魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?

司馬懿



司馬懿

 

晋を建国した司馬炎(しばえん)によって宣帝と諡された司馬懿(しばい)は、三国志の影の主役といってもいいでしょう。

諸葛孔明(しょかつこうめい)の好敵手として登場し、トップクラスの知略の持ち主と考えられている司馬懿

その凄さはいったいどこにあるのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?

関連記事:司馬懿の人柄は?計算高い策士だった?

 

 

あの曹操に警戒された

不満を持つ曹操

 

司馬懿は名門の出身で、

「司馬八達」と呼ばれた八人兄弟の中でも最も秀でていたといわれています

最初、司空となった曹操(そうそう)に召し出されますが、病気を理由に辞退しました。

 

未だ袁紹(えんしょう)も健在で、河北の脅威が残っている状況でしたので、

司馬懿としては曹操の未来に不安を感じたのかもしれません。

 

しびれをきらせた曹操に仕えるようになったのは、

曹操が丞相となった208年のことになります。

 

前年に袁氏は完全に滅びていました。

曹操は仕官を断るようならば殺せと使者に命じ、強引に司馬懿を招聘しています。

曹操は7年越しで、ようやく司馬懿を家臣に加えることができたわけです

 

しかし太子の曹丕(そうひ)に対しては、

「司馬懿はいつまでも家臣でいるような男ではない」と警告しています。

司馬懿を使いこなせるのは、俺だけだぞってことですね。

 

 

あの関羽を倒す策を進言

あの関羽を倒す策を進言

 

司馬懿が注目を集めることになるのは、関羽(かんう)が北進し、

曹操の領土に侵攻してきた219年のことになります。

 

曹仁(そうじん)の守る樊城は包囲され、名将・于禁(うきん)は捕虜となり、龐徳(ほうとく)は処刑されました。

曹操は慌てて遷都(せんと)すら考えたほどだったのです。

 

司馬懿はこの時、孫権(そんけん)関羽の背後を襲わせることを曹操に献策します。

この策は見事にはまり、関羽は孫権に敗北して処刑され、曹操は危機を回避することができたのです。

司馬懿の策がなければ、関羽は荊州北部を占拠し、許都に攻め込んでいたかもしれません。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

あの孟達を奇襲して討ち倒す

孟達を奇襲する司馬懿

 

劉備(りゅうび)亡き後、諸葛孔明が先頭に立って北伐が始まりますが、

最大のチャンスはなんといっても228年の第1次北伐です。

 

諸葛孔明は漢中から侵攻するだけでなく、新城太守である孟達(もうたつ)の内応の約束も取り付けていました。

これが成功したら、魏の防備は手薄になり、蜀は一気に魏領に攻め込めたはずでした。

 

これを阻止したのも司馬懿です。

司馬懿は一ヶ月かかる1200里の道のりをわずか八日で駆け抜け、

電光石火の攻撃で、準備の整っていない孟達を討ち果たしました。

こうして荊州への道を閉ざされた諸葛孔明は、漢中から北進する選択しかとれなくなったのです。

 

あの諸葛孔明の侵攻を食い止める

諸葛孔明の侵攻を食い止める司馬懿

 

さらに司馬懿は、天才軍師・諸葛孔明の侵攻を守りに徹して食い止めます。

ちなみに「三国志演義」では劉備に代わる主役・諸葛孔明に局地戦で何度も敗北していますが、

正史では持久戦を選んで勝利しています(追撃して張郃(ちょうこう)が討たれていますが)。

 

諸葛孔明と対峙した際も、反乱を起こした公孫淵(こうそんえん)に対しても、

大将軍となった曹爽(そうそう)との政争時も、常に辛抱強くチャンスが訪れるのを待っています。

 

女性の衣服を送られて挑発される時もありました。

警戒を解くために、ボケた老人を演じきったこともありました。

「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥」の我慢強さこそが、司馬懿の真骨頂ではないでしょうか。

 

三国志ライターろひもとの独り言

三国志ライターろひもとの独り言

 

孟達を奇襲した際の司馬懿の行軍は、まさに「豊臣秀吉(とよとみひでよし)」の「中国大返し」。

公孫淵を倒した後の虐殺行為は、まさに「織田信長(おだのぶなが)」の「比叡山焼き討ち」。

そしてひたすら辛抱強くチャンスを待つ姿勢は、「徳川家康(とくがわいえやす)」に通じます。

 

なんと、司馬懿は、日本の戦国時代の三英雄の要素を兼ね備えているわけです。

それは凄い!それはさすがに曹操も警戒する!諸葛孔明が勝てなくても仕方ない!

 

でもなぜか、司馬懿って人気があまりないんですよね。

凄さが伝わっていないからなのか、あまりにも凄すぎるからなのか……

これだけ凄いのに、人気がないってことも凄いのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!

関連記事:高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった

 

北伐の真実に迫る

北伐  

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?
  2. 貂蝉 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  3. 鄧禹と兵士 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  4. 苦肉の策(笑) 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?
  5. 陸遜 周泰は陸遜と一緒に戦った事ってあるの?孫呉の英雄の共闘を調べてみ…
  6. 劉備を警戒する陳羣 若い時の陳羣は何をしていたの?劉備・呂布に仕えていた若き頃の陳羣…
  7. 劉備の黒歴史 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…
  8. 疫病が流行った村 呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 今川義元
  2. 法正と劉備
  3. 幕末 洋式軍隊の行進
  4. 周瑜と孫策
  5. 周瑜と孫策
  6. 解煩督 呉
  7. 藺相如(りんしょうじょ)
  8. 後悔する孫権
  9. おとぼけ

おすすめ記事

  1. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問 はじめての三国志 画像準備中
  2. 徐庶ってもしかしたらヤンデレだった!三国志演義でのヤンデレぶりを紹介 徐庶
  3. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  4. 『三国志』をもっと面白く読むためには他の時代も勉強すべき!
  5. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人? 信陵君
  6. 韓綜ってどんな人?孫権がブチギレた韓当の放蕩息子の生涯 韓綜

三國志雑学

  1. 龐統
  2. 徐晃と許チョ
  3. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 茶を楽しむ劉備
  2. 曹操
  3. 孫策、陸遜、顧邵、他
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  6. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  7. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

おすすめ記事

三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い! 沙摩柯 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる 【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの? 生姜を買ってくる左慈と曹操 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命 毛沢東(もうたくとう) 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説話 朝まで三国志 劉備 【三顧の礼】演義の劉備は誰でも口説くあわてんぼう! 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い 【11月の見どころ】11/11〜15日まで「春秋左氏伝の世界」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP