曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬懿

 

晋を建国した司馬炎(しばえん)によって宣帝と諡された司馬懿(しばい)は、三国志の影の主役といってもいいでしょう。

諸葛孔明(しょかつこうめい)の好敵手として登場し、トップクラスの知略の持ち主と考えられている司馬懿。

その凄さはいったいどこにあるのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?

関連記事:司馬懿の人柄は?計算高い策士だった?


あの曹操に警戒された

不満を持つ曹操

 

司馬懿は名門の出身で、

「司馬八達」と呼ばれた八人兄弟の中でも最も秀でていたといわれています

最初、司空となった曹操(そうそう)に召し出されますが、病気を理由に辞退しました。

 

未だ袁紹(えんしょう)も健在で、河北の脅威が残っている状況でしたので、

司馬懿としては曹操の未来に不安を感じたのかもしれません。

 

しびれをきらせた曹操に仕えるようになったのは、

曹操が丞相となった208年のことになります。

 

前年に袁氏は完全に滅びていました。

曹操は仕官を断るようならば殺せと使者に命じ、強引に司馬懿を招聘しています。

曹操は7年越しで、ようやく司馬懿を家臣に加えることができたわけです

 

しかし太子の曹丕(そうひ)に対しては、

「司馬懿はいつまでも家臣でいるような男ではない」と警告しています。

司馬懿を使いこなせるのは、俺だけだぞってことですね。


あの関羽を倒す策を進言

あの関羽を倒す策を進言

 

司馬懿が注目を集めることになるのは、関羽(かんう)が北進し、

曹操の領土に侵攻してきた219年のことになります。

 

曹仁(そうじん)の守る樊城は包囲され、名将・于禁(うきん)は捕虜となり、龐徳(ほうとく)は処刑されました。

曹操は慌てて遷都(せんと)すら考えたほどだったのです。

 

司馬懿はこの時、孫権(そんけん)に関羽の背後を襲わせることを曹操に献策します。

この策は見事にはまり、関羽は孫権に敗北して処刑され、曹操は危機を回避することができたのです。

司馬懿の策がなければ、関羽は荊州北部を占拠し、許都に攻め込んでいたかもしれません。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

あの孟達を奇襲して討ち倒す

孟達を奇襲する司馬懿

 

劉備(りゅうび)亡き後、諸葛孔明が先頭に立って北伐が始まりますが、

最大のチャンスはなんといっても228年の第1次北伐です。

 

諸葛孔明は漢中から侵攻するだけでなく、新城太守である孟達(もうたつ)の内応の約束も取り付けていました。

これが成功したら、魏の防備は手薄になり、蜀は一気に魏領に攻め込めたはずでした。

 

これを阻止したのも司馬懿です。

司馬懿は一ヶ月かかる1200里の道のりをわずか八日で駆け抜け、

電光石火の攻撃で、準備の整っていない孟達を討ち果たしました。

こうして荊州への道を閉ざされた諸葛孔明は、漢中から北進する選択しかとれなくなったのです。


あの諸葛孔明の侵攻を食い止める

諸葛孔明の侵攻を食い止める司馬懿

 

さらに司馬懿は、天才軍師・諸葛孔明の侵攻を守りに徹して食い止めます。

ちなみに「三国志演義」では劉備に代わる主役・諸葛孔明に局地戦で何度も敗北していますが、

正史では持久戦を選んで勝利しています(追撃して張郃(ちょうこう)が討たれていますが)。

 

諸葛孔明と対峙した際も、反乱を起こした公孫淵(こうそんえん)に対しても、

大将軍となった曹爽(そうそう)との政争時も、常に辛抱強くチャンスが訪れるのを待っています。

 

女性の衣服を送られて挑発される時もありました。

警戒を解くために、ボケた老人を演じきったこともありました。

「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥」の我慢強さこそが、司馬懿の真骨頂ではないでしょうか。


  

 

三国志ライターろひもとの独り言

三国志ライターろひもとの独り言

 

孟達を奇襲した際の司馬懿の行軍は、まさに「豊臣秀吉(とよとみひでよし)」の「中国大返し」。

公孫淵を倒した後の虐殺行為は、まさに「織田信長(おだのぶなが)」の「比叡山焼き討ち」。

そしてひたすら辛抱強くチャンスを待つ姿勢は、「徳川家康(とくがわいえやす)」に通じます。

 

なんと、司馬懿は、日本の戦国時代の三英雄の要素を兼ね備えているわけです。

それは凄い!それはさすがに曹操も警戒する!諸葛孔明が勝てなくても仕方ない!

 

でもなぜか、司馬懿って人気があまりないんですよね。

凄さが伝わっていないからなのか、あまりにも凄すぎるからなのか……

これだけ凄いのに、人気がないってことも凄いのではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!

関連記事:高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった

 

北伐の真実に迫る

北伐  


 

関連記事

  1. 韓信vs孔明
  2. 蜀の劉備
  3. 赤壁の戦い 曹操

    デザイン担当:よりぶりん

    曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」

    208年11月、赤壁(せきへき)の戦いで孫権(そんけん…

  4. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  5. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  6. 魏延

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP