キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?

周瑜と孫策




周瑜と孫策

 

三国志におけるハイティーン主従と言えば、孫策(そんさく)周瑜(しゅうゆ)です。

両者は同い年であり、家も近くて、後には大喬(だいきょう)・小喬(しょうきょう)の

姉妹を妻に貰い、義兄弟になったなど、仲良くなった逸話満載なんですが、

果たして両者の仲が良いのは、ただ意気投合しただけの偶然だったのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




孫堅が家族を富春から舒に移した時から孫家と周家の付き合いが始まる

孫堅

 

孫策周瑜の関係は、孫堅(そんけん)の時代から始まっています。

孫堅は反董卓連合軍に参加すると家族を富春(ふしゅん)から周家がある

舒(じょ)に移しているからです。

 

そこで、孫家の人々は、住処を探すわけではなく、極く自然に

富豪の周家から家を分けてもらって生活するというように

いきなり親戚付き合いのような関係になり、必然的に年齢が同じだった

孫策周瑜が仲良くなるという筋になります。

 

しかし、いかに周家がお人よしだとしても、いきなり孫家に家を一つ

貸すような事をするものでしょうか?

 

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:記録が乏しい孫堅の妻たち




周家が孫家と仲良くするメリットが無い・・

周瑜の魅力02

 

孫家は、兵法家の孫武(そんぶ)の子孫を自称していますが、何の裏付けもありません。

そもそも孫武の子孫が不詳なので、それをイイ事に便乗しただけでしょう。

そんな孫家が、周景(しゅうけい)、周忠(しゅうちゅう)が三公の一つ、

太尉にまで出世した周家と結ぶのはメリットがあると言えます。

 

しかし、周家は、何の家柄もない孫家と仲良くする理由が無いのです。

家を一つ丸ごと貸してしまう親密さは、どうして生まれたのでしょう?

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 

またしても孫堅の背後に袁術の影が・・

袁術と周瑜と孫策

 

ここで、孫堅が家族を富春から舒に移した時期が問題になります。

西暦190年と言えば、孫堅が袁術(えんじゅつ)の暗黙の依頼で

南陽郡太守の張咨(ちょうし)を殺して、袁術がその後釜に座り

孫堅を豫(よ)州刺史に上奏しています。

ここで孫堅は四世三公の袁術の配下になるわけですが、

この袁家と周瑜の周家は実は長い関係があるのです。

 

後漢の和帝の時代、周瑜(しゅうゆ)の祖である尚書令(しょうしょれい)

周栄(しゅうえい)は、袁術の祖である袁安(えんあん)と密接な

主従関係にあったようです。

さらに時代が下ると外戚(がいせき)である梁冀(りょうき)の専横の時代、

例の太尉、周景は袁湯(えんたん)の推挙を受けているというケースがあり、

また、周・袁両家とも董卓(とうたく)によって皆殺しの目に遭っているなど、

董卓で相互に連携していた節が見られます。

 

つまり、孫堅が袁術の配下になるに至り、袁術は、

「家族の事は舒県の周家に預けるがいい、わしから話は

つけておく」とお墨付きを与えていて、袁術のツテで

孫策以下の孫家は、舒に移動してすぐに周家を頼った

そういう事では無かったのでしょうか?

 

周家としても、長い繋がりがある袁家の依頼は、

受けて置くべきという打算から見ず知らずの孫家に

家をまるごと一軒貸すというような優遇をした

という事ではないかと思います。

 

関連記事:孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

関連記事:孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

 

父、孫堅の死により、周家との関係は一時途絶える

孫堅逝く

 

その証拠として、孫堅が敗死するや孫家は居候できなくなり

孫策は、曲阿(きょくあ)に孫堅を還葬してから江都(こうと)に向かっています。

孫堅―袁術の繋がりから優遇していた周家とすれば、

もう孫堅が死んだとあっては、優遇する理由はないわけです。

 

しかし、孫策は、袁術と不仲になっていた陶謙(とうけん)に迫害され

結果として袁術配下の丹陽(たんよう)郡大守で母方の叔父の呉景(ごけい)の下につき、

その後は、再び、父同様に袁術の客将となる事になります。

 

関連記事:【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?

関連記事:大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?

 

孫策の活躍を見て、周瑜は自発的に孫策を尋ねる

孫策

 

ここで、袁術の指揮下に留まった事で、孫策は何とか

拠って立つ地盤を手に入れ、袁術に吸収されていた

孫堅配下の韓当(かんとう)、黄蓋(こうがい)、朱治(しゅち)、

程普(ていふ)のような古参の武将を取り戻す事に成功するのです。

 

そこで、個人的な付き合いで孫策に心服していた周瑜は、

孫策を尋ね、その配下になったのだと考えられます。

 

ここでは、もう孫堅―袁術ラインは関係なく、

孫策の覇者の器を見抜いた周瑜が自分の意思で

馳せ参じたという事でしょう。

 

関連記事:決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このように孫策、周瑜の友情は、純粋に孫家に周家が家を貸したという

事ではなく、元々は、孫堅の上役である袁術のツテにより、

周家が見ず知らずの孫家の面倒を見たという事が起点ではないかと思います。

そうでないと、何の接点もない孫家に周家が一方的に真心を尽くすのは

さすがに不自然だと思うからです。

 

しかし、そこで育まれた周瑜と孫策の友情は本物であり、

また、家族ぐるみの付き合いには、最初は打算でも後には、

本当に仲良くなる心の通い合いがあったのでしょう。

 

だからこそ、呉夫人は周瑜を兄として仕えなさいと

孫権(そんけん)に言いつけ周瑜は、孫策の下に

馳せ参じたのだと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  2. 孔明のテントがある野外のシーン 三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?
  3. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜 賈充と羊祜は孫呉討伐の戦略で激闘してた!?
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!!
  5. 孔明 司馬懿 名前はどこで 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?
  6. 怒る陳宮 陳宮は呂布が大嫌いで殺害を企んでいた!本当は呂布を裏切るつもりで…
  7. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  8. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大久保利通 幕末
  2. 最弱武将と対峙する張飛
  3. 今川義元
  4. 明智光秀 麒麟がくる
  5. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  6. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  7. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  8. 羌瘣

おすすめ記事

  1. 【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし) 韓信と劉邦
  2. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に! 孫夫人と趙雲
  3. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!?
  4. 曹操最初の妻丁氏とその一族の哀しき運命 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  5. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ! はじめての三国志 画像準備中
  6. 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの? 曹操の頭痛の原因は関羽?

三國志雑学

  1. 愛妻家の魏の将軍、郭淮
  2. 張遼・楽進・李典
  3. 張飛と劉備
  4. 司馬懿と魏延
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魯粛、周瑜、劉備
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表
  4. 鬼道を使う卑弥呼
  5. 袁紹モグラ作戦
  6. 朝まで三国志 劉備

おすすめ記事

華佗 【笑林】人命度外視の治療と儒学をまなんだ不孝者 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2 始皇帝 マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・ キングダム 【ネタバレ注意】キングダム543話 「主戦場」 レビュー&今後予想 曹操と機密保持 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの? 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【6/26〜7/2】 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP