架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る

この記事の所要時間: 343




黄忠

 

夷陵(いりょう)の敗戦に端を発する劉備(りゅうび)の死去、

それに乗じた司馬懿(しばい)の進言による魏の呉蜀への侵攻それらのピンチを

劉備に後を託された孔明は乗り越えてゆきます。

そして、冷却した呉との同盟を回復し、度々の叛乱を起す南蛮の孟獲(もうかく)を

自ら討伐軍を指揮して討伐すると、いよいよ、背後と側面の憂いが消滅します。

ここに至って、孔明は亡き劉備の遺志を引き継ぎ北伐を開始し魏を滅ぼさんと行動します。

 

前回記事:119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件



孔明の南蛮征伐の翌年、曹丕(そうひ)が死す

曹丕

 

孔明が自ら親征した南蛮討伐の翌年の西暦226年、魏の初代皇帝曹丕が死去します。

曹丕は息子の曹叡(そうえい)を後継者にしており彼が即位して

明帝(めいてい)になりました。

 

これを受けて、孔明の気に入りの重臣である馬稷(ばしょく)が提案します。

 

馬稷「曹丕は、司馬懿めとは学友で二人の仲は裂き難いほどに強固でしたが、

現在、即位した曹叡は、司馬懿との信頼関係はさほどでもありません。

ここは司馬懿の流言を流して、これを前線から遠ざけましょう」

 

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』



孔明、司馬懿をdisり、司馬懿は更迭される

司馬懿

孔明は司馬懿の軍略を疎ましく思っていたので、馬稷の提言を採用、

すぐに間者を放ち、高札を立てて司馬懿を誹謗しました。

 

「司馬懿は、柔弱な明帝(曹叡)をこころよく思っていない。

むしろ、武帝(曹操)は曹叡を帝にする事には反対だったと言っている」

 

魏は、皇帝即位の微妙な時期で、この流言は瞬く間に広まります。

曹叡は激怒して、司馬懿から官位を剥ぎ取り、国許の荊州へ謹慎させます。

 

※これは三国志演義の脚色であり正史では司馬懿は4回と5回の北伐以外では

孔明との戦いの責任者ではありません、実は司馬懿は荊州に駐屯していた

対呉戦の指揮官ですし、流言により更迭されたという記述はありません。

第3回北伐までは、孔明と対峙していたのは曹真です。

 

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

 

孔明、北伐出陣に辺り出師の表を出した理由

孔明 出師

 

さあ、チャンスは到来しました、魏で孔明に匹敵する力量があるのは司馬懿だけ

その司馬懿が更迭された今こそ、北伐を行い、逆賊である魏を滅ぼし

漢の天下を取り戻す時なのです。

そこで孔明は、出師の表をあらわし、新しく皇帝になった劉禅に自身の

決意を語りました。

 

孔明が出師の表を出した理由は大きく分けて二つあります。

一つは、即位はしたものの、17歳と年若く、また凡庸な劉禅(りゅうぜん)に対して、

自分が北伐で留守にしている間にも、堕落して遊び呆けず、よく賢臣の

言う事を聞いて蜀を守るようにという言いつけです。

 

そして、もう一つは、南蛮討伐で国力が疲弊しているのに、

さらに北伐を行う事に不満を漏らす、蜀の人民と家臣達を説得する為です。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

 

孔明が語る、蜀を建国した意義とは!

孔明 出師

 

劉備が死したとは言え、蜀では南方の叛乱も鎮圧され、険しい秦嶺山脈により

魏や呉の侵略からは守られているという安心感が出ていました。

 

そこで、「戦争は抑えて、じっくりと国力を高め魏の政変に乗じ

呉と共同して戦うのが無理のない計画である」という防衛論が出てきていたのです。

 

しかし、孔明はその防衛論を嫌っていました。

まず、第一に蜀の国力が高まる頃には、魏の国力はそれと比較にならない程に、

高まり、とても討伐するどころではなくなるという点があります。

 

そして、もう一点は、劉備の遺志である漢王朝の天下の回復です。

蜀は地方政権として誕生したのではなく、逆賊、魏を滅ぼして漢の天下を回復させる

その為に誕生した果敢に攻める政権だと主張したかったのです。

 

孔明、慎重論を抑え込み、趙雲、鄧芝を先鋒に北伐を開始

趙雲 子龍

 

かくして、孔明は、慎重論を抑え込み、北伐を敢行する正統性を得ます。

こうして孔明は、鄧芝(とうし)、趙雲(ちょううん)、魏延(ぎえん)、

馬稷(ばしょく)、王平(おうへい)というような諸将と10万の軍を
率いて漢中に進軍し、いよいよ、秦嶺山脈を越えて魏の領内に入っていきます。

 

関連記事:鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者

関連記事:鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者

関連記事:趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

関連記事:王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将

関連記事:魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

はじめての三国志基礎知識では、三国志演義に沿って三国志の物語を語っています。

ただ、読者の方には正史の話も知って頂きたいので、大きく正史と演義で、

内容が異なる場合には、赤字で情報を補う事に致します。

あらかじめ、ご了承くださいませ。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

次回記事:121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子…
  2. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼
  3. 【キングダム527話】キングダム六国の強さを勝手にランキング!
  4. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  5. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  6. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  7. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  8. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  2. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  3. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1
  4. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  5. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  6. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの? 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?

おすすめ記事

  1. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?
  2. 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!
  3. 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得
  4. 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  5. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  6. 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  7. 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!
  8. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP