司馬師の妻「夏侯徽」の毒殺疑惑は何故起こったのか?

2022年3月19日


 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



魏帝・曹叡と夏侯玄

曹叡

 

一説には夏侯徽の毒殺に曹叡(そうえい)が関わっているという話もあります。

 

夏侯玄

 

曹叡は美男子だった夏侯玄を嫌い、一時、夏侯玄が失脚していたことがあります。なのでその妹の夏侯徽を司馬師、もしくは司馬懿に命令して殺害させた……という説ですね。

 

野心がありすぎる夏侯玄

 

とはいえいくら夏侯玄が嫌いだったとしても、よりにもよって司馬家に「お前のとこの長男の嫁を殺せ」とは言えないでしょう。夏侯玄自体さえ失脚にしかできていないのですから、その妹に飛び火したにしてはちょっと無理があると思います。

 

関連記事:魏の二代目皇帝・曹叡が病で倒れなければどうなっていたか?

関連記事:曹叡が有能だったのは本当?曹叡を歴史上の人物でも例えてみる

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック

 

 

五人の娘

 

因みに夏侯徽は教養があり、司馬師は何かあるとまず彼女に相談していたと言います。司馬師と夏侯徽には五人の娘がいますが、夏侯徽が毒殺されたのは24歳の時です。いくつで結婚したかは定かではないのですが、これだけ若くして五人もの子供に恵まれているのですから、夫婦仲は良かったのでしょう。

 

と、ここまで言えば大体察して頂けると思いますが、筆者は夏侯徽は「病死」だったと考えています。病死と言うよりも、若くして連続の出産で体が弱ったのでは、と思います。

 

昔々の話ですからこれはあくまで妄言なのですが、皆さんはこの毒殺ミステリー、どうお考えですか?

 

関連記事:始皇帝の最期は毒殺された!その理由とは?

関連記事:劉琦はどうして毒殺されなかったのか!?【素朴な三国志疑問】

 

八王の乱

 

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回はちょっと毒殺ミステリー(ではない)に考察を加えてみました。司馬師自体が結構早くに亡くなっているので、史書でも彼の記述は少ないのですよね。それでも三人の妻がおり、その最初の妻で毒殺疑惑と中々に印象を残しています。

 

三国志を楽しく語るライターセン様

 

個人的には曹叡に毒殺を命じられ、司馬師はそれを恨みに思っていたから後のクーデターで素早く行動した……と言うのも中々にドラマチックで好きですが……これは好みの話ということで!

 

センさんが三国志沼にドボン a

 

どぼん!

 

参考文献:魏書夏侯尚伝 晋書列伝第1 后妃上

 

関連記事:曹操が断ったクーデター?合肥侯擁立事件とは?

関連記事:周旌とはどんな人?曹操をクーデターにスカウトした地元豪族

 

鍾会の乱

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-,