広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命

この記事の所要時間: 829




水魚の交わり

 

中国には、刎頸(ふんけい)の交わりや断金(だんきん)の交わり、

水魚(すいぎょ)の交わりというような、死んでもお互いを信じ抜く

誓いが立てられるケースがあります。

それらは、周瑜(しゅうゆ)孫策(そんさく)劉備(りゅうび)

孔明(こうめい)のように生涯貫かれるケースもありますが、

様々な理由から破綻してしまうケースもあります。

今回は楚漢の戦いでも随一に仲が良かった張耳(ちょうじ)と

陳余(ちんよ)の刎頸の交わりが破綻してしまうまでを紹介致します。

 

関連記事:今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語

関連記事:なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?




風格ある大人、張耳、魏の信陵君に仕える

劉エン 劉縯

 

張耳は、魏の都、大梁に生まれました。

若い頃から侠気があり同郷の大親分、魏の信陵(しんりょう)君の

食客になって、しばらく過ごした事もあります。

しかし、信陵君が秦の計略で兄王から疎外されて政治から遠ざかると、

張耳は、その下を出て外黄に移住し、立派な容姿と態度を富豪に見込まれ

その婿になり、やがて富豪の援助で外黄の県令になります。




刎頸の友陳余と出会う

 

張耳にはやがて、子供も生まれ平穏に過ごしていましたが、

そこに陳余という若い男がやってきます。

張耳と陳余は、親子程の年齢差がありましたが、二人は馬が合い、

やがて、刎頸の交わりを結ぶ事になります。

 

刎頸の交わりとは、お互いの為に自分の首を刎ねても惜しくないという

生命を懸けた友情を意味しています。

 

劉邦

 

そして、この頃、広く食客を募集していた張耳の元に、

若い頃の劉邦(りゅうほう)も尋ねてきていました。

張耳は、かつて劉邦の親分でもあったのです。

 

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】

 

秦が魏を滅ぼし、張耳と陳余は、姿をくらます

王賁

 

紀元前225年、秦の将軍、王賁(おうほん)は、大軍を率いて魏に侵攻し、

大梁に水を流し込んで水攻めしました。

3か月後に、大梁は開城して魏王は捕虜になり魏は滅亡します。

張耳と陳余の名前は、その頃、秦にも響いていたので賞金首でした。

二人は家族を捨てて、姿を変え逃亡生活に入ります。

 

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今後どうなる?

関連記事:王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族

 

村役人にボコボコにされても我慢する陳余

村人

 

二人は逃れ逃れて、陳という小さな土地の門番に雇われます。

交代で門番をして僅かな収入を得ている二人ですが、

そこに村役人が因縁をつけました。

 

その時、門を守っていたのは陳余です。

修羅場をくぐってきた陳余からすれば、こんな村役人程度は

瞬殺できるのですが、騒ぎを起こして正体がばれたら、

また、逃げ回る毎日を送らねばなりません。

 

歯を食いしばりながら、陳余はボコボコにされても、

一切の抵抗をせず耐え続けました。

ボロボロの体を引きづりながら帰ってきた陳余に、

張耳は言いました。

 

「よく耐えてくれた、これも将来の為だ、

苦しくても今を耐え忍ぼう」

 

二人は、お互いを励まし合い、辛い潜伏期間を耐えたのです。

 

関連記事:三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの?

関連記事:三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!

 

陳勝・呉広の乱勃発、二人は早速駆け付ける

陳勝・呉広

 

西暦210年、秦の始皇帝死去、そして翌年には、早くも農民反乱、

陳勝(ちんしょう)・呉広(ごこう)の乱が勃発します。

二人は喜び勇んで門番の仕事を放り出し、陳勝の下へ向かいます。

陳勝も、張耳と陳余の名は知っていたので喜び、配下に加えました。

 

関連記事:陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組

関連記事:【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!

 

陳勝、張楚王に即位するのを張耳は反対

 

秦軍を次々に打ち破り勢いに乗る陳勝に、ある部下が王に即位するように

進言します、野心が強い陳勝はまんざらでもありませんが、

これに張耳が異議を唱えました。

 

「それはなりませぬ、秦に滅ぼされた六国の王を立てないうちに、

自ら王になれば、それは私心で兵を起こしたと疑われ、

仲間になるものもいなくなるでしょう。

どうか、それだけは考え直してくださいませ」

 

しかし、結局、陳勝は張耳の進言を聞かずに自ら張楚(ちょうそ)王を名乗ります。

そして、張耳の予言通り、陳勝が私心で兵を起こしたと考えた

各地の反乱勢力は、陳勝軍に合流する事を取りやめました。

 

張耳と陳余、武臣の配下として趙を攻め取る

 

陳余と張耳は、これで陳勝の天下も長くないと見限ります。

そこで陳余は、陳勝に進言し、趙はいまだに秦に従っておりますので、

これを征伐したいと思いますといい、陳勝はこれを許します。

 

こうして、総大将を武臣(ぶしん)、副将を邵騒(しょうそう)、

張耳と陳余を補佐として、3000の軍勢で趙を攻めさせました。

もちろん、張耳も陳余も二度と陳勝の所に戻るつもりなどありません。

全ては、陳勝から離れて別に拠点を得る為の策でした。

 

趙は陥落し、張耳と陳余は武臣を趙王に即位させる

 

軍勢は趙の城を攻めますが、軍勢は少なくなかなか落ちません。

しかし、ここで、范陽から蒯徹(かいつう)という人物が来て、

武臣に対して言いました。

 

蒯徹「本当は、趙の県令達は降伏したいのですが、

陳勝軍に降れば地位を失い殺されるのではと恐れています。

もし、県令の地位を保障する事を約束するならば、

私が城を開けるように説得してみせましょう」

 

武臣がこれに従うと、十以上の城が次々と武臣に降伏します。

こうして、武臣は趙の都、邯鄲を攻め落としました。

 

するとすかさず、張耳と陳余は武臣に進言します。

 

張耳「このまま張楚王の元に凱旋してはなりません、、

王は気が小さく、手柄を立てた人間を疑うので、

きっとあなたは殺され功積は別人に奪われてしまいましょう。

そうならないように、ここで趙王に即位して基盤を確保するべきです」

 

武臣「そ、そんな事をして、張楚王はワシに攻めてこないだろうか?」

 

陳余「御心配には及びません、張楚王は、各地に軍を派遣している状態、

あなたを討伐すれば、ほかの将軍も次は自分だと疑い次々に離反します。

渋々でも、あなたの即位を認め、手元に留めるでしょう」

 

陳勝は、武臣独立に激怒するが、これを許す

 

陳勝は、武臣の独立を知ると怒り狂い、これを討伐しようとしますが、

部下に止められて、これを思いとどまり、渋々ながら認めます。

武臣は喜び、張耳は右丞相、邵騒は左丞相、陳余は上将軍へと出世しました。

 

武臣は今後に備えて趙の勢力を拡大しようとします。

その任に当たっていた将軍に元は秦に仕えていた李良(りりょう)という男がいました。

李良は敗北し、さらなる援軍を得ようと邯鄲に戻りますが、途中、

武臣の姉の行列と出くわします。

 

李良は平伏して礼をしますが、泥酔していた武臣の姉は、

相手を李良と思わず黙って通り過ぎようとしました。

 

「おのれ!王の身内だとて、我を見下すつもりか!!」

 

李良はプライドを傷つけられて激怒し、武臣の姉を殺害、そして、

罪に問われる前に邯鄲に攻め込んで武臣と左丞相の邵騒を討ち取ります。

 

張耳と陳余、間一髪脱出し、趙の王族趙歇を王とする

 

異変を知った、張耳と陳余は間一髪で邯鄲を脱出し、

趙の王族の趙歇(ちょうあつ)を探し出して趙王に立てて、信都を拠点にしました。

李良は、それを聞くと信都を攻めますが、陳余が守り撃退、

敗北した李良は、古巣の秦の章邯(しょうかん)に降伏します。

 

章邯は直ちに、王賁将軍の息子の王離(おうり)を信都に向かわせてこれを攻撃し

一方で自身は邯鄲の住民を強制的に移動させ、その城壁を破壊します。

邯鄲にさえ戻れれば数年は籠城できると考えていた張耳と陳余は、

その報告を聞いて青ざめました。

 

王離将軍相手には、小さい信都では守れないと考えた張耳は、

趙王を連れて鉅鹿で籠城し、陳余は分離して常山で兵を集めようとします。

しかし、この時に別行動を取った事が二人の運命を分けてしまいます。

 

秦の大軍に包囲された鉅鹿で、陳余は援軍に入れない・・

 

章邯は各地で勝ち続けて負け知らず、二十万という大軍で鉅鹿を包囲します。

陳余や反秦連合軍も、援軍を集めましたが、章邯と秦軍の勢いに怖じ気づき

遠くから、様子を眺めるだけでした。

 

張耳「なぜだ、どうして陳余は我が軍を救いに来ない、

刎頸の交わりは、一体、どうしたのだ!!」

 

食糧不足で苦しむ中、張耳はやってこない陳余を疑い始めます。

そこで、自分の親族と陳余の親族を呼び夜中を狙って使者に出しました。

 

「あなたと張耳は、お互いの為に首を斬られてもいいという

刎頸の交わりを結んだ仲の筈です、

どうしてその誓いを実行し張耳と共に死なないのです!」

 

二人に責められても、陳余は動かず、、

 

「今、攻め込んでも章邯に阻まれて届かない無駄死にだ!」と言います。

 

「ならば、五千の兵をお貸しください、我々で包囲をこじ開けて見せます」

 

二人は絶望し、陳余から五千の兵を借りて章邯軍に突撃し戦死します。

 

項羽が章邯を撃破するが、張耳は陳余を許さない・・

項羽 はじめての三国志002

 

そのまま鉅鹿城は陥落するかと思われましたが、ここで反秦連合軍の主力、

項羽(こうう)が登場し、三日分の食料を残して、背水の陣を敷く攻撃を開始、

僅か三万の軍で章邯軍二十万を撃破します。

 

それを見た陳余や、他の援軍も秦軍に攻撃を仕掛け、ここに、

秦軍の本隊は壊滅しました。

 

しかし、籠城から解放された張耳は、陳余を許しませんでした。

 

張耳「君には失望した、、あれほどお互いの為に命を懸けようと誓ったのに・・

君の所へ派遣した二人はどうした?都合が悪いから君が殺したのか?」

 

陳余「あの二人は、、どうしても私に無駄死にを強いた、

それでうるさいから兵五千を与えて送り返した、

多分、途中で戦死したんだろう・・」

 

張耳「嘘を言え、君が殺したのだ、、自分の命惜しさに!!

この恥知らずめ、よくもおめおめと生きていられるな!!」

 

陳余「そうかい!!そこまで疑うなら勝手にするがいい、

もう、あんたの将軍など金輪際ゴメンだ!!」

 

陳余は将軍の印綬を投げ捨てて、トイレに行ってしまいます。

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 

本当はツンデレだった陳余だが、、、

 

しかし、陳余は、まだ希望を持っていました。

張耳が、言い過ぎを謝り印綬を返したら、もう一度将軍に戻るつもりだったのです。

ところが、トイレから戻ると、投げ捨てた印綬は張耳が取り上げていました。

 

(うっうっ・・そうかよ、、もう本当に俺はいらないんだな、、

ちくしょう、、あばよ張耳!!)

 

陳余は、そのまま、数百の手勢を引き連れて、黄河の沼沢に行き、

漁師として生計を立て始めます。

 

陳余、張耳との褒美の差に激怒して叛く

項羽

 

張耳は、その後、項羽に従い、秦の都、咸陽を落とします。

秦を滅ぼした項羽は、論功行賞を行いますが、張耳の名前は項羽にも知られていたので

項羽はこれを高く評価して趙を二つに分割して趙歇は代王、張耳を常山王にしました。

一方で、陳余は、途中で抜けた事もあり、南皮郡の3つの県の侯に封じただけでした。

 

張耳と陳余の仲を知る人々は、

「二人はいずれも劣らぬ手柄を立てたのだから、どうか陳余も王にして下さい」

と項羽に進言しますが、項羽は聴きませんでした。

 

案の定、その知らせを聞いた陳余は激怒します。

 

「俺の手柄は張耳に劣りはしないのに、それを評価しないというのか!!

くそっ!これも張耳のヤツが項羽に何か吹き込んだに違いない、今に見ておれ」

 

こうして陳余は、漁師を止めて、同じく項羽の論功行賞に不満を持つ

斉の田栄(でんえい)から兵を借りて、趙を攻めて滅ぼし、張耳の一族を

皆殺しにし代王の趙歇を再び趙王にしました。

 

張耳は息子の張敖(ちょうごう)と間一髪で逃げ出し助かりますが、

ここに、二人の友情は完全に崩壊してしまうのです。

 

関連記事:【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった

関連記事:范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師

 

張耳は劉邦を頼るが、陳余は漢と同盟を結ぶ為に張耳の首を要求

劉邦

 

当初は項羽を頼ろうと考えた張耳ですが、星占い師に占いをさせると、

次の天下は劉邦の下に定まると言ったので、劉邦の元に身を寄せます。

当時、劉邦は、項羽を滅ぼす為に、各地の中立の諸侯に味方になるように

使者を送っていました、陳余が支配する趙にも漢から使者が行きますが、

そこで、陳余はこのような条件を出します。

 

「おたくにいる張耳の首を差し出せ、そうすれば加勢する」

 

劉邦は大いに弱りましたが、嘘も方便と張耳によく似た顔の罪人を処刑して

その首を張耳と偽り陳余に送って同盟を結びます。

 

関連記事:中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

 

陳余、劉邦の嘘に激怒し、再び敵対するも韓信に滅ぼされる

張良㈭ 広武山決戦編04 劉邦

 

しかし、紀元前205年、56万の劉邦軍は、たった3万の項羽の軍勢に

彭城で撃破されます、そして、悪い事に、この時、陳余は逃げ去る張耳を

目撃してしまったのです。

 

「おのれ!劉邦!!俺様を騙したのかっ!」

 

こうして陳余の趙は再び劉邦から離反してしまいます。

 

韓信 将軍

 

バラバラになってしまった、漢軍は方針を変更、戦の天才の韓信(かんしん)

遊撃隊として副官に張耳をつけて、各地の諸侯を撃破させ、

劉邦は項羽とのみ事を構えるようになります。

 

韓信軍は代、そして魏を撃破して、趙に迫り井陘の戦いで陳余が

率いる二十万の趙軍と戦い、河を背に背水の陣を敷いてこれを撃破します。

陳余は逃亡しますが、張蒼(ちょうそう)の捕虜となり泜水で処刑され、

何とか脱出した趙歇も襄国で捕虜となりこれも殺されました。

 

関連記事:【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!

関連記事:将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

 

僅か二年後、張耳も死去・・

月 f

 

韓信は、陳余亡き後の趙を安定させるべく、

張耳を趙王とするように進言、劉邦はこれを聞き入れて張耳は趙王になります。

しかし、それから二年後に張耳は死去し景王と諡号されました。

 

楚漢戦争ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

張耳と陳余は、いずれ劣らぬ才能を持ち、乱世に名を轟かせますが、

仲違いにより、お互いに殺し合いを演じる羽目になりました。

もし二人が最後まで仲違いをする事が無ければ、項羽や劉邦と並ぶ独自勢力として

趙を拡大し、楚漢戦争は、違った局面を迎えたかも知れませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?

関連記事:【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー

 



kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族
  2. 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)…
  3. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  4. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政…
  5. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?
  6. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部
  8. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?
  2. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  3. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  4. 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった!
  5. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  6. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの? 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!
  2. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  3. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】
  4. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る!
  5. お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  7. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP