

 

9月13日(木)【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子

 

宰我は超のつくおしゃべり弟子、知識をひけらかし、

君主の質問にも聞かれた以外の事まで、

ちなみに~とペラペラ語るので孔子に叱られていました。

おまけに性格が軽く怠け者の宰我は、

「合理的じゃないから親の喪は1年でいいんじゃないスカ?」と発言

父母の喪は3年という孔子を激怒させますが、

どうして怒られているのかイマイチ分からない宰我でした。

 

9月14日(金)【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主

 

全体的に貧乏くさい孔子の十大弟子の中で、唯一の例外が子貢です。

弁舌に優れ、魯の外交官として各国を飛び回りながらも、

投機などをやって巨万の富を築いた子貢。

彼は論語以外にも、同時代の書物に名前が登場する有名人で

一説では孔子の名が上ったのは彼のお陰であるという話まである

とっても有能で出来る弟子だったのです。

 

 

ますます絶好調!古代日本はどうやって出来たのか?

 

古代史は邪馬台国ばかりではない、ここ20年で急激な進歩を遂げた

日本の古代史を、ライターコーノ・ヒロが大胆な考察を加えて解説する日本神話の逆襲。

今回は9月1日(土)と9月9日(日)9月10日(月)に配信されます。

 

9月1日(土)【日本神話の逆襲】出雲王国とたたら製鉄に見る朝鮮半島との繋がり

 

日本神話に登場するスサノオは、朝鮮からやってきた技術者だった?!

砂鉄から鉄を精製し、暴れ川を治水で沈めて出雲の指導者になった男スサノオは、

どんな理由で朝鮮半島から渡来してきたのかを大胆に推理します。

 

その他の配信スケジュールはこちら

 

9月1日(土)

・【日本神話の逆襲】出雲王国とたたら製鉄に見る朝鮮半島との繋がり
・司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの?
・なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの?
・【有料記事】費禕は諸葛亮の後継者ではなかった!【歴史の盲点】


9月2日(日)

・沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生
・諸葛孔明が10万本の矢を調達・生産したことに魯粛は驚いたのか?
・桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士


9月3日(月)

・三国志で人気の陸遜の経歴を振り返ってみよう!
・経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?
・張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!?

・【祝】はじめての三国志月間180万PV達成、皆さまへ御礼の言葉


9月4日(火)

・陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ
・曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?
・張郃と顔良強いのは一体どっちだ!?


9月5日(水)

・陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析
・ゴシップ満載!夏目漱石もペンネームを取った世説新語とは?

・【教えて古墳時代!】庶民の暮らしや住居、税について徹底解説


9月6日(木)

・陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介
・諸葛亮は結局どの思想を重んじていたのか?
・島津久光の性格は頑固で融通が利かない?いい迷惑な薩摩藩父


 

9月7日(金)

・陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?
・老子っていつ生まれて何をしていた人なの?
・魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!?


9月8日(土)

・陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実
・ワラビを食べて餓死!?伯夷・叔斉ってどんな兄弟?
・魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??

・月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました


 

9月9日(日)

・古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった!
・三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介!

本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説


9月10日(月)

・スサノオは朝鮮半島から来た!?三韓と出雲の連合構想とは
・『論語』に見える親孝行のすすめとは?
・魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか


9月11日(火)

・潼関の戦いの原因と目的と経緯について簡単に解説するよ

・【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵された徳行者
・劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析


 

9月12日(水)

・潼関の戦いの舞台関中はどんな土地?
・【孔門十哲】仲弓(ちゅうきゅう)ってどんな人?孔子も太鼓判を押した弟子
・小松帯刀の死因は結核!若くして死んだ総理候補の素顔


9月13日(木)

・潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介
・【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子
・偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう!


9月14日(金)

・【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説
・【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主
・藤田東湖が「せごどん」を生み出した?水戸学のカリスマの生涯


9月15日(土)

・【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか?
・【孔門十哲】冉有(ぜんゆう)とはどんな人?ちょっぴりネガティブな手腕家
・徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは?


9月16日(日)

・【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた
・【孔門十哲】子路(しろ)とはどんな人?孔子と憎まれ口をたたきあった人


9月17日(月)

・【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?
・【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこの弟子

・【はじ三お悩み相談回答編】隠れ三国志ファンのお悩み


9月18日(火)

・【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい
・【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの?

・【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由


9月19日(水)

・【潼関の戦い】どうすれば馬超は曹操に勝てたの?
・【孔門十哲】閔子騫(びんしけん)とはどんな人?いじめてくる継母も徳で感化させる

・第6話:袁術くん「自己効力感」の高め方を学ぶ


9月20日(木)

・潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?
・【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子
・【三国志平話】諸葛亮が鬼謀神算じゃなくて親しみやすい


9月21日(金)

・【三国志平話】ひどい!劉備が恩人の趙雲を裏切って逃走
・孔子は幼少期から青年期にはどんな人だったの?
・中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは?


9月22日(土)

・【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ
曹丕のグルメエピソードがまたひとつ鍾繇が送った五熟鍋とは?
・孔子と凄く仲が悪かった隠者とはどんな人達?


9月23日(日)

・関羽がもらった爵位「漢寿亭侯」の深イイ話
・【三国志平話】関羽が昔の恩義で曹操を見逃す名シーンがない!?


9月24日(月)

・【三国志平話】高鳴る鼓動!呂布と曹豹、運命の出逢い

島津久光はどうして寺田屋事件で薩摩藩士を粛清したの?
・なぜ古墳は作られたのか?成立時期、建設理由を徹底解説


9月25日(火)

・【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備
・論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは?
・【三国志演義深読み】どうして張遼丁奉の矢で戦死するのか?

・第7話:袁術くん「アファメーション」で願いを叶える方法を学ぶ


9月26日(水)

・【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場
・『論語』は日本どんな影響を与えたの?

・【三国志平話】俺って凄いだろ?赤壁の戦いで諸葛亮が嫌な人に変身


9月27日(木)

・【三国志平話】三顧の礼の諸葛亮が仙人で居留守
・【社会人必見】『論語』が仕事にも役立つ理由

・【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆?


9月28日(金)

・【三国志平話】張遼が軍師で諸葛亮が剣客に!
・これは座右の銘にしたい!『論語』のおすすめの言葉10選

・【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人


9月29日(土)

・【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん
・魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?
郭淮夏侯淵の死後に才能を開花させる!!


9月30日(日)

・「十万本の矢」孫権周瑜・張巡の変遷とパクリ歴史を紹介
・金持ちってけっこうケチ?あの曹操もドケチで有名だった

 

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

  1. 【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から…
  2. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  3. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え
  4. 【お知らせ】「耳で聞いて覚える三国志」の朗読を再開しました
  5. 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版…
  6. 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした!
  7. 月刊はじめての三国志2017年12月号 (桃園出版 三国舎)の販…
  8. はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. そうなの!劉備と孔明は故郷について真逆のスタンスだった
  2. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  3. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選
  4. 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編
  5. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  6. 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説 小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪 【告白】私はこうして三国志にハマりました! 【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった? 『史記』のはじまりは三皇本紀?五帝本紀? キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物

おすすめ記事

  1. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  2. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  3. 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!
  4. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  5. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  6. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  7. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】
  8. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP