孫策と関羽は似ている?死に様に見る共通点




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

病死した郭嘉

 

数多くの人物が登場する三国志ですが、中にはその生き様や死に様が似通った人物も珍しくありません。

 

曹操と郭嘉

 

例えば郭嘉(かくか)法正(ほうせい)は生きていたら夷陵(いりょう)赤壁(せきへき)の戦いの敗北を防げたと言われる人物で、どちらも若くして亡くなっています。

 

呉の小覇王・孫策

 

このように共通点のある人物同士を紹介していこうと思うのですが、今回ピックアップしたのは孫策(そんさく)関羽(かんう)

 

呉の勢力を率いる孫策

 

孫策は孫堅(そんけん)の死後に江東で独立し、呉の礎を築いた人物。

 

京劇の関羽

 

関羽は劉備(りゅうび)の配下で文武に優れ、三国鼎立の要となる荊州(けいしゅう)の統治を任された人物です。残念ながらこの二人が直接関わることはありませんでしたが、その生涯には似た点がいくつもあるので紹介をしていきます。




共通点1:必要であれば人に屈する

曹操から赤兎馬をプレゼントされる関羽

 

関羽は曹操(そうそう)徐州(じょしゅう)に進行してきた際、劉備が早々に逃亡をすると関羽は曹操に降伏するという道を選択しました。

 

袁術と孫策

 

孫策もまた父の孫堅を亡くし、部下たちを養うことができなくなると袁術(えんじゅつ)を頼って下働きをします。

 

曹操の元から離れる関羽

 

ただ、いずれも一時的なもので、関羽は劉備の行方が分かると曹操の元を離れていますし、孫策は拠点となる地を確保するとすぐに独立をしています。必要であれば屈辱に耐えるという精神力と現状に甘えず志を全うしようという強い意思を持っていた点が共通していると言えるでしょう。

 

関連記事:関羽が魏に仕えてたら曹操は死んでいた?関羽は魏で飼い殺される?

関連記事:孫権はどうして関羽の首を塩漬けにして曹操に送ったの?

関連記事:関羽の葬儀を行った曹操、その真意はどこにあった?




共通点2:寡兵からスタートしている

暴れる関羽

 

劉備は小さな勢力に過ぎなかったので、関羽が最初に従えていたのも小規模な部隊。そのため、直接的な戦闘よりも後方の撹乱や周囲を扇動して撹乱するといったゲリラ的な戦いを得意としていました。

 

袁術と周瑜と孫策

 

孫策も最初に袁術から借り受けた兵はわずか千人。そこから周瑜(しゅうゆ)らの働きもあって5千人ほどまで兵力が増えていますが、少ない兵力で劉繇(りゅうよう)を何度も破っています。

 

赤壁の戦いで活躍する黄蓋

 

ただ、孫策の場合は父の代からの叩き上げの将兵が多く含まれていたことや江東(こうとう)へ進出していくなかで兵力が急増しているので、関羽とは境遇が違いますがスタート地点は似た状況でした。

 

関連記事:孫策が袁術のもとから離れたのは本当に皇帝になったのが原因なの?

関連記事:大喬はどんな性格をしていた?実は性格すら分からない謎が多い孫策の妻

 

共通点3:性格が災いして死んでいる

正史三国志を執筆する陳寿

 

まず関羽の人物評として陳寿(ちんじゅ)は「1人で万の兵に匹敵する」としながらも「強情で自信を持ち過ぎるために破滅を招いた」と言っています。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

関羽は自身の強さを鼻にかけ、曹操軍や同盟相手である孫権、自軍の古参の将である士仁(しじん)糜芳(びほう)といった部下を軽んじた結果、樊城(はんじょう)での敗走と戦死という結果を招きました。

 

陳寿(晋)

 

孫策の場合は、陳寿から「勇猛さと鋭敏さは並ぶ者がいないが、軽はずみで思慮が足りぬために身を滅ぼした」、郭嘉からは「江東を併呑(へいどん)する上で英雄豪傑の類を殺しているので、いずれ刺客の手にかかって死ぬだろう」と言われ、実際そのとおりになっています。

 

関羽に無視される孫権

 

両者は一度人に屈するという辛酸を舐めたせいか、一定の地位や名声を得たことで驕りや慢心が生まれたように思います。そして、生じたスキを突かれてこの世を去りました。どちらももう少し長く生きていたら時代が大きく変わったかもしれないほど、歴史に大きな影響を与えた人物であったことも共通点です。

 

関連記事:三国志、本当は二国志だった?陳寿最大のタブーに迫る

関連記事:陳寿はやはり諸葛亮びいきだった!その証拠を発見

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 神様になった関羽(関帝廟ver1)
  2. ヒゲが美しい関羽
  3. はじめてのプロ野球 関羽
  4. 関羽が大好きすぎる曹操 ver2
  5. 策略が得意な龐統
  6. 顔が赤い関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP