就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職

名士を憎んでいる公孫瓚や、体育会系の劉備の所だと悲惨な事に




劉備 黒歴史

 

すべての群雄が曹操のように名士を愛したわけではありません。

何しろ、底辺から這い上がった群雄にとって、名士は自分より、

著名な人々であり、土地で尊敬を得ており、また結託すれば、

自分に牙を剥きかねないライバルでもあるのです。

 

事実、あれだけ名士を取りこんだ曹操も、兗州を領有した頃は、

名士層の取り込みに失敗して、徐州に陶謙(とうけん)を攻めている最中に、

陳宮(ちんきゅう)や張邈(ちょうばく)に背かれ、

兗州の殆どの城が離反しています。

 

朝まで三国志

 

また、公孫瓚(こうそんさん)は、

「名士なんかハナから信用しないもんねー、わし」と切り捨て、

自分と気が合いそうなゴロツキや、下層身分で、実力主義の人間だけを採用しました。

 

これは、いいアイデアに思えますが、名士層の協力なしに、

広大な北方の統治は難しく、結局、名士層の取り込みに熱心だった

袁紹に滅ぼされています。

 

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

劉備はともかく、名士を敵対視している関羽や簡擁が怖い

顔良と関羽

 

また、劉備(りゅうび)は名士を軽んじたわけではないのですが、

義勇軍の傭兵隊長から出発しているので、生死を共にした人間は

下層階級の人物が少なくありませんでした。

 

陸遜 関羽

 

それは、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)、簡擁(かんよう)のような人々です。

張飛は、身分が高い人にヘーコラする部分があるので扱いやすいですが、

関羽や簡擁は、身分の高い名士を「いけすかねぇ連中」と憎んでいます。

 

孔明

 

特に簡擁は、劉備の下に入った頃の諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

気に食わなく思っていて、孔明が休息しようと、長椅子のある場所まで行くと、

椅子を独占し、決して孔明に譲ろうとはしませんでした。

 

関羽も目下の人間には優しい代わりに、目上や同僚には非常に厳しく、

そのあまりの厳しさに、士仁(しじん)と縻芳(びほう)は体罰を恐れて、

孫権に降ったと言われる位です、もうね、パワハラまがいですよ、関羽。

 

天下の奇才、孔明でさえ、こんなチンピラ扱いですから、

あなたが劉備軍や公孫瓚軍に就職した場合、かなり辛い思いをする

可能性は否定できません。

 

関連記事:【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介




社長の権限が弱く、派閥争いが激しい呉

孫権

 

「魏は、出来る連中ばっかりでノルマがきつそうだし、

蜀は、規則でガチガチで息苦しそうだな・・

どうせなら、呉みたいな南の国で、楽しく

のんびり仕事が出来たらいいな」

 

あなたは、もしかすると、そう思い呉へ就職しようと思ったかも知れません。

確かに南方の呉は疫病こそ怖いですが、気候は温暖だし、

人は古の楚人の風合いで性格は激烈だけど、一度、打ち解ければ家族も同然です。

しかし、呉は、魏や蜀と違い、トップダウンではなく、

豪族の連合政権の意味合いが強く、激しい派閥争いがあります。

 

孫権

 

孫権(そんけん)の晩年に起きた二宮事件など、呉臣が真っ二つに分裂して、

お互いを罵りあうという凄惨な状態が起きました。

「私は中立でーす、、」という態度は呉では許されないのです。

 

また、仕えるべき孫権は、酒乱であり、

飲めない部下に無理に飲酒を勧める悪癖があります。

仕事とプライベートは別にしたい人は、仕事の後に続く、

地獄の孫権の酒宴に、とてもついていけないでしょうね。




三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがでしたか?家柄さえあれば自動的に出世できそうな三国志の時代も

乱世という事もあり、結構、大変だという事がお分かり頂けたでしょうか?

なんだかんだで、どの時代も就職は一生を左右する重大事で、

楽勝な就職とお気楽な人生は、よほどのアッパークラス以外には、

なかったのかも知れませんね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 孫夫人と趙雲
  2. 玉乗りをしている阿部正弘
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  5. 孫策、陸遜、顧邵、他

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP