魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?

赤壁の戦いで敗北する曹操




赤壁の戦い

 

赤壁の戦い」(せきへきのたたかい)は、ご存じの方も多いでしょう。

三国史上、中盤の山場と言って良いでしょう。

特に、三国志の三大勢力の 曹操(そうそう)孫権(そんけん)

劉備(りゅうび)が表舞台に初めて結集して登場し、

戦うという「一大戦国絵巻」とも言えましょう。

 

魯粛の生涯07 曹操

 

戦いの結末は、数十万とも言われる大軍で臨んだ曹操軍が、

その半数以下の劉備孫権の連合軍に、火攻めによって大敗し、

曹操は命からがら、本拠地まで逃げ帰るというものでした。

もし、この時、曹操が死んでいたら歴史はどうなっていたでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?





孔明の予想

孔明VS曹操

 

物語の「三国志演義」では、諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)の策で、

赤壁の戦い」に大敗し、敗走する曹操の生命をわざと生きながらえさせるという行があります。

 

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

必死に敗走する曹操の前に立ちはだかる関羽(かんう)

関羽は以前、曹操に攻められた際、劉備の妻子を守るために降伏し、

生命を助けられ、従った期間がありました。

その時、かなり厚遇されたとのことです。

 

曹操を逃す関羽

 

その恩義もあったせいか、義に生きる人柄であった関羽は曹操を見逃すという行です。

ただ、この展開は孔明にとって初めから分かっていたことで、

敢えて曹操の生命を助け、孫権の勢力に拡大させないようにすることが狙いだったようです。

強大な二大勢力の曹操と孫権には互いに睨み合わせ、

勃興勢力の劉備が三つ目の勢力として、

それに加わり、一つの巨大勢力を他の二つが牽制する図式を作っておくのです。

最も勢力の劣る劉備が力を蓄える時間稼ぎとしての孔明の策だったようです。

 

この話が事実かどうかを別にしても、孔明が予想した、

曹操の死によって三国の情勢がどうなるかについては、説得力があります。




孫権の台頭?

孫権

 

前述の孔明の予想でも出ました、

まず予想できる展開と言えましょう。

しかし、史実では、「赤壁の戦い」の後、わずか二年後に、

孫権の軍師とも言える存在の周瑜(しゅうゆ)が死んでしまうため、

孫権勢力の拡大は厳しかったのではないでしょうか。

そもそも「三国志正史」の史実では、「赤壁の戦い」での軍略を立てたのは、

周瑜であったとされるのです。

 

周瑜

 

しかし、演義などの物語では、周瑜は、劉備や孔明の引き立て役に収まっています。

そのような大人物がわずか36歳の若さで急逝してしまうのですから、

孫権勢力には相当な痛手であったでしょう。

 

周瑜逝く

 

そして、その周瑜の死については、明らかにはされていませんが、

以前の定説では以下のような経緯だったとされています。

 

曹操の本軍を赤壁の戦いで敗走させた後、周瑜たちが、

次々に他の曹操の軍兵たちの殲滅を試みますが、失敗します。

曹操の従兄弟にあたる曹仁(そうじん)たちの反撃に合い、阻まれるのです。

しかも、その反撃の合間に、流れ矢に当たったことが切っ掛けで、周瑜は死んでしまうというものです。

しかし、最近では、暗殺であったとも言われています。

特に周瑜は、劉備、孔明たちの勢力に好戦的な主張を繰り返していたそうです。

その勢力の誰かに暗殺されたという説も最近は出てきているとか。

 

そんな訳で、「赤壁の戦い」後に間もなく周瑜をな亡くし、

揺らいだように見えた孫権勢力ですが、周瑜の後継の魯粛(ろしゅく)

呂蒙(りょもう)といった、知略に長けた優秀な武将によって支えられていたので、

劉備たちには脅威であったには違いないでしょう。

 

陸遜 関羽

 

事実、呂蒙によって、劉備の義兄弟の、一翼を担っていた関羽は討たれます。

しかし、その呂蒙は関羽の死の直後に急死します。

魯粛はその数年前には死去しています。

孫権の勢力は、優秀な配下が次々と急死してしまい、まさに悲劇そのもの。

陰謀のようなものも感じられます。

そのため、孫権が抜きん出た勢力にはなりませんでしたが、

かと言って他の勢力と対抗する力は残っていました。

 

 

「魏」は誕生しなかった?

曹丕

 

そして、次に気になるのは、曹操の勢力が潰えたのではないかということです。

ちなみに「赤壁の戦い」当時では、まだ、「魏」(ぎ)という国は誕生していません。

その戦いの数年後、後漢王朝最後の皇帝「献帝」(けんてい)より曹操が「魏公」の号を与えられることで初めて、

事実上、魏が誕生したと言ってよいでしょう。

とは言え、曹操存命中は、「魏」はあくまで 後漢王朝の臣下という位置づけになっていました。

あくまで保守勢力への配慮だったようです。

 

曹丕皇帝

 

曹操の死後、その息子の曹丕(そうひ)献帝より皇位を譲られて、

名実ともに「魏王朝」(魏の国)が誕生した訳です。

もちろん、魏の国の基盤を作ったのは、曹操ですから、

曹操がいなければ、誕生しなかったでしょう。

 

しかし、「赤壁の戦い」後、曹操勢力の配下では、

曹操の従兄弟の曹仁(そうじん)、楽進(がくしん)

軍師荀彧(じゅんいく)張遼(ちょうりょう)などの名将が残っていました。

赤壁で戦死したのは、数十万とも言われますが

(ただこれは誇張された可能性が高く、実際には10万前後とも言われているようです。)

 

そして、その死者の多くは、赤壁の数年前まで河北地域の最大豪族勢力だった

袁紹(えんしょう)の元配下たちや黄巾党など、

これまでの曹操が駆逐した勢力の敗残兵の可能性があります。

精鋭部隊はまだ多く残っていたのではないでしょうか。

だからこそ、わずか数年で、曹操は巻き返しができたのかもしれません。

208年に「赤壁の戦い」で、213年が魏公に上り詰めた年、この間、わずか5年です。

 

張遼・楽進・李典

 

おそらく、曹操がいなくても優秀な配下たちが残っていたはずです。

しかし、それをまとめ上げ、勢力を盛り返す手腕は、曹操のだったでしょうから、

曹操亡き後、魏の国は誕生せず、あくまで、形式でしょうが、

漢王朝献帝の引き立て役に収まっていた可能性も高いでしょう。

献帝の名の元に勢力拡大を狙ったかもしれませんが、

曹操亡き後にこれまでの勢力を維持できていたかは疑問視されます。

おそらく、曹操敗死ともなれば、

これまで従ってきた軍兵たちの中で他の勢力になびく者たちも多く出た可能性もあったでしょうし、

また周辺の少数の豪族や勃興勢力、遊牧民勢力などが大人しくしていなかったかもしれないでしょう。

ただ、曹操勢力は優秀な配下が生き残っている印象ですので、

そう簡単に滅びる気配はなく、それなりの勢力を維持したかと思います。

 

三国時代はなかったかもしれない?

孫権 劉備 対立

 

さらに、劉備や孫権たちの大勢力が睨み合い、

おそらく、三国以上の群雄割拠の時代のまま時が流れた可能性が高かったのではないでしょうか?

そして、後漢王朝の皇帝「献帝」を誰が担ぎ上げる:か一奇小一’かで、

争いが続くことになったでしょうし、中には、独立国家の勢力も数多く乱立したでしょう。

そして、そのうち、多くの戦死者を出し、一つ朝大勢力により中国は統一されたのでしょう。

ただ、それは漢王朝の存続という形であった気がします。

漢の皇族を奉った上での政権運営が続いたのではないでしょうか。

 

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

三国志ライター コーノ・ヒロの独り言

コーノヒロ(はじめての三国志ライター)

 

結局、曹操の存在意義は、強大なリーダーシップによって、大勢力を作り上げ、

それまで前後合わせて約400年に渡り続いた漢皇室に替わる、

新たな皇室の勢力を作り上げて、成功させたことでしょうか。

 

日本で言えば、「天皇家」に替わる勢力を作り上げたようなものです。

日本史上なら、「南北朝時代」のような時代です。

また、戦国時代の織田信長(おだのぶなが)も同じような事を

成し遂げようとした感があると言われています。

しかし、そのどちらも失敗に終わります。

そういう意味で、曹操はとてつもなく、大事業をやってのけた人だったのだということでしょう。

もしかしたら、織田信長は曹操に習ってやり遂げようとしたのかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

 




コーノ・ヒロ

コーノ・ヒロ

投稿者の記事一覧

歴史好きのライターです。
福祉関係の仕事をしつつ、物書きの仕事も色々としています。

小説や詩なども、ときどき書いています。
よろしくお願いします。

好きな歴史人物

墨子、孫子、達磨、千利休、良寛、正岡子規、

モーツァルト、ドストエフスキー など

何か一言

歴史は、不動の物でなく、
時代の潮流に流される物であると思っています。

それと共に、多くの物語が生まれ、楽しませてくれます。

関連記事

  1. 兵士と禰衡 【三国志問題】リアルな武装率ってどれ位あった?
  2. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  3. 甘露寺 十字紋石 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  4. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  5. 公孫康 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  6. 関羽を討ち取る陸遜 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  7. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  8. 合肥の戦いの地図 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 趙の旗
  2. 張角は歴史の表舞台に登場
  3. 何進
  4. 大喬と小喬

おすすめ記事

  1. もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】
  2. 龐徳は馬超に義理で部下になっていた!?
  3. 諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは? 韓非子を読む劉禅
  4. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは? 項羽
  5. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ? 曹芳
  6. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった 太平道 黄巾賊

三國志雑学

  1. 郭嘉
  2. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  4. 袁術
  5. 三国志の地図(州)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備に足りないもの 三国志
  2. 海上での戦いの孫権
  3. 燃える本能寺
  4. キングダム54巻amazon
  5. 袁家をイジメる董卓
  6. 西郷隆盛(ゆるキャラ)

おすすめ記事

馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長のお墓は一体どこにある?高野山「奥の院」と京都「阿弥陀寺」を紹介 孔明と司馬懿 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす 【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します! 意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった 趙の旗 戦国策【趙策】人の支持を得て力を万倍とせよの巻 山頂に陣を敷いた馬謖 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】 徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄の治水の成果、信玄堤は現在でも活きている!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP