司馬懿に利用された変節漢・何晏の生涯を史実から紹介!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬懿と公孫淵

 

()(220年~265年)の司馬懿(しばい)(しょく)(221年~263年)の北伐(ほくばつ)を防ぎ、遼東(りょうとう)公孫氏(こうそんし)を滅ぼすなどの功績を挙げていきました。しかし魏の景初(けいしょ)2年(238年)に魏の第2代皇帝である曹叡(そうえい)が亡くなって、息子の曹芳(そうほう
)
が後を継ぎます。曹芳は幼かったので、司馬懿と曹真(そうしん
)
の息子である曹爽(そうそう)後見役(こうけんやく)に選ばれました。

司馬懿

 

正始10年(249年)に司馬懿はクーデターを起こして曹爽一派を排除。政治権力を握ります。これ以降、魏の政治は司馬一族のものになりました。

 

何晏

 

ところで司馬懿に排斥された曹爽一派にはどのような人物がいたのでしょうか?そこで今回は曹爽を支えていた仲間の1人である何晏(かあん)について紹介します。


何進の孫 何晏

何進

 

何晏(かあん)後漢(ごかん)(25年~220)末期の大将軍であり、袁紹(えんしょう)と一緒に宦官(かんがん)掃討(そうとう
)
を計画した何進(かしん)の孫です。何進は後漢第12第皇帝霊帝(れいてい)外戚(がいせき
)
(=皇帝の親族)でもありました。

 

何進

 

中平6年(189年)に何進は宦官掃討を計画しますが、計画はもれてしまい殺されます。

 

何晏と曹操

 

遺された幼い何晏と母の尹氏(いんし)は経緯不明ですが、曹操(そうそう)の保護を受けることになりました。尹氏はその際に曹操の(めかけ)の1人に、何晏は曹操の養子になります。

宦官を倒す袁紹

 

どうやら何晏の父は、この時点で死んでいたようです。何晏の父がなぜ亡くなったのか史料は何も語っていません。おそらく袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)兄弟が宦官掃討を行った時に攻撃に巻き込まれて亡くなったか、董卓(とうたく)に殺害されたと推測されます。


超絶ナルシスト発揮

何晏

 

何晏は若い時から文学・思想に関しては才能がありました。実際に彼が残した史料は今でも読むことが可能であり、数多くの研究が残されています。

 

このように才能にあふれた何晏ですが、性格はほめられるレベルではありません。彼は超絶ナルシストで有名でした。いつも化粧をしており、手鏡を携帯して念入りなチェックを欠かしません。歩く時も自分の影の形ですら気にする性格だったようです。現代にいたら確実にモデルとなって活躍していたでしょう。

司馬師

 

また、夏侯玄(かこうげん
)
司馬師(しばし)と仲が良くお互いに切磋琢磨していましたが心中では「俺が1番・・・・・・それどころか俺は神!」と考えていたようです。

 

夏侯玄

 

付き合っているとイラッとくるタイプです。夏侯玄と司馬師は、こんな人とよく付き合ってあげました。彼らの度量の広さに感服です・・・・・・

 

曹丕にビビって意見を言えない家臣達

 

曹丕(そうひ)は何晏の態度を嫌っており、在位中は表に出しませんでした。また、曹叡(そうえい)も上辺だけで実務に乏しいことから何晏を表に出しませんでした。


見苦しき最期

曹爽

 

曹叡の死後、何晏に転機が訪れます。当時は曹爽が録尚書事(ろくしょうしょじ
)
宰相(さいしょう
)
)であり、尚書令(しょうしょれい)(副宰相)が空席状態でした。何晏は同僚の鄧颺(とうよう)丁謐(ていひつ)畢軌(ひっき)李豊(りほう
)
諸葛誕(しょかつたん
)
と一緒に尚書の一般職員となり曹爽を支えます。

 

司馬懿

 

特別な行いをしたわけではありませんが、何晏は見事に曹爽政権の柱の1人となることに成功したのです。ところが、そんな何晏にも終わりがきました。正始10年(249年)の司馬懿のクーデターでした。曹爽が出かけている隙を狙い、司馬懿は挙兵。

 

司馬懿の墓

 

あっという間に首都の洛陽(らくよう)を制圧しました。人はこの事件を「高平陵の変(こうへいりょうのへん
)
」と言います。司馬懿から「助命する」という手紙を送られた曹爽は、あっさりと降伏。もちろん手紙の中身はウソです。やがて曹爽は裁判にかけられました。司馬懿は何晏を裁判の責任者に任命。彼は助かりたい一心から曹爽やかつての同僚に次々と死刑を言い渡しました。

 

異議ありと叫ぶ司馬懿

 

保身のために恩人を売るなんて、まさに愚かなことです。ところが世の中は甘くありません。全ての裁判の評決を終えた途端、司馬懿は何晏にも死刑を言い渡しました。義理も恩も知らない男を生かしておくほど、司馬懿は甘くなかったのです。こうして何晏は刑場の露と消えました。享年不明です・・・・・・


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

今回は何晏というマイナーキャラに焦点を当ててみました。この何晏は性格はマイナス要素が多いのですが、思想・文学で残した業績が大きかったので、今日数多くの研究が残されています。オシャレに感心があるのなら、どうしてファッションの書物を残してくれなかったのでしょうか?それが残っていたら世紀の大発見だったのに・・・・・・

 

※参考文献

・薛森健介「魏晋革命前夜の政界―曹爽政権と州大中正設置問題―」(『史学雑誌』95-1 1986年)

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。この記事以外のことでも、何か気になることがあったら気軽にコメントしてください。お答え出来る範囲でしたら回答いたします。

 

関連記事:三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?

関連記事:何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男

 

【独立を夢見た早熟の策士・鍾会】
鍾会特集

 

 

関連記事

  1. 孔明
  2. 于吉、孫策
  3. 蜀の馬超
  4. バチバチやりあう孔明と曹真
  5. 張良
  6. 袁家をイジメる董卓

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • アミル
    • 2020年 4月 07日

    何晏は蒼天航路で初めて知りました。
    確か今で言うドラッグのような物を流行らせたとか。
    ああいう描写されていたのはこういう事だったのですね。
    優男って感じで華奢な女性のような風貌で、周りに流されず我が道を往くって感じで嫌いじゃありませんでした。
    少しでしたが曹操との掛け合い?も面白かったです。
    やたらと曹操を怖れてましたね。

      • 2020年 4月 07日

       アミル様、コメントありがとうございました。

       何晏は孔子が「無」の体得者であると考えて仲間の王弼と一緒に、『易』・『老子』・『荘子』を好んで研究していました。

       彼らの古典研究は漢代の儒学とは異色の方向に進んでいったのでした。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP