キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?

周瑜と孫策




周瑜と孫策

 

三国志におけるハイティーン主従と言えば、孫策(そんさく)周瑜(しゅうゆ)です。

両者は同い年であり、家も近くて、後には大喬(だいきょう)・小喬(しょうきょう)の

姉妹を妻に貰い、義兄弟になったなど、仲良くなった逸話満載なんですが、

果たして両者の仲が良いのは、ただ意気投合しただけの偶然だったのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




孫堅が家族を富春から舒に移した時から孫家と周家の付き合いが始まる

孫堅

 

孫策周瑜の関係は、孫堅(そんけん)の時代から始まっています。

孫堅は反董卓連合軍に参加すると家族を富春(ふしゅん)から周家がある

舒(じょ)に移しているからです。

 

そこで、孫家の人々は、住処を探すわけではなく、極く自然に

富豪の周家から家を分けてもらって生活するというように

いきなり親戚付き合いのような関係になり、必然的に年齢が同じだった

孫策周瑜が仲良くなるという筋になります。

 

しかし、いかに周家がお人よしだとしても、いきなり孫家に家を一つ

貸すような事をするものでしょうか?

 

関連記事:偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

関連記事:記録が乏しい孫堅の妻たち




周家が孫家と仲良くするメリットが無い・・

周瑜の魅力02

 

孫家は、兵法家の孫武(そんぶ)の子孫を自称していますが、何の裏付けもありません。

そもそも孫武の子孫が不詳なので、それをイイ事に便乗しただけでしょう。

そんな孫家が、周景(しゅうけい)、周忠(しゅうちゅう)が三公の一つ、

太尉にまで出世した周家と結ぶのはメリットがあると言えます。

 

しかし、周家は、何の家柄もない孫家と仲良くする理由が無いのです。

家を一つ丸ごと貸してしまう親密さは、どうして生まれたのでしょう?

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 

またしても孫堅の背後に袁術の影が・・

袁術と周瑜と孫策

 

ここで、孫堅が家族を富春から舒に移した時期が問題になります。

西暦190年と言えば、孫堅が袁術(えんじゅつ)の暗黙の依頼で

南陽郡太守の張咨(ちょうし)を殺して、袁術がその後釜に座り

孫堅を豫(よ)州刺史に上奏しています。

ここで孫堅は四世三公の袁術の配下になるわけですが、

この袁家と周瑜の周家は実は長い関係があるのです。

 

後漢の和帝の時代、周瑜(しゅうゆ)の祖である尚書令(しょうしょれい)

周栄(しゅうえい)は、袁術の祖である袁安(えんあん)と密接な

主従関係にあったようです。

さらに時代が下ると外戚(がいせき)である梁冀(りょうき)の専横の時代、

例の太尉、周景は袁湯(えんたん)の推挙を受けているというケースがあり、

また、周・袁両家とも董卓(とうたく)によって皆殺しの目に遭っているなど、

董卓で相互に連携していた節が見られます。

 

つまり、孫堅が袁術の配下になるに至り、袁術は、

「家族の事は舒県の周家に預けるがいい、わしから話は

つけておく」とお墨付きを与えていて、袁術のツテで

孫策以下の孫家は、舒に移動してすぐに周家を頼った

そういう事では無かったのでしょうか?

 

周家としても、長い繋がりがある袁家の依頼は、

受けて置くべきという打算から見ず知らずの孫家に

家をまるごと一軒貸すというような優遇をした

という事ではないかと思います。

 

関連記事:孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

関連記事:孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

 

父、孫堅の死により、周家との関係は一時途絶える

孫堅逝く

 

その証拠として、孫堅が敗死するや孫家は居候できなくなり

孫策は、曲阿(きょくあ)に孫堅を還葬してから江都(こうと)に向かっています。

孫堅―袁術の繋がりから優遇していた周家とすれば、

もう孫堅が死んだとあっては、優遇する理由はないわけです。

 

しかし、孫策は、袁術と不仲になっていた陶謙(とうけん)に迫害され

結果として袁術配下の丹陽(たんよう)郡大守で母方の叔父の呉景(ごけい)の下につき、

その後は、再び、父同様に袁術の客将となる事になります。

 

関連記事:【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?

関連記事:大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?

 

孫策の活躍を見て、周瑜は自発的に孫策を尋ねる

孫策

 

ここで、袁術の指揮下に留まった事で、孫策は何とか

拠って立つ地盤を手に入れ、袁術に吸収されていた

孫堅配下の韓当(かんとう)、黄蓋(こうがい)、朱治(しゅち)、

程普(ていふ)のような古参の武将を取り戻す事に成功するのです。

 

そこで、個人的な付き合いで孫策に心服していた周瑜は、

孫策を尋ね、その配下になったのだと考えられます。

 

ここでは、もう孫堅―袁術ラインは関係なく、

孫策の覇者の器を見抜いた周瑜が自分の意思で

馳せ参じたという事でしょう。

 

関連記事:決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このように孫策、周瑜の友情は、純粋に孫家に周家が家を貸したという

事ではなく、元々は、孫堅の上役である袁術のツテにより、

周家が見ず知らずの孫家の面倒を見たという事が起点ではないかと思います。

そうでないと、何の接点もない孫家に周家が一方的に真心を尽くすのは

さすがに不自然だと思うからです。

 

しかし、そこで育まれた周瑜と孫策の友情は本物であり、

また、家族ぐるみの付き合いには、最初は打算でも後には、

本当に仲良くなる心の通い合いがあったのでしょう。

 

だからこそ、呉夫人は周瑜を兄として仕えなさいと

孫権(そんけん)に言いつけ周瑜は、孫策の下に

馳せ参じたのだと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 法正と劉備 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、ど…
  2. 魏延の謀反を察する孫権 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの?
  3. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで…
  4. 孔明 郭嘉 周瑜 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!
  5. 司馬懿 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?
  6. 幕末 魏呉蜀 書物 太古の怪物図鑑山海経とは?普通の人が出てこない怪物図鑑
  7. どうして武士は切腹するの?実は簡単に死ねない超痛い自殺の真実
  8. 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 王翦
  2. 胡亥
  3. 王元姫
  4. 城 銅雀台

おすすめ記事

  1. 榊原康政の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある善導寺へのアクセス方法 はてなマークな劉備と袁術
  2. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  3. 三国ベースボール攻略3 蜀の謀臣2人が加入、転生もついに成功!
  4. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌 龐統
  5. 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊 解煩督 呉
  6. 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 奮闘する黄蓋

三國志雑学

  1. 船冒険する諸葛直 船
  2. 陸遜
  3. 趙姫
  4. 丁奉(ていほう)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鍾会を説得する姜維
  2. 「魏」の旗を持った兵士
  3. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  4. 疫病が蔓延している村と民人

おすすめ記事

劉備にアドバイスをする法正 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上! 真田丸 いまさら聞けない真田丸って一体何なの? 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの? 羅憲 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる これは座右の銘にしたい!『論語』のおすすめの言葉10選 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録 カール・マルクス 資本論には何が書いてあるの?【前編】 孔明 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP