キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

はじめての変

袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】




チンギス・ハーン wiki

(画像引用元:チンギス・ハーン wikipedia

 

あの英雄は実は生きていて、別の地に落ち延びていたという話は古今東西たくさんあります。

日本では源義経が有名ですね。

命からがら東北から中国大陸に渡り、チンギス・ハーンとなって覇業を成し遂げたという説です。

眉唾物の話ではありますが、もしかしたら……という可能性も確かにあります。

他にも豊臣秀頼が九州の地に逃げ延びていた。なんていうのもありましたね。

本能寺の変の織田信長もそうですが、

遺骸が見つからないとそういった「実は生きていた」という噂が必ず広まるものです。




袁術は建安四年(199年)六月に病死

袁術の最後

 

帝位を自称した袁術(えんじゅつ)は四方から漢軍に攻められ、

味方に見限られ、失意のなかで病死したと云われています。

逆賊として周囲から攻められたのであればその遺骸は晒されて然るべきですし、子孫も首を刎ねられるはずです。

しかし袁術の遺骸がそのようなことになったという記述は見当たりません。

 

孫策

 

血族の袁胤(えんいん)が棺を守り、劉勲(りゅうくん)を頼り、

その劉勲の城は孫策(そんさく)の計略によって落とされています。

つまり袁術の遺骸と妻子は孫策の手に渡ったわけですが、手荒なことにはなっていません。

それよりも袁術の娘は孫権の後宮に迎えられていますし、

息子の袁耀(えんよう)は呉で郎中として用いられています。




袁術は実は生きていた!?

袁術くやしいいい

 

もし病気になった袁術を孫家が密かに亡命させていたとしたらどうでしょうか。

東は劉備(りゅうび)がいますし、北には曹操(そうそう)がいます。

西にも劉表(りゅうひょう)と逃げ場がありません。

南の孫策も表面上は漢の皇室の意向に従って袁術とは疎遠になっています。

密かに逃がすのならばさらに南しかありません。

そこは山越族が暮らしている揚州南部よりはるか南になります。

そこならば漢の威光も微かなもので、袁術は静かに養生できるのです。

 

関連記事:曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

関連記事:【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?

関連記事:曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?

 

南の地、ベトナム

袁術

 

かつて漢の武帝は広東からベトナムにかけての政権、南越を滅ぼしました。

そしてこの地に交趾(こうし)、九真(きゅうしん)、日南(にちなん)の三郡を設置したのです。

 

袁術

 

これが広大な領土を誇る交州の南部になります(ベトナム北部)。

ちなみにベトナムの南部にある林邑(りんゆう)や

扶南(ふなん)などの国は早くからインドの影響を色濃く受けており、

中国文化の南進はここまでは至っていません。

 

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

 

交州の支配者・士燮(ししょう)

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

交州刺史である朱符(漢の驃騎将軍として活躍した朱儁の息子)が地元の反乱で命を落とすと、

それに代わって交州を支配したのが豪族の士氏です。

交趾の太守であった士燮は、この混乱を鎮めるために

自分の弟ら血族を交州の各地の郡の太守にしていきます。

そして南海(現在の香港近郊)、合浦(現在の南寧近郊)から交趾、

九真に至る広大な領土を治めていくことになるのです。

それがはたして西暦何年のことなのか定かではありませんが

(186年から199年にかけてのことだとされています)、

実はこの士燮こそ生き延びた袁術だった……ってことはないでしょうか。

 

建安五年(200年)より攻められる

建安五年、混乱を制した士燮に襲い掛かってきたのが荊州の劉表です。

袁術が生きていたことに気が付いたのかもしれません。

果たして士燮は劉表の軍勢をどう撃退したのでしょうか。

一説には士氏は漢帝国に朝貢し、その支配を認められ、劉表の侵攻を未然に防いだとあります。

 

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

200年と云えば孫策が暗殺された年でもあります。

後継者の孫権(そんけん)が士燮に援軍を出したのかもしれません。

どちらにせよ、210年には交州および士氏一族は完全に孫権(そんけん)に降伏します。

210年と云えば周瑜の病死した年です。

 

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

関連記事:孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから?

 

どちらの民族にも慕われた士燮

中央の混乱を逃れて交州に来た名士には許靖劉巴といった

面々の他に袁忠や袁微といった袁家の人間も多くいたようです。

士燮(ししょう)は土着の民と移民のどちらからも慕われる政治を施したと云われています。

 

曹丕

 

文帝(曹丕)が崩御した226年(呉歴・黄武五年)に士燮は亡くなり、

交州は呉国の直接支配となります。

そこまではほぼ独立国家として成り立っていたのです。

実は「仲」という国だったかもしれませんね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

さすがに士燮=袁術は無理があったでしょうか。

士燮ファンの皆さまには申し訳ありません。

でもチンギス・ハーン=源義経が成り立つなら、士燮=袁術もありかなって思いませんか?

だとすると袁術はみんなから好かれる人望の持ち主だったことが証明されるのですが……。

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 五虎大将軍の趙雲 趙雲が最強イケメンだった3つの理由
  2. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  3. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  4. 陸遜 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  5. ロボ 関羽 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  6. 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「…
  7. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  8. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  2. 茶を飲む張角(太平道)
  3. 孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 
  4. 疫病が蔓延している村と民人
  5. 黄月英

おすすめ記事

  1. 郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス 蜀の皇帝に即位した劉備
  2. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える 亡くなる周瑜
  3. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』 吉川英治様表紙リスペクト
  4. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」の見どころ紹介
  6. 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る!

三國志雑学

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  2. 于禁を虐める曹丕
  3. 魯粛
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 法正
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  3. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公)
  4. 郭嘉の本
  5. 織田信長

おすすめ記事

王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの? 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った 馬超 vs 許褚 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い 李典が居なければ夏侯惇はいなかったかも!? 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP