劉禅は凡人?それとも偉人なの?蜀漢2代目皇帝を徹底検証


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉禅と董允

 

三国志(さんごくし)の主役である劉備玄徳(りゅうびげんとく)の死後、蜀漢(しょくかん)の第2代皇帝となった劉禅(りゅうぜん)は、優秀な家臣の言いなりになっていたすぎない、出来損ないの暗君だと評されることも多い人物。

 

そんな彼が本当に凡人だったのか、はたまた偉人だったのか様々な角度から検証します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「劉禅 凡人」
「劉禅 偉人」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮はどうして劉禅から国を奪わなかったのか

関連記事:劉禅その後はどうなった?皇帝劉禅の生涯・降伏後の姿は本当の姿だった?

 


 

劉禅が凡人ですらなく暗愚だったと言われている由縁

劉禅

幼名である「阿斗(あと)」が人を罵倒する際に用いられる、「アホ」の語源とまで言われる劉禅(りゅうぜん)

 

亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲

 

夷陵の戦い(いりょうのたたかい)に敗れた後病床に伏せ、いよいよ死が迫った先帝・劉備(りゅうび)が残した、「これからは丞相(じょうしょう
)
諸葛亮(しょかつりょう))を父と思い仕えなさい。」という遺言を忠実に守り、政務のほとんどを諸葛亮に委任していたのは事実です。

 

劉禅と孔明

 

しかし、父帝が没し2代皇帝に即位したとき劉禅は若干17歳。経験や行政能力に勝り、蜀の有力者や文人たちと太いパイプを持つ諸葛亮が、彼に変わって政務全般を仕切るのは、至って当然のことです。

 

費禕

 

ただ、諸葛亮の死後も全く政治に興味を示さず、蒋琬(しょうえん)費禕(ひい)董允(とういん)といった能吏(のうり
)
へほぼ丸投げ状態。

 

劉禅

 

劉禅自身は後宮(こうきゅう
)
の人員増員を要請するなど、遊興(ゆうきょう
)
ばかりに明け暮れていたという記録が多いことも、彼の評価を落としている大きな理由です。

 

劉禅に気に入られる黄皓

 

決定打となったのは、賄賂や不正が横行し蜀の弱体化が顕著となり、滅亡するきっかけを作った宦官(かんがん)黄皓(こうこう
)
を寵愛・重用したことでしょう。

 

司馬昭

 

また蜀滅亡後、司馬昭(しばしょう)が劉禅を招き開いた酒宴における、「蜀は恋しくない」という亡国や家臣を顧みない発言が、「劉禅=暗愚」というイメージの定着に、一層拍車をかけたのです。

 


 

そもそも劉備は偉人?劉禅との共通点を探ってみた!

法正と劉備

 

偉人とは、「並外れた才能を持つ人物」のことを指し、苛烈極まる三国時代を生き抜くためには、武芸・軍事・政治の才が求められます。

 

劉備に褒められる趙雲

 

劉禅の父にして、三国志(さんごくし)きっての英雄(えいゆう)ともてはやされる劉備ですが、武芸で言えば張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)らに到底及びません。

 

劉備の黒歴史

 

さらに、敗戦を喫しては各地を逃げ回ってきた彼の戦歴を見る限り、軍事的才能に秀でていたとは、到底言い難いものがあります。

 

呂布と劉備

 

政治的手腕にしても、曹操(そうそう)に破れ敗走してきた呂布(りょふ)を迎え入れたものの、結局裏切られ危うく命を落とすところでした。

 

曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備

 

その後、呂布が曹操に処刑されると仲良く都入り、破格の歓待にご満悦だったのもつかの間、曹操暗殺という大博打に出て見事に失敗するなど、とても褒められた経歴ではありません。

 

悪い顔をしている諸葛亮孔明

 

そんな劉備が偉人として、三国志において名を刻んでいる理由は、関羽(かんう)を始めとするそうそうたる将軍たちや、諸葛亮(しょかつりょう)龐統(ほうとう)といった軍師に加え、孫乾(そんけん)伊籍(いせき)麋竺(びじく)法正(ほうせい)などなど、列挙にいとまがない優秀な官吏(かんり)たちが、彼を強力にサポートしていたからにほかなりません。

 

劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう)

 

つまり、蜀の建国という一大事業を除けば、劉禅と劉備のしてきたことにさほど違いはなく、「政治的バランス感覚」という才能は、優柔不断で風見鶏(かざみどり)のようにフラフラしていた父より、劉禅の方が優れていたとさえいえます。

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー


 

劉禅が辺境「蜀」の君主として残した功績と罪

孔明と劉備、関羽、張飛

 

劉禅が蜀を引き継いだ当時、蜀の置かれていた立場は非常に危うく、屋台骨だった関羽・張飛もそろってこの世を去っており、234年に諸葛亮が没すると、より一層「蜀1弱」の傾向が強まりました。

 

君たちはどう生きるか?劉禅

 

そんな状況下で、40年もの長きにわたり社稷を守り抜いた劉禅は、例え「良きにはからえ君主」であったとしても、三国史上類を見ない稀有な皇帝であるといえます。もちろん、黄皓(こうこう)の言を疑いもせず姜維(きょうい)への援軍要請をスルーした挙句、大した抵抗もしないまま成都(せいと)を明け渡して蜀を滅亡させた、2代目皇帝としての「罪」があるのは事実です。

 

降伏する劉禅

 

しかし、この無血開城により蜀に生きる多くの民が、戦渦に巻き込まれなかった点は「功績」といえるでしょう。


  

 

 

劉禅と豊臣秀頼を入れ替えるとよくわかる真の姿

豊臣秀頼 wikipedia引用

豊臣秀頼 wikipedia引用

 

生い立ちや境遇など、劉禅と近い立場にあるのが天下人豊臣秀吉(とよとみひでよし)の長子、豊臣秀頼(とよとみ ひでより)です。

 

貧しい身分から成り上がった偉大なる父を持ち、その地盤を年端もいかぬ身で、引き継いだ2代目当主。

そして、自らの代で帝国を滅ぼしたバカボンであり、劉禅の場合は姜維(きょうい)。秀頼の場合は石田三成(いしだ みつなり
)
という、「徹底抗戦」を主張する家臣(かしん)がいました。

 

さらに2人とも天下を分ける大戦に、「旗頭(はたがしら
)
」としても参加していないことも共通しますが、唯一違うのは当時の蜀と、豊臣政権との国力の差です。関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい
)
時点で家康陣営と豊臣陣営との力は五分、いやむしろ豊臣方優勢であったとすら言えるでしょう。

 

タラレバになりますがおそらく秀頼公出陣となれば、まともに攻められる家康方大名は少なく、豊臣方の圧勝となっていたはず。一方、蜀は十中八九勝てる見込みのない戦い、社稷を守るのが使命である劉禅が、戦いに一切かかわらなかったことを責めるのは、少々酷というものです。

 

三国志ライター 酒仙タヌキの独り言

酒仙タヌキ 三国志ライター free

 

そもそもの話をすると、三国時代含め古代中国王朝の皇帝が戦場への参陣はおろか、政治に口を挟むことすらほとんどなく、玉座に座し朝廷百官の働きを威厳を保ちつつ、黙って見守るのがその役割でした。

 

曹操

 

古代中国の帝王学的に言うなら、戦場を駆け巡り自分で何でもしないと気が済まない、曹操(そうそう)の方が異例で劉禅の方が泰然自若、落ち着いていてどんなことにも動じないが、「真の帝王」と思えてなりません。「安楽公」という、なんとも体を名で示すような地位に封じられた彼は、271年に65歳でこの世を去りました、諡号(しごう
)
は思公。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?

関連記事:劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

【動画】劉備玄徳が三国志の英雄になれた理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 董承
  3. 袁術をからかう呂布
  4. 孫晧(孫皓)
  5. 袁術と劉繇
  6. 孔明




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP