架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職

この記事の所要時間: 418




劉備

 

7月に入り、新しく就職した社会人の皆さんは、

新しい職場に馴染み、遣り甲斐を感じている頃でしょうか?

それとも、五月病、絶賛継続中だったり、早くも転職を考えていたり、するのでしょうか?

「封建の時代はいーよな、、家柄だけで高い地位につけて」

三国志に詳しい方は、そのようにため息を漏らすかも知れませんが、

ところが、どっこい、三国志の時代だって就職は大変だったりするのです。




実は極端な派閥社会だった三国志の時代

劉備

 

さて、あなたが三国志の時代に生まれて、そこそこ名のある、

勉強できる環境にある、豪族の家に生まれたとしましょう。

ですが、家柄があるからと言って、黙っていては

一生就職できないで終わる可能性もありました。

 

というのも、各州には、名士と呼ばれる知識人の層がありました。

 

曹操と荀彧

 

一番有名なのは、豫州頴川(えいせん)郡で、荀彧(じゅんいく)

荀攸(じゅんゆう)郭嘉(かくか)陳羣(ちんぐん)、鍾繇(りゅうよう)

というような錚々たる面子が並んでいます。

 

先読み袁術

 

同じく豫州の汝南(じょなん)郡も後漢の光武帝が出た名士を輩出した土地で、

ここからは、名士ではありませんが、呉の名将、呂蒙(りょもう)

一点の曇りもない、スーパーエリート袁術(えんじゅつ)

袁紹(えんしょう)も出ています。

 

また、劉表(りゅうひょう)が長く治めた荊州にも名士層があり

劉焉(りゅうえん)の支配した益州にもありました。

 

冀州や、徐州にもあったようですから、後漢の十三州の、

いたる土地に、このような名士層は存在していました。

そこに属していないと、孝廉(こうれん)でも、茂才(ぼうさい)でも

推挙されず、ずっと世に埋もれるという可能性さえあったのです。




有名評論家の評価を得る為に皆必死・・

曹操 夏侯惇

 

あなたが、もし、そのような地元の名士と、父祖の代から、

親しい関係というなら、よほど、素行が悪くない限り就職は、

大丈夫と言えるかも知れません。

ですが、そうでないなら、早急に手を打たないといけません。

具体的には、許子将のような著名な人物評論家に交友を求めて

自分の人品を鑑定してもらい箔をつけるのです。

 

許劭 許子将

 

曹操(そうそう)は、まだヤンキーで無名の頃に、知人の勧めで、

三国志時代のインフルエンサー、許子将(きょ・ししょう)と交わり、

有名な、治世の能臣、乱世の奸雄のキャッチコピーをもらっていますし、

派手好きで、ブイブイ言わせていた袁紹は、そんな自分の姿を

許子将に見せられないと、わざと質素な身なりに着替えて、

やり過ごしています。

 

許劭 許子将

 

三国志の一流所でさえ、そうなら、あなたも、気難しい、

気分屋の人物評論家の機嫌を取るしかないでしょう。

嫌でしょうが、就職の為です。

 

関連記事:許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

 

就職しても、仕える人間を間違うと悲惨な生活が・・

荀彧 袁紹

 

さあ、あなたは、幾多のごますりと機嫌取りの末に、

人物鑑定家から、「千里の駒」か、「慎み深い賢者」か、

「清廉にして誠実」か、何らかの評価を得て

ようやく、群雄に就職できました。

 

これで一安心と思ったら、大間違い、、

実は、群雄によって、名士に対する態度が違うからです。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  2. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  4. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  5. 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?
  6. 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?
  7. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探る…
  8. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説
  2. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?
  3. こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯
  4. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女
  5. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  6. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。 何でこんなに孫権は地味なの? 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった! 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!? 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!? 三国志サミット2015年に、はじさんも出演します

おすすめ記事

  1. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  2. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  3. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  4. 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?
  5. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  6. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  7. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  8. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP