袁術祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由

この記事の所要時間: 312




周瑜 美男子

 

さて、今回のテーマは呉の軍師、周瑜(しゅうゆ)の魅力です。

女ライターが「周瑜様が好き!」と言うと、「どうせ顔だろ?」と思われるかもしれませんが……

それだけではないのが、周瑜(しゅうゆ)なのです。

※演義では孔明のすごさを演出するために、

周瑜の業績や魅力を差し引いて嚙ませ犬として描いているので、ここでは正史に準拠して説明します。




確かに美しくはある

周瑜

 

同時代の人たちからも、「美周郎」=「周家の美しい坊ちゃん」と呼ばれていたと言われています。

しかし、当時の美しさとは、筋力ムキムキの逞しい男の人のこと。

実は、今言われているような女顔の美人ではないようなのです。

しかし、どうせ他の人たちもイケメンではなかったのにイケメンと描かれていたりするので、

周瑜が様々な作品で女顔の美形と描かれていても、目くじらは立てないようにしましょう。




めっちゃ強かった

周瑜 死

 

あまり大きな敵との戦いがないので詳しくは演義にも正史にも描かれていないのですが、

孫策(そんさく)の代は周りの豪族たちを制圧するのに戦い続けていた時代。

その中核にいたのはもちろん父・孫堅(そんけん)の代からの老将たちもですが、

その一員にまだ二十歳前後だった周瑜も含まれていたと思われます。

 

関連記事:孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

 

断金の友

袁術と周瑜と孫策

 

孫家長男の孫策と周瑜とは、幼い頃に隣同士に住んでいて、そのときから親しかった親友同士。

その熱い仲は「断金の友」=「二人の仲の強さは金をも断つ」と言われるほど。

二人の仲に焦点を当てた文芸作品も多く存在しています。

この二人の友情も、周瑜の人気の原因の一つとなっています。

 

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

関連記事:周瑜公瑾の輝かしい功績

 

管弦の才能

周瑜の魅力

 

周瑜は、琴がとても上手かったと伝えられています。

その才能は、宴会で酒を飲んでいた時でも、他人の引いた琴の音の間違いを指摘できたほど。

まさに天は人に二物も三物も与えたということです。

 

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

関連記事:大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?

関連記事:三国時代の音楽ってどんな感じだったの?

 

カリスマ性

周瑜の魅力02

 

周瑜が赤壁の戦いで曹操軍と全面対決したのは、周瑜が32歳のとき。

その年齢で、周瑜は孫家の全軍を率いています。

そんな彼のカリスマ性を証明するエピソードがあります。

孫家の昔からの家臣の中には、若くして取り立てられる周瑜をよく分からない人たちもいました。

その代表が、呉のいぶし銀・程普(ていふ)

彼は周瑜を嫌っており、何かにつけて彼と対立していました。

しかし、そんな程普もやがて周瑜の才能を認め、こういう言葉を残したと言います。

「周瑜という男は、まるで美酒のような男だ。人を酔わせてしまう」

 

外交の才能

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

若くして死の床についた周瑜は、それでも孫家の未来を案じていました。

主な心配事は、孔明や劉備の存在。彼らが孫家にとって強力な敵となることを、周瑜は当時から見抜いていました。

彼は何度も孫権に劉備を攻めるよう進言していましたが、孫権は乗り気ではなく、結局全面戦争が実現することはありませんでした。

このとき、もし孫権が周瑜の進言を受け入れ、劉備との全面戦争に踏み切っていたら、一体蜀は存在したのでしょうか?

それは、神のみぞ知る、です。

 

悲劇の英雄

周瑜逝く

 

周瑜が亡くなったのは、三十六歳のときでした。

これは奇しくも二十六歳で孫策が亡くなった十年後のこと。

そこに運命的な何かを感じずにはいられませんが、それはともかく、周瑜には優秀な跡継ぎはいませんでした。

娘は孫権の息子と結婚しているものの、息子たちはたいした業績を遺せませんでした。

彼はまさに、一代限りの悲劇の英雄だったのです。

ちなみに、周瑜が亡くなった後、魯粛(ろしゅく)呂蒙(りょもう)も次々と病で命を落として生きます。

もし彼らが生きていたら、晩年の孫権の跡継ぎ争いについて、孫権を諫めることができていたのではないでしょうか?

歴史にもしもはありませんが、そう考えずにはいられません。

 

三国志ライター、秋斗の呟き

秋斗

 

ここまで、周瑜の魅力を再確認してきました。

彼のファンは、三國無双などよりも創作の三国志に多く、自分オリジナルの周瑜の絵をネットに載せている人はたくさん存在しています。

自分で周瑜を描きたい!と思わせるほど、周瑜という武将は魅力に富んでいたということでしょう。

それにしても、振り返ってみると、呉派としては、かえすがえす、周瑜の早逝は惜しまれますね。

彼がもし生き延びていたら、晩年の孫権を見て、一体、どのような言葉を口にしていたのでしょう?

 

 
関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!

関連記事:そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

関連記事:【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:秋斗

秋斗

■自己紹介:

三度の飯より歴史と本が好きな三国志女です。

イチオシは周瑜さま。周家の家人になって周瑜さまのおはようからおやすみまでを見つめたい日々です。

 

■好きな歴史人物:

周瑜、項羽、土方歳三、今井四郎兼平

 

■何か一言:

数少ないかもしれない女ライターですが、女ならではの視点でやっていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

関連記事

  1. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  2. 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だっ…
  3. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  4. 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  5. クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?
  6. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  7. 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?
  8. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?
  2. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  3. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  4. 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」
  5. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1
  6. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは? 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの? 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した? 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

おすすめ記事

  1. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】
  3. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  4. 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何?
  5. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い
  6. 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?
  7. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  8. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP