関羽を張遼や甘寧と取り替えたらトンデモナイ事態に!「三国志とりかへばや物語」

2022年3月5日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

吉田兼見

 

皆さんは「とりかへばや物語」をご存知でしょうか?

 

とりかへばや物語は平安時代後期にできたと言われる物語で、ある左大臣には二人の子がいました。内気な男の子と、活発な女の子、そんな二人を見た左大臣は「とりかへばや(取り替えたい)」と思い、二人の性別を取り換えて育てさせるお話です。

 

三国志を語るセンさん

 

そう、今回はそんなとりかへばやにインスピレーションを受け、三国志(さんごくし)武将を取り換えてみたらどうなるか?を考えてみたいと思います。その第一はやはり武将として有名、神にまでなった関羽(かんう)でいきましょう!

 

 

 

 

関羽は劉備への忠義が厚い

京劇の関羽

 

関羽で有名なのが、劉備(りゅうび)への忠義でしょう。

 

劉備が徐州(じょしゅう)陶謙(とうけん)から譲り受け、と思ったら呂布(りょふ)に取られ、そうして曹操(そうそう)から取られたと思ったら劉備からまた曹操に……という徐州も大混乱の中、劉備は行方不明になります。

 

劉備を裏切る呂布

 

この際に劉備の奥方と共に関羽は曹操の捕虜になり、曹操は関羽を手元に置いておくために厚遇をするも、関羽の劉備への忠義は揺らぐことなく、劉備の生存を知った関羽は曹操の元を去りました。関羽の劉備への忠誠は、正しく本物であったのでしょう。

 

関連記事:関羽はどのようにして曹操の元から離れたの?

関連記事:もし関羽が生き残って北伐に参戦していたら?さしもの司馬懿もうろたえる(かもしれない)蜀漢の最強北伐チームを想像する!

 

 

 

 

曹操や孫権に避けられた関羽

関羽に無視される孫権

 

関羽は曹操はもとより、孫権(そんけん)からも評価されていました。というのも関羽がいる荊州(けいしゅう)を攻めた際には、関羽を警戒して真正面からの衝突を避けていたことからも分かります。

 

五関六将破りを行う関羽

 

また関羽が攻めてきた際に曹操は許昌(きょしょう)が陥落するかと思い、遷都までも考えました。これは関羽個人の武勇だけでなく、軍団を率いての戦い、将軍としての能力も高いこと、そしてそれが他国でも周知であったことが窺い知れますね。

 

関連記事:徐晃VS関羽 樊城の曹仁を救え!

関連記事:痛恨の裏切り!樊城の戦いで関羽を裏切った糜芳と傅士仁に迫る!

 

関羽

 

 

関羽の弱点はプライドの高さ

関羽に降伏する于禁

 

そんな関羽ですが、完璧超人という訳でもなかったようです。良く言われているのが関羽は傲慢な性格であったというもの。廖立(りょうりつ)の一件はともかくとしても、関羽は張飛(ちょうひ)と一緒に諸葛亮(しょかつりょう)が厚遇されることを嫌がっていたり、また後に黄忠(こうちゅう)が後将軍、関羽が前将軍に任命された際に

 

黄忠と同列になることにくキレる関羽

 

「あんな老いぼれと並べるな!」と激怒した……後にすぐ反省しますが、この一件からプライドが高いことは読み取れます。

 

正史三国志を執筆する陳寿

 

陳寿(ちんじゅ)は「関羽は剛情でプライドが高すぎた」と言っているように、どうにも優秀過ぎるが故に、同じくらい自尊心も高かったのかもしれません。そんな関羽を「とりかへばや」してみるなら、誰でどうなるでしょうか?

 

関連記事:関羽の本体はヒゲだったって本当?【三国志演義】

関連記事:関羽の樊城攻めは単独行動だった?

 

はじ三倶楽部

 

 

case1:関羽に匹敵する名将、張遼とトレード

張遼

 

関羽を取り換えるならば、やはり魏の筆頭と言われる張遼(ちょうりょう)でしょうか。張遼は個人的に関羽と仲が良かったとも言われ、三国志演義(さんごくしえんぎ)でも関羽と劉備の執り成しで曹操の配下になった武将。

 

関羽の降伏を説得しにいく張遼

 

また魏の武将でありながら三国志演義でも活躍している……というか過小評価ながら活躍している武将です。関羽は曹操に気に入られていることもあり、三国志演義とは言え劉備が張遼評価をしている場面もあります。また蜀の状況下なら張遼ほどの武勇の持ち主は高く評価されるでしょう。

 

徐晃

 

やや心配と言えば関羽が同僚と上手くやれるかですが……こちらは友人の徐晃(じょこう)がいるからある程度は上手くやれるかもしれませんね。

 

関連記事:【張遼ファン必見】なぜ張遼はこんなにカッコいいのか?

関連記事:関羽が受けた毒矢手術から読み取る豆知識!囲碁エピソードの時には華佗と面識があった?

 

三国志とりかへばや物語

 

 

 

case2:気難しさでは関羽を上回る甘寧とトレード

甘寧に殺されかける料理人

 

では呉で交換するとなるとどうでしょうか?

 

実は呉は魏や蜀に比べると「筆頭(ひっとう)」と言うような表記があまりなく、少し迷うところです。そこで個人的に推したいのが甘寧(かんねい)。甘寧は粗暴な性格でしたが、優れた計略眼を持っており、良く部下を指導していたとも言います。上には少し横暴な態度を取るも、身分が下の者には優しい関羽とはちょっと似ているかもしれません。

 

甘寧と凌統と呂蒙

 

甘寧はその性格から良く孫権(そんけん)の怒りを買っては呂蒙(りょもう)(なだ)めていたと言います。そうなると孫権の怒りを買う関羽を呂蒙が庇うという……文字だけを見ると違和感がすごいエピソードが見られるかもしれません。

 

関連記事:蒼天航路の甘寧は奇襲攻撃の達成率が圧倒的にスゴイ件

関連記事:関羽はなぜ名士が大嫌いだったの?関羽以外にも名士を嫌っていた人物たちも考察

 

一億二千万人の三国志

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-, ,